真・の・ブログ

日常的な事、ちょっと考えさせられるような事、まじめな事、不真面目な事、料理の事自転車の事等々等々、音楽の事以外の事を徒然と書き綴っていくつもりです。 が、どうなるかはわかりません。

太田朱美というプレイヤーとそのツアー案内

太田朱美を初めて聞いたのは8年ぐらい前かな?彼女が大学を卒業して広島から上京してきた当時の話。すごいフルートの若手が現れた、という噂ぐらいは聞いたことがあったような気がしたが、僕が出演していたライブハウスに飛び入りに来たのが最初。
そのときの演奏はたいして特筆する程のことはなかった。楽器の技術は標準よりうまかったが、覚えたフレーズを組み合わせ、それらしいことを吹いていたが、全てのパーツがバラバラで、音楽としてコンプリーとしている訳ではなかった。
東京ジャズ界の特徴として、ミュージシャンですら、ちょっとした話題性のある若者に飛びついたりする傾向がある。はやり廃りのようなものがあるのだ。朱美はこれから売れていくのだろう。だが、僕は特に触手が動くものはなかった。
その後も何度か僕のライブに飛び入りしにきたりしたこともあったが、その初対面の感想を覆す事はなかった。
その後何年も疎遠になっていたのだが、3年程前、関内の上町63のマスターから出演オファーがあり、太田朱美とデュオを斡旋された。ぼくは一瞬断ろうかと思った。
でも、長いこと聞いてなかったし、まあダメ元でやってみようと思い、引き受けることにした。
リハーサルで音を少し重ねてみたが、まるで別人のように素晴らしいプレイヤーになっていた。
彼女のバラバラなパーツは見事に整い、(元々そのパーツ自体は一級品だったに違いない。)一つのコンプリートした音楽になっていた。
フレーズはもちろんのこと、リズムの感性も素晴らしい。トーンの重なり合いにより調和(ハーモニー)を作るというような、並のミュージシャンには出来ないことをやってのけた。
演奏中ずーっと笑えて仕方なかった。僕は良い演奏家との共演では笑いが止まらなくなるのだ。
まあ、土井先輩とやるときは、ほんまに笑っているのだけど・・・。
朱美は名実共に日本のトップのプレイヤーに成長したのだ。
彼女とのデュオは本当に楽しい。様々なプレイヤーとデュオをやっているが、彼女程運動神経に長けたプレイヤーはいない。彼女と演奏すると、良い汗かいたな!!って爽快な気持ちになる。
また、フルートという楽器は音色の幅の狭い楽器なのだが、彼女の音色は本当に豊かだ。様々な色を持っている。
そんな朱美とも今回でツアー4回目。
東北ツアー1回、西日本ツアー2回。
今回は2/8(火)梅田ミスターケリーズ、2/10(木)岡山バード、2/11(金)福山 府中クラシックホール、2/12(土)姫路 ジョージアダムス、2/13(日)東広島 ブラック&タン、2/14(月)出雲 味巣亭、2/16(水)名古屋 ミスターケニーズで終了。

8日 ミスターケリーズ http://www.misterkellys.co.jp/index.html 19:30開演 3300円。インターネット予約割引あり。

10日 岡山 バード http://livehousebird.cocolog-nifty.com/ 20:00開演 3000円

11日 府中クラシックホール  府中市土生町1530-9 08063243809下江 1930開演 2000円 

12日 姫路 ジョージアダムス http://www.wine-makoto.com/georgeadams/live.html 20:00開演 3000円 当日3500円

13日 東広島 ブラック&タン http://black.ap.teacup.com/blacktan2008/  
19:00開演  3000円

14日 出雲 味巣亭 出雲市塩冶神前2-7-21 0853-23-5102

16日  名古屋 ミスターケニーズ    with 日景修b http://mrkennys.com/  20:00開演 2800円  
関連記事
スポンサーサイト
  1. 2011/02/06(日) 17:06:52|
  2. ミュージシャン紹介
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<登山道、いぬ、川、対岸、ヒグマ、携帯電話ムーバ、くまに食われてる、登山道入り口はトイレ、シンガーからメール、 | ホーム | 立ちのりスクーター>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://makoppo081.blog52.fc2.com/tb.php/886-beb4f878
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)