真・の・ブログ

日常的な事、ちょっと考えさせられるような事、まじめな事、不真面目な事、料理の事自転車の事等々等々、音楽の事以外の事を徒然と書き綴っていくつもりです。 が、どうなるかはわかりません。

ソロツアー中締めです。みんなありがとう!!!

ツアーいったん中締めです。
6日にいわき入り。千尋の家に泊めてもらう。平に飲みにいく。シャンティーにいこうとしたら閉まっていた。残念。
アリオス入りは3時だっけ?スタインウェイのD。ソロでD弾くのは久しぶりだなあ。
シフトとサスティンのペダルが今ひとつ。シフトは掛かりを最大に、となりの弦に触る寸前まで聞かせるのが僕流。
サスティンは髪の毛一枚だけ遊びを作るのが僕流。そうするとハーフペダルがふみやすくなる。
ピアノは、勿論最高のスタインウェイだが、新しすぎて色んな音が出せない。
エロティックブルーのD/F♯とE♭/Gの音色の違いを、出したいと思っているのだけど、出せなかった。
終演後シャンティーへ。マスターは元気そうだった。会えて嬉しかった。
今回の露玉もゆらでは、エロティックブルーからコンサートは始まります。
翌日、いわきの常磐ハワイアンセンターにいく。震災で壊れていたので仮設ステージにて。
お風呂は広~い露天風呂。湯煙が月明かりにてらされてとても神秘的だった。昼間来ると汚いらしいけど。おじいちゃんのおむつが置き忘れてあったりとか、笑えないこともあるそうです。
ショーはとても楽しかった。美しい女性を見るのは好きです。
千尋の家で、フランス人との飲み会で覚えた「バケットとチーズ」を肴にワインで乾杯した。
千尋、色々ありがとう。今度はビスマコおいでな!!
一日時間が空いたので、仙台の次郎の家に泊めてもらうことに。
次郎仕事のため、八巻を呼び出し仙台で飲み。次郎の仕事終了を待つ。
仕事が終わった次郎と紀子と合流する。紀子のテンションにはなかなか勝てない。
翌日、山形へ。virgoFMに出演する。終わってから井上尚子さんとお食事。
海谷家へ。久しぶりにふみちゃんらと会う。さくちゃんが大人になっていた。
ノイジーダックはお客さんが全然はいらなかった。さっぱり。仕方がないので、聞きにきてくれた井上尚子さんに対して演奏するような感じ。
まあそれはそれで楽しかったが。
秋田へ。開演が7時だと思い込んでいたので、3時に出た。なんと6時半。ちょっと飛ばした。
ついたらお客さんがはいっていて、飛び込みで白ワインを一杯飲んで運転の緊張を緩和し演奏開始。
終わってからも楽しいひとときを過ごす。やはり純平さん所はいいねえ。
次の日はアルヴェでの演奏。お花の展示会での演奏。ぶっちぎりで演奏しなくては音が届かない感じで、思いきり弾いた。普段の十倍の音量。
終わってからJ's cafeでジャズワークショップ。楽しくお勉強。晩はリーダーが出演しているロックバーに飲みに行き、秋田のブルースマン達とセッション。
マスターとも仲良くなる。その店はなんと、綾戸ツアーの盟友ミチアキーノさんがなじみの店だったそう。
翌年がお店の20周年かなんかで、いくらで出演してもらえますか?と尋ねられた。いくらでも、と答えた。お金の話を(あんまり)しないのが僕流。

DSC_0410.jpg


翌日は貝の沢温泉へ。アルカリ泉のぬるっとした苦手な湯だった。帰ってきたら中村真を囲む会。いっぱい人が来て、きりたんぽ鍋を食べながらさごはち漬けのはたはたを食いまくる。
11月はハタハタのシーズンだと思い込んでいたが、12月からだそう。
いっぱい演奏もして楽しく過ごす。何故かただ働きが多いのも秋田の夜の特徴。
翌日はアトリオンの音楽室でのミニコンサート。男鹿温泉に行ってから開場入りしたが、絶対に準備時間が不足していた。
座席を僕自らが並べて会場作り。
ピアノはC5。400万番台。ハンマーが硬化していてしかもダンパーと弦の間がとても広く、コントロールが難しいピアノだった。
しかも、大屋根を外したからか、ノイズが。気になりました。
聞きにきてくれたピアノバーのママが、幾らでも飲んでいいからお店にいらして、といわれたので遠慮なくお伺いし、飲みまくった。
ピアノは勿論弾かされるのだが。ただ働きが多いのも秋田の夜の特徴。
翌日は横手。モンクという名のジャズバーだったのだが、その名から行く前に想像していた、古めかしいジャズ喫茶のイメージとはかけ離れた、こじゃれた雰囲気。
終演後セッションに。
翌日は仙台へ移動日。移動前に純平さんの店によると、セレブな女性が二人程。仙台の人らしい。純平さんにせがまれて一曲演奏する。
何故かただ働きが多いのも秋田の特徴。
仙台までした道で行く。それでも早くつきすぎるので、八巻を下馬まで呼び出して飲みながら次郎の帰宅を待つ。
僕の旅装束はあたまにはちまきとジャージと決まっているのだが、故にはちまきをよくプレゼントされる。
八巻に以前貰ったはちまきを巻いていったら喜んでくれた。
千尋に貰ったはちまきを巻いていったつもりが、それは千尋がくれたものではなく、しかも前にいわきに行ったときもその間違えたはちまきを巻いていったそう・・・。どうにも鈍いね、僕は。
朝起きると喉が痛い!!ヤバい!!医者に行く。血を抜かれた。
ジャズワークショップ。
色んな地方で色んなレベルのミュージシャン相手にやっているが、東京を除くと最も効果が上がっているのは仙台のワークショップだと思う。
終了後焼き肉を食べにいく。気仙沼の斉藤くん達と。それにしても斉藤に会いすぎの一年間だったなあ・・・。
結構早く食事は終わり、そうするとあれを見に行きたくなるのが人のこころというもの。
そう!!生まれたての名雪の赤ちゃんを見に行くことに。
かわいい~、超小さい!!可愛い!!ずっとだっこさせてもらい、久しぶりにミルクとかあげてみたりした。

DSC_0424.jpg


翌日はジャズミーブルースノラでのライブ。C7の600万番台。新しいしいい音する。がんがんクラシックの曲を練習していたら、次郎が焦ったらしい。ピアノの横でアンプをどんなにボリューム上げてもピアノの音に消されて自分の音が聞こえなかったらしい。
んなわけないやろ、調節するがなわしも一応はプロやねんから。
一部ソロやり、二部は次郎とDUO。次郎は、DUOで演奏するのは初めてだったが、思いっきりB型やなあ、という感じの音楽だった。
楽しく、静かな音楽を作っていった。
終演後、聞きにきてくれていたizaura達と飲みにいく。行った先はワークショップの場所でもあったad lib。
いつもワークショップとかセッションとかでしか行ったことがないのだが、とても素敵なバーであることが判明。
izauraさんと初めて話したが、次郎とファンクラブを結成することにした。名雪祥代ファンクラブは会長が次郎なので、今度は会長は僕がすることにした。
来年の仙台はizauraをゲストに入れてソロをやります。
翌日、Co.山田うんが大河原にいるという情報を耳にし、次郎と八巻を誘って見に行くことに。
車がガス欠しており、その段取りが悪かったこともありわずかに開演に遅れた。
ワークショップ作品と、Co.山田うんの公演の二部構成。舞台は楽しかった。特にワークショップ作品の楽しそうにみんなで踊っている様に僕は楽しい気持ちにさせられた。
終演後、とんぼ返りで東京に戻り、打ち合わせの予定。挨拶もせずに会場を後にしようとしたら、メールで打ち合わせは中止と。
引き返し、少し挨拶をして帰った。
今現在羽田空港でおパソをぱちぱちやっております。
千尋、八巻さん、ふみちゃん、海谷さん、井上尚子さん、ノイジーマスター、純平さん、ふみさん、野垣内有希ちゃん、リーダー、次郎、アドリブマスター、ジャズミーマスター、その他にも本当にたくさんの人に支えられて楽しいツアーになりました。
ありがとうみんな。いつもいつもありがとう。

DSC_0413.jpg


さて、明日はついに露玉もゆら。楽しみです。




関連記事
スポンサーサイト
  1. 2011/11/21(月) 16:42:51|
  2. 徒然と
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<離婚しました。 | ホーム | 我が人生の新しき道を行こう>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://makoppo081.blog52.fc2.com/tb.php/999-6e89e577
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)