FC2ブログ

真・の・ブログ

日常的な事、ちょっと考えさせられるような事、まじめな事、不真面目な事、料理の事自転車の事等々等々、音楽の事以外の事を徒然と書き綴っていくつもりです。 が、どうなるかはわかりません。

中津江MCを終えて

20090725123521
第一回中津江ミュージックキャンプ終了しました

本当に色々な人のお世話になりました。僕のプロデュースであるこのイベントですが、殆ど何もせずに、全ての参加者が見事に主体的に行動して、そこでの価値を見いだしてくれました。
何ともいえない時間でした。本当にありがとう。
中津江ホールであった時間がなんだったのか、終えてみて未だ言葉にすることはむずかしい。
が、少し書いてみたいと思います。




中津江村に中津江村民ホールという素敵なホールがありました。
中津江ホールは、大沢さんという公民館のおぢさんが管理していました。
年間日田市からの予算は0円の中津江ホール。
日田パトリアホールが出来た御陰でお下がりの機材は充実しているものの、予算0で呼べるアーティストは限られるし(普通は誰も呼べない)、その他にいい使い道が見当たりませんでした。

ある日大沢さんは、九州をチャリツアー中の変わったピアニストの存在を知りました。小倉でのライブを聞きにいきました。そのピアニストに共感を覚え、中津江に遊びにおいで、といいました。
そのピアニストである僕は、お誘いに乗って祖母山登山ついでに中津江村に遊びにいって、そこのホールをいたく気に入りました。
その後も機会を作っては中津江を訪ね、ホールで個人的に練習したり、ミニコンサートをしたりしているうちに、中津江のことも好きになり、中津江にも友達が少しずつ増えてきました。
やがて、そこに僕は友達を連れて行くようになりました。トミー富岡や、和田いづみ、宮本裕子たち。
彼らも中津江ホールに、そして中津江に共鳴し、なにか出来ないか、共に 模索し始めました。
彼女達との中津江での合宿生活は、とても有意義でしたし、何より楽しかったから。
僕達はもっとこのホールや中津江を知ってもらいたかった。


大沢さんは大沢さんで描いていた絵がありました。
中津江で生まれつつある素敵な動きを、なんとか中津江以外の人に見せたかった。
ある日、大沢さんから7/19パトリアの小ホール取りましたからよろしく。と連絡がありました。
そこから僕は、僕の絵を描き始めました。
ひとまず、コンサート前に1週間のMCを開催することを決めました。
しかしそれ以上のことは敢えて決めませんでした。
ただ、イメージは膨らませていきました。
僕自身が、中津江や中津江ホールをはじめて訪ねた時に直感した素敵なオーラ(そう、中津江ホールには酒飲みの神様がついているのです
よ!!見える人には見える)のみに意識を留めイメージを膨らませました。
やがて、伊藤大輔と光田臣さんの存在が見えてきました。
中津江や、中津江ホールや、裕子やいづみと作って来た合宿の楽しさを、言葉で説明するのではなく、共鳴し、そこで自主的になにかを作っていける人達だと感じました。

徐々にキャンプに参加したいといってくれるミュージシャンも増えてきました。
敢えてコンセプトを固定しなかった故に、何が行われるのかよくわからないという意見を良く聞きました。
しかし来た人はみんな主体的に行動し、楽しみをそれぞれ見いだし、そしてそれが一つの絵になりました。
中津江MCがなんだったのか?は具体的な言葉として見つけることは出来ません。
アーティストから地域へ、地域からアーティストへ、そしてアーティスト同士が、精神的価値を与え合う動き、口に出しちゃうとそういうことになるけど、もっともっと、ヒューマンな温もりを感じるものであった、と僕は感じているのです。
共鳴、とはこういうことなのだな。それ以上の言葉は今のところ見つかりません。
これが波紋としてどんどん広がっていくことこそ、僕の描きたかった絵なんだなあ。


来年からもやっていきます。
単なる打ち上げ花火ではない、地域との交流の中で生まれて来る、地に足付けたアートイベントにしたい。
中津江村を、中津江ミュージックキャンプ色で染めてみたいなあ。

もっと、もっと、みんなに中津江を知ってほしいし、みんなを中津江に知ってほしい。そして、もっともっとみんなに中津江に来てほしい。

最後に、NMCに参加してくれた、みんな、本当にありがとう!!!!楽しかったね!!!!
関連記事
スポンサーサイト



  1. 2009/07/25(土) 12:35:24|
  2. 中津江ミュージックキャンプ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<グリーンサラダ | ホーム | 日田パトリアコンサートリハーサル>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://makoppo081.blog52.fc2.com/tb.php/616-006c76f0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)