真・の・ブログ

日常的な事、ちょっと考えさせられるような事、まじめな事、不真面目な事、料理の事自転車の事等々等々、音楽の事以外の事を徒然と書き綴っていくつもりです。 が、どうなるかはわかりません。

けったいなアメリカ

アメリカ旅行、とても楽しかった。

ダラスで芋煮もやった。
アメリカで芋煮とはさすがにうれしいね~~っ。
日本風の味付けに現地の留学生達も喜んでくれた。

imoni.jpg



若者達とのセッションはとても楽しかった。むしろ僕の方が得る物大きかったよ。


しかし、アメリカに入国するののセキュリティーの厳しいこと!!


まず最初に成田空港のデルタ航空のカウンターで、全てのゲル状、液状の瓶やチュ-ブの持ち込みが出来ないことを知る

手あれのひどい僕は「Kiss me」のハンドクリームが欠かせない!!

ジップロック状の物に入れれば持ち込めるらしく、空港の薬局でそれを購入。300円ぐらい。

ともかく、免税店でお土産の酒を買おうと思うが、え?お土産の酒って、液状やん!!!

案の定、持ち込めない!!!

んで、あげくの果てに、エコノミーではアルコールが有料だと!!

ふざけてるよね~~~っ、いつもの様にビジネスに乗れば良かったんだけど(笑)。

そして、入国。

見るからに悪役の係官は、まず入国審査の紙の書き方が悪い、とはねられ、最後尾に並び直させられた!!

多少のことはその場で書かせろよ!!

しかも、人差し指で「来いっ」みたいな態度で呼び出ししやがって!!

そこで親切な日本の係官が現れ、全てを書き、再び並ぶと俺の直前で門をクローズ!!

並んでんの見えへんかった?

んで、改めて別の列に並び直し、次は通関。

犬が荷物のにおいをかいで回っていた。

そして、通関のあと、セキュリティーチェックがあり、靴まで脱がされ、あげくの果てには「デルタ航空の機内で買った」ワインの飲み残しの瓶まで没収!!

流石、「戦争中の国」は違うね。

昔NYに行った時は全て飲み物はただだったし(大韓航空)、通関は異常にスムーズだった。
出国のときなんかは、下手すれば「バスに乗るより」早いぐらい。

ほんまに・・・。

引き換え、日本の入国帰国はなんと簡単だったことか。


苦労してアトランタの空港でトランジット。国内線に乗りダラスまで。

機内で離陸まで1時間半待たされるし!!


疲れ果ててダラスに到着したら、受託手荷物が回っている所まで石川君が迎えにきてくれていた。
そこにはだれでも入って来れる。
よくわからないセキュリティーの感覚・・・。

アメリカに行くと、色んなことの感覚が違うことに驚くとともに、日本がとても正常に見える。

世界中の油を集めておき、原油が高い高いと言いつつ、電気等を節約するという発想が持てない国。
オフィス等では業務が終わってもそのまま冷暖房付けっぱなしだそう。
金持ちが、金があるからと他に欲しい人がいるのにコンビニで全てのジュースを買いしめて、飲み残して捨てる。金払ってるんだからんなことは関係ない、みたいな。

ロデオに行った。(大木こだまひびきか俺は・・・)

ロデオはまあ面白いし迫力もあるのだが、ロデオの合間に子牛を捕まえるゲームがある。
これが残酷!!
逃げて行く子牛のクビに投げ輪のロープを引っ掛け、引きずり倒し、手足を縛り上げるまでのタイムを競う競技。
クビの骨折れるんちゃう!!ていう勢いです。

なんというか、生命に対する敬意を全く感じない。

日本でやったら喧々囂々非難の嵐となるだろうな。

そのロデオで一番楽しかったのは、オープニングセレモニーで白人のおねーちゃんがアメリカの国旗を持って場内を馬で駆けるのだけど、これがめちゃかっこ良い!!
又美人でね~~っ。

rodeo.jpg


アメリカの合理主義とは、部屋が散らかっていても片付けなくていいよ、どうせ散らかるから、というのに似てる様に思う。

西洋で正常なことが日本ではまかり通らない、その逆の場合も含め、日本人はとかく、西洋では、アメリカでは、欧州では、という言葉をよく使う。この言葉は、西洋の進歩した考え方や生活習慣などと、それに対する我が国がなんと遅れていることか、ということをいう場合によく使う。
昔からこの言葉に疑問を持っていた。
ぼくはこれから日本ではこうなんだよ、という言葉を使おうと思った。
日本では、クーラーは出かける時には消すんだよ、エンジンを付けっぱなしにしないんだよ、っていうふうにね。

日本はまともな国だよ。

たまには海外旅行もいいものだ。


saigo.jpg

関連記事
スポンサーサイト
  1. 2006/10/24(火) 01:20:51|
  2. 徒然と
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<黒田さんの最初の日記を削除しました | ホーム | テキサスでは>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://makoppo081.blog52.fc2.com/tb.php/67-083ae22f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)