真・の・ブログ

日常的な事、ちょっと考えさせられるような事、まじめな事、不真面目な事、料理の事自転車の事等々等々、音楽の事以外の事を徒然と書き綴っていくつもりです。 が、どうなるかはわかりません。

妖怪シキイマタギ

皆様は妖怪シキイマタギという妖怪をご存知でしょうか?

今年の冬の短期中津江合宿での出来事です。合宿を終えるとその次の日からソロピアノのツアーにでる予定でした。
初日は日田の諫山家でのホームコンサートでした。
事前にピアノを見ておきたかった僕は、しかし中津江に来てくれているみんなのためにも、中津江を単独で離れるわけにはいかない、しかし、ピアノを見ない訳にもいかない、どうしたものか??と思案の結果、諫山家のご令嬢、文緒ちゃんにメールで、僕だけ日田に降りるのもなんだし、ピアノを見るだけのためにみんな連れて行くのもなんだから、なんつうか、あの、ほら、晩ご飯とかさ、諫山家で食べようよ、と、大変図々しい申し出をしたのです。
その図々しい申し出を快く引き受けてくれた諫山家へ向かう車中、今日の諫山家の宴会は、諫山さんからのご好意の申し出ではなく、僕が宴会してよ、と申し出てのことである、と皆に話しました。
みんなはなんて図々しいことをするのだ、と僕に対して非難の嵐でした。
僕は、短い合宿期間中、みんなを置いて中津江を離れるのは申し訳ないから、宴会を申し出たんだ、と話しました。
すると、皆口を揃えて、真さんが中津江を離れてもらっても一向に構わなかったのに!!!といいました。
あ、そやったん・・・。

諫山家に到着するや否や皆口を揃え、本当に申し訳ない、こんな図々しい話だったとはつゆ知らず、本当に申し訳ない、と諫山家の人々に謝っていました。
諫山さんご夫婦と諫山文緒ちゃんは、い~え、全然と、暖かく我々を迎えてくれました。
宴たけなわ、話題がまたその話に戻り、中村真は図々しく人の家の敷居をまたいでその家で一番良い椅子に座り、一番良いご飯を食べ、一番良い酒を飲み、それで感謝されることすらある、妖怪だ、妖怪シキイマタギだ、ということで一件落着しました。
諫山家に多謝多謝!!

まだ色々この手の話は尽きない。
次はケドナ族の話を書こう。
関連記事
スポンサーサイト
  1. 2011/03/10(木) 23:43:29|
  2. 徒然と
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<音楽家は音楽しか出来ることはない | ホーム | ボルシチと鶏ミンチのキャベツ包み>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://makoppo081.blog52.fc2.com/tb.php/898-3221ec45
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)