真・の・ブログ

日常的な事、ちょっと考えさせられるような事、まじめな事、不真面目な事、料理の事自転車の事等々等々、音楽の事以外の事を徒然と書き綴っていくつもりです。 が、どうなるかはわかりません。

友人からの少し切ない手紙

一枚の手紙が送られてきた。くりろーさんという女性からの手紙。
手紙を開封するとそこには妻と和音の写真が。
真夏の昼下がり、少し太陽が陰り始めたバス停で、帰りのバスを待つ妻が、訪ねていった先のくりろーにお辞儀をしている写真。和音はその横で昆虫網をもってはしゃいでいる。撮影者はくりろーのようだ。
手紙にはこう書かれていました。
今夏、絢ちゃんが遊びにきてくれました。絢ちゃんはスカートなんかはいちゃったりしてすっかり女の人らしくなっていましたよ。
その手紙を僕は旅の最中の駅の待合室で受け取った。汽車を待つ数十分の待ち時間にコーヒーを飲みながら読んだ。
写真を見返す。
妻は相変わらず美しく、和音はすっかり大きくなっていた。
写真からは健やかに育っている和音の姿を見て取れる。
くりろーは日田に住む僕の古くからの友人。昔、まだ妻とともに生活しているときに彼女の所に和音を連れて遊びにいったことはあった。
そのくりろーを訪ねてこの夏休み、妻は和音を連れ日田に遊びにいったんだね。
少し切ない。
そういう夢を見た。
くりろーは実在の人物。日田ではなく、仙台の友人。
妻とも和音とも面識無し。
写真の印象があまりにも明確だった。現実の妻とおそらくは今の和音よりも少し大きめの和音の写真。
最近、睡眠がうまく取れない。
昨日もほとんど寝ていない。
久しぶりの夢日記。
関連記事
スポンサーサイト
  1. 2011/10/22(土) 07:25:39|
  2. 夢日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<スペースにはたづみに胡蝶蘭がとどいた。 | ホーム | スペースにはたづみ3>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://makoppo081.blog52.fc2.com/tb.php/982-6ea72a4b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)