真・の・ブログ

日常的な事、ちょっと考えさせられるような事、まじめな事、不真面目な事、料理の事自転車の事等々等々、音楽の事以外の事を徒然と書き綴っていくつもりです。 が、どうなるかはわかりません。

人類は悲劇から発展していく

古来より人間の平和的なコミュニティーを乱す自然災害や災厄、例えばポリネシアの漁師たちは、平和に漁をしているのだが、時としてサメの襲来に襲われる。
サメの歯は容赦なく漁師に襲いかかる。
それは悲劇を生む。
しかしそれは、サメの歯と歯が物を切り裂く構造を応用し、はさみという人類にとって便利な道具の発明へと繋がっていった。
思えば、全ての道具というものは、人類に対する災害や災厄、悲劇から産み落とされているように思う。
そもそも人類が火を手にした時、その火は落雷による悲劇から生まれている。
火は様々なものを生み出した。
電気、それも火から生まれている。
人類が手にした最も危険な火、それは原子力。
人類の得た利便性は全て悲劇の裏付けから成り立っている。
1945年、広島長崎での悲劇が、原子力発電を生んだ。
そして現在・・・・。

というようなことを夢の中で考えていた。
つじつまが会ってそうで今ひとつ合ってないところがポイント。
関連記事
スポンサーサイト
  1. 2011/06/21(火) 14:38:31|
  2. 夢日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<アイスティーのススメ | ホーム | 娼婦>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://makoppo081.blog52.fc2.com/tb.php/925-7fa72f0d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)