真・の・ブログ

日常的な事、ちょっと考えさせられるような事、まじめな事、不真面目な事、料理の事自転車の事等々等々、音楽の事以外の事を徒然と書き綴っていくつもりです。 が、どうなるかはわかりません。

アカペラ、和音、キッドナップ

祖母の家の三階に和音と妹といた。
向かいのアパートの二階から身を乗り出しながら、柄の悪そうな色んな国籍の男達がアカペラを歌っている。それはよいけれども、明らかに我々の存在に対して挑発的にアカペラを歌っている。
歌っているというよりは、むしろ騒音をたててこちらの感情を害させようとているようだ。
祖母の家の二階の窓の影から、彼らを間近に観察してみる。明らかに柄の悪いう風貌で、鍋等を叩きながら、やかましくアカペラを歌う。
警察を呼ぶことにした。祖母の家の隣は警察署。警官を呼びにいく事に。
家の鍵をかけさせ、僕1人で行った。
警官を連れて行こうとしたら、何故か妹が和音を連れて警察に。
警察は本署に連れて行って我々を保護するという。僕は和音の手をひいて本署へ向かう。
向かう道は人ごみが多い。警官と我々の距離は離れていく。必死でついていこうとする。
そのとき、僕のダッフルコートの帽子が何者かによりかぶせられた。とても深くかぶせられたので、声を出してもダッフルコートの生地により吸収されてしまう程。
身の危険を感じ、和音を両手で抱きしめるが、ダッフルコートの窓から見えた顔は、例の柄の悪そうなアカペラの男達。彼らにがっしりと周りを固められているため、身動きも取れない。
それに、声を出そうにも誰にも届かないし周りの喧噪で警官に届くことはあり得なそう。
そう、アカペラの男達は、キッドナップビジネスの奴らで、元々和音を狙っていたのだ。
僕は脇腹を刺され、和音を拉致された所で目が覚めた。
  1. 2012/01/08(日) 11:36:14|
  2. 夢日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

友人からの少し切ない手紙

一枚の手紙が送られてきた。くりろーさんという女性からの手紙。
手紙を開封するとそこには妻と和音の写真が。
真夏の昼下がり、少し太陽が陰り始めたバス停で、帰りのバスを待つ妻が、訪ねていった先のくりろーにお辞儀をしている写真。和音はその横で昆虫網をもってはしゃいでいる。撮影者はくりろーのようだ。
手紙にはこう書かれていました。
今夏、絢ちゃんが遊びにきてくれました。絢ちゃんはスカートなんかはいちゃったりしてすっかり女の人らしくなっていましたよ。
その手紙を僕は旅の最中の駅の待合室で受け取った。汽車を待つ数十分の待ち時間にコーヒーを飲みながら読んだ。
写真を見返す。
妻は相変わらず美しく、和音はすっかり大きくなっていた。
写真からは健やかに育っている和音の姿を見て取れる。
くりろーは日田に住む僕の古くからの友人。昔、まだ妻とともに生活しているときに彼女の所に和音を連れて遊びにいったことはあった。
そのくりろーを訪ねてこの夏休み、妻は和音を連れ日田に遊びにいったんだね。
少し切ない。
そういう夢を見た。
くりろーは実在の人物。日田ではなく、仙台の友人。
妻とも和音とも面識無し。
写真の印象があまりにも明確だった。現実の妻とおそらくは今の和音よりも少し大きめの和音の写真。
最近、睡眠がうまく取れない。
昨日もほとんど寝ていない。
久しぶりの夢日記。
  1. 2011/10/22(土) 07:25:39|
  2. 夢日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

夢の常宿

JRのある駅を降り、そこからバスで45分程揺られたところにある温泉街、K温泉。谷底に源泉があり、僕の常宿のホテルはその鄙びた温泉の中でも最も立派なホテル。本館と新館があり、本館の二階が新館の一階になる造り。
本館の大部屋、雑魚寝部屋に泊まる事もよくあるし、新館の上の方のスイートルームに泊まることもよくある。新館の最上階にはプールもある。
僕は常連なので、追われたときは、ホテルのバック(従業員室や調理場等の裏のスペース)を巧みに使って敵から逃げる。
又新館と本館の二本あるエレベーターを巧みに使う事も重要だ。
敵はこのホテルの複雑なエレベーターの構造を知らない。
故に未だ捕まったことはない。
今日は伊賀の忍者に追われた。現代風の忍者だ。というより、スパイだ。さすがに敵は忍者。危うく捕まる所だったが、何とか逃げおおせた。
いつも夢に出てくるこのホテルは、栃木県ぐらいの場所にあるはずだが、架空の場所。必ずこのホテルでは誰かに追われる。
  1. 2011/07/05(火) 14:26:42|
  2. 夢日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

人類は悲劇から発展していく

古来より人間の平和的なコミュニティーを乱す自然災害や災厄、例えばポリネシアの漁師たちは、平和に漁をしているのだが、時としてサメの襲来に襲われる。
サメの歯は容赦なく漁師に襲いかかる。
それは悲劇を生む。
しかしそれは、サメの歯と歯が物を切り裂く構造を応用し、はさみという人類にとって便利な道具の発明へと繋がっていった。
思えば、全ての道具というものは、人類に対する災害や災厄、悲劇から産み落とされているように思う。
そもそも人類が火を手にした時、その火は落雷による悲劇から生まれている。
火は様々なものを生み出した。
電気、それも火から生まれている。
人類が手にした最も危険な火、それは原子力。
人類の得た利便性は全て悲劇の裏付けから成り立っている。
1945年、広島長崎での悲劇が、原子力発電を生んだ。
そして現在・・・・。

というようなことを夢の中で考えていた。
つじつまが会ってそうで今ひとつ合ってないところがポイント。
  1. 2011/06/21(火) 14:38:31|
  2. 夢日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

娼婦

少し太めだが気だての良い娼婦を呼んだ。やけに親しげなのだがそれが最初はうっとうしい。
ふすまだけで仕切られた旅館の大部屋、自分の部屋にも他に布団が二組敷いてある。一旦外に出る。家族との食事会を終え、知り合いだと思って声をかけたサックスの人は実は知らない人だったが、向こうは知っていてあのときはどうだったこうだったと話かけてくる。うんうんと相づちを打ちながら誰だったか考えるも思いつかず。
部屋に戻って事を構えようとするが、その娼婦のことが前よりは可愛く見えた。
部屋の入り口には、浅黒い黒人が娼婦と色々やってる。
気になるが気にせずこちらも色々やり始めるところで目が覚めた。
夢の中でことを終了したことは今まで一度もない。
  1. 2011/06/20(月) 22:06:28|
  2. 夢日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

タイヤが外れかけた

クマコと山田君を乗せてツアーに行っていた。
深夜になったのだが、タイヤの調子がおかしい。
見てみると、後輪の右のタイヤのボルトが二つ取れていて、更に一つはずれかけていた。
急遽ガソリンスタンドに行ったのだが、修理工場が閉まっている。
となりのガソリンスタンドにお願いしてみてもらった。
その間、最初に行ったガソリンスタンドのレストランで食事。
しばらくするととなりのガソリンスタンドの背の高いお兄さんが修理で来ましたよ、と請求書を持って来た。
120万か130万だった。
爪楊枝をくわえながら、となりのガソリンスタンドへ向かう。
何となくそんなものかなと思いつつ、ちょっとおかしいぞ、と思い、何故それほど高いのか聞いてみた。
よくわからないが、何かが高くて5万ぐらい、何やらが3万とか言ってて、車検を通すのに60万かかったといった。
そういうことは、相談してからやってくれとちょっと怒りながら言うと、いや、もうやってしまいましたから、との答え。
レガシー(だったかな)が、30万であったので、それに買い替える手もあったのだけど、とか言ってくるので、それはないだろう!!と語気を荒げる。


つう夢を見た。
ガソリンスタンドは豊中のガソリンスタンド(架空)。
くまこはくまこだが、山田は山田ではない山田だった。
レストランは王将っぽい王将でない感じ。
車は僕のぼろ車だった。
タイヤトラブルは、コミュニケーションの成り立たないことを表すらしい。
  1. 2011/06/16(木) 12:30:44|
  2. 夢日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

no title

友達のダンサーに招待してもらった。
会場につくとすでにファンの女の子がたくさん並んでいる。

僕は近所の公園で読書しながら待つ
開場。一斉にみんなが動き出し会場入り。
三列になり整然と入場。
会場にはフィギュアのリンクのみならず体操マットやら体操選手のウォームアップする姿が。
座席には監督招待やらチームどこそここと貼り紙がある。
一般席には青森0145などと県名と数字がかいてある
座席指定か聞いてみたらそうだとの答え
受付で確認したらぼくのチケットにも大阪何々と数字が
ああ、ここにすわったらよいのか
で目覚ましが
目覚め最悪
もっと先を見たかった
  1. 2011/02/17(木) 12:03:34|
  2. 夢日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

登山道、いぬ、川、対岸、ヒグマ、携帯電話ムーバ、くまに食われてる、登山道入り口はトイレ、シンガーからメール、

登山道、いぬ、川、対岸、ヒグマ、携帯電話ムーバ、くまに食われてる、登山道入り口はトイレ、シンガーからメール、俺のなで意味不明なストーカーメールの苦情メール、心当たり無し。、携帯とりにいきたいがイヌのしたいのそば、探検隊再編、トイレから。

登山道を歩いていた。全く知らない山。川があった。小さな犬を連れて徒渉しようとしていた。
川は結構な流れ。
徒渉した先になんとヒグマが!!よせば良いのに連れていた犬が吠えかかる。
ヒグマが犬に気を取られているあいだに川を渡りかえした。
そこで信じられない光景を目にする。
なんと子犬はヒグマに捕まって、山の上の方の登山道までくわえてもっていかれ、そこでかみ殺された。
子犬は、いたいいたいいたいいたいいたい!!!めっちゃいたいわ~こんな痛いと思わへんかった、と感想を述べながら絶命。僕は再び川を渡り、登山道を引き返した。登山道を登りかえす途中で前から5匹程のヒグマが現れたが、知らん顔をして通り過ぎた。
背後では子犬を食らうヒグマの恐ろしい姿を目の当たりにするので、正直それどころではなかった。
帰宅すると一通のメールが。関西時代に少し関係のあったシンガーから。いい加減ストーカーメールを出すのはやめてください、とのメール。
心当たりないので、電話してみた。
向こうは僕が出していないことは想定済みで、しかし僕のメールアドレスからなぜかメールが出されていることを問題視していた。
パソコンのメールならパスワードさえしれれば第三者が送信することは可能だが、携帯メールでそれをするのはどうしたら良いのだ??
謎は謎を呼ぶ。調べようにも携帯電話がない。携帯は、子犬がもっていた。
古いムーバ。あれを取り戻す以外に方法はない。
しかしさすがにかわいがっていた子犬の死体の横の携帯電話をとりにいく勇気はない。
再び探検隊を再編。隊員は普通に登山道から、僕は登山度横のトイレからの入山。
どうなることやら。
つうところで夢から覚めた。
夢の中で、この夢の記録をとる夢も見た。記録とった、安心して寝よう、あ、これも夢や、というやり取りを複数回してようやく取った記録が以上。
  1. 2011/02/09(水) 10:43:14|
  2. 夢日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

立ちのりスクーター

立ちのりスクーターに乗ってライブにきた客がいた。あたらしいお客さん。珍しいから帰り乗せてもらった。ブラジル製。
ブラジルにエンジン製造出来るんか?と一瞬思った。
家の近くまで持ち主と来て、別れた。バイクを返却すればよかったのに返却せず家に持って帰った。
持ち主は電車で帰った。意味分からない。
バイクは飛行機の操縦桿のような持ち手で、左に曲がるときは左前に倒さなければならない。
これが裏目に。
翌日そのバイクを知り合いの女子大生に貸したところ、車と衝突事故を起こした。
車は結構壊れたよう。体には別状ない。
女子大生が左折しようと左前に操縦桿を倒したらその操縦桿に車が引っかかった模様。しかしその事故現場でなぜ操縦桿を倒す必要があったかは甚だ疑問。
相手の車は古いワーゲンビートルのオレンジ色。
修理工場で工員が、昔のビートルは頑丈ですからね、なんて話しつつ修理、
修理は終わり、工賃は3万少し。
持ち主と折半した。

明日は弟の結婚式。
前祝いに親族で食事。死んだじいちゃんばあちゃんまで勢揃い。
明日呑みたいから弟に車運転してもらう交渉したらしぶしぶOK。


つう夢だった。
  1. 2011/01/30(日) 15:53:42|
  2. 夢日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

登攀炒飯

昨日はぼくがありあわせの材料でパスタを作った。
今日はのりひでさんが炒飯を作ってくれる。
今日から登攀。山小屋、とはいえぼくの実家そのもの。何故かのりひでさんはでかい広東鍋を持ってきている。
炒飯の具材はミンチ、納豆、ジャガイモ、かぼちゃ。
鍋のなかで真っ黒になるまで炒めている。
見るからにまずそう。
しかし登攀があるので食べとかないと。
子供達も登攀を見守っているし。
子たちは面白いことをいってた。1万年後には人間も進化して鳥みたいに簡単に山登りできて山に巣を作ることができるようになるって。
そうなれば難しい登攀具つかわなくても一瞬で登れるものね。

のりひでさんが炒飯をよそってくれた。
鍋でみるよりふわふわしてうまそう。いただきます。
う、うまい!!
納豆はふわふわで、かぼちゃとジャガイモは完全とけて米にまとわりつき、絶妙の甘味を醸し出している。
絶品!!
さすがノリピー。しかし量がたりない。
ぼく以外くまこや女の子だけとはいえすこし少なすぎる。
しかし厚かましくお代わりをした。
ところで目覚めた。
アタマイタイ。高山病やな、きっと。
  1. 2011/01/29(土) 13:02:06|
  2. 夢日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

no title

「お、なかなかいい球投げるな」ぼくは和音に言った。
和音は喜んでいた。
「今度はここに投げろ」
僕は座ってグローブを構えた。
ピタリグローブに球が吸い込まれる。
「もいっちょ!!」
また球は構えたところへピタリ。
もしかしたら才能があるかも。
野球経験などない僕は、この調子なら和音の球を受けられなくなる日はそう遠くないなあと思いながら球を受け続けた。
妻は笑顔で見守っている。
「もうちょっと近くから投げていい?」
和音はそういった。
「ダメだよ。ちゃんとマウンドから投げなきゃ」
ただの遊びなので別によいのだが、もう少し近かったら和音の球が受けられないかもしれないから僕はそう言った。
我が子の前でまだそんな情けない姿は見せられない。
城島が何故か広島のユニフォームを着て現れる。
ふざけてぼくのグローブ目掛け投げてくる。
冗談じゃない!!プロの球が受けられるわけない。
僕は立ち上がり逃げ出した。
ジョーの投げた球はゆるやかに弧を描き地面へ落ちた。
「ジョー!!焦るやろ!!」
城島はニヤニヤしながらおどけていた。大体昔から冗談の過ぎる男なのだ。
気づいたら周りにはプロの選手がいっぱいいて和音を構ってくれている。
和音は音楽家ではなく、野球選手になるんだね。
和球という名前にすればよかった。

今日の夢。
  1. 2011/01/28(金) 15:56:26|
  2. 夢日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

財津一郎というトロンボーン奏者の話

楽屋のはなし。
「財津一郎っていうの。
あたしはね、自分のバンドはこのバンドと決めたら変えないの。」
タバコをふかしながらその女優さんはいった。
「ほら、こんなにかっこよかったんだから」
たくさんの財津一郎グループの過去のフライヤを見せてもらった。
何故かフライヤは枕のカバーのなかに透明なファイルととまょに入れられていた。どうりで枕はごわごわして寝にくいはずだ。
財津一郎はトロンボーン。財津一郎グループはセクステットくらいの編成。いかにもレトロな風情のフライヤ。その女優さんが歌うときのバックもつとめていた。というよりそれが主な仕事だったのだろう。
演奏のカセットを聞かせてもらった。
まあちゃんとした技術の持ち主。昔のひとは技術がいまいちな場合も多い。
中でも財津一郎のトロンボーンは秀逸に感じた。
「かっこいいっすね、関西に宗清さんてトロンボーン奏者いるんすけどベテランで、なんか通ずるもの感じます」
ぼくはいった。
「いつ亡くなったんすか?」
「もう10年になるわよ」
すこし寂しそうにその女優さんは答えた。
その女優さんは財津一郎の内縁で、財津さんが死ぬまでずっと音楽及び内縁関係を貫き通したのだ。
「○子なんかはね、男変えるたびバンドを変えてたのよ。あたしは財津一筋。彼が亡くなってからはバンドは決めてないけどね」
ぼくはその女優のバンドにトラのような形で参加していた。
「おう、俺もう先いくわ」
ベーシストの中島のりひではそういった。
「もういかはるんすか?打ち上げあるんすよ」
僕はそういった。
「せやねんけど明日は山形の八女に行かなあかんねん。んで先方がこの大雪を心配して八女付近まで迎えに出てくれてるらしい」
八女に安全に向かうなら遠回りだか福井を経由するほうがよいのは僕にもわかった。
「ほなしゃーないですね」
ていうところで目が覚めた。
財津はあの財津一郎ではなく、しかしバンドマンから俳優になった人。女優は往年の女優で、少しやせた感じ。
中島のりひでは関西の実在のベーシスト。
八女は九州の地名だが、夢のなかでは山形の海側の地域のようだった。
そこに行くのに福井経由するのはあまりに馬鹿げた遠回りだが、至極当然に感じた。

わけのわからなあ面白い夢やったのに書いたらしょうむないなあ

わけのわからない夢をみた。
  1. 2011/01/27(木) 09:36:03|
  2. 夢日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
前のページ