FC2ブログ

真・の・ブログ

日常的な事、ちょっと考えさせられるような事、まじめな事、不真面目な事、料理の事自転車の事等々等々、音楽の事以外の事を徒然と書き綴っていくつもりです。 が、どうなるかはわかりません。

平和台公園2

20081206163506
八紘一宇の塔
関連記事
スポンサーサイト



  1. 2008/12/06(土) 16:35:09|
  2. 徒然と
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<餅つき大会 | ホーム | 平和台公園>>

コメント

昨日今日は、宮崎にしては珍しい、真冬なみの冷え込みですね。

ライブお疲れ様でしたv-268
すごく楽しませていただきました。
私、今回のようなきっかけがなかったら、きっとジャズはこれからも、素通りしていたに違いない世界でした。
ジャズって、すごく自由な音楽なんですね。
初めてのジャズライブデビューが真さんのような素晴らしいアーティストで、本当によかった。
ありがとうございました。

真さんは、ピアノとおしゃべりできるんですね。
席に座られると、すうーっと息をつき、
はじめはピアノに話しかけるように、
その一つ一つの音を丁寧に丁寧に確かめるように、音を「引き」込んでおられました。

音と音を結んだり、ほどいたり、絡めたりしながらメロディを奏でる真さん。

最前列、それも手を伸ばせば手が届くような位置で
私はまるで恋する少女のようにv-22ハラハラドキドキしていました。
展開が読めないんですもの。
ピアニシモに ジン として、フォルテシモに ハッ として
無意識に体が一瞬ゆれることがあり、
やばっ!と我に返ります。

この空間を、今日 今という時を。
まるで深呼吸するように感じとって、
私たちに、自由に 想像させてくれる、優しい空気がそこにありましたね&x-chair;

チラチラと、ほんわりと、
暖かくゆらめくたくさんのキャンドルが、また、よかった。

一部が終わり、ああ、きてよかったと放心状態の私・・・・

2部は、宮本裕子さん、和田いづみさんがヴォーカリストとして参加されましたがやはり、女性の、ほろ苦いヴォイスが加わると、ジャズはグンと深みを増しますね。

品がある、とあなたが表現されたとおり、お二人のヴォーカリストとも、
情感のある、素敵な表現をされていました。

終わりに、お店の方からいただいたおにぎり、あれははげしくおいしかったv-238

ジャズの締めにおにぎり、いともミスマッチな組み合わせですが、
会場みんなでほおばる幸せそうな顔、顔。

ああいうお開きって、よそではきっとないでしょうね(笑)

こうして31にしてジャズと出会ったのですが、次お会いできるまでには、もう少し耳を「磨いて」おきますので、近いうち、ぜひまた企画してくださいませ。

本当に楽しい時間を、ありがとうございました。
  1. 2008/12/07(日) 20:56:37 |
  2. URL |
  3. maru #-
  4. [ 編集]

maruさん、嬉しいコメントありがとう。

ひむかの宝箱、だからこそのライブ、という意味もありますよね。あそこのスタッフ、そして、あのスペースの持ついいエネルギーの波動、それを感じながら演奏出来るから、あんなふるい小さなピアノでも、ぼくは自由に演奏出来るんです。
聞いた話ですが、音は瞬間で消えるんだけど、そこに残る波動、みたいなのは永遠なんだって。
だから、あの店にぼくの奏でた音は、ずっと残ってその場所の波動となるのです。
そういう、感じがするお店ですね。
スタッフ達の話す言葉も、きっと優しいのだろうね。
そういうお店です。

そして、ぼくのCDを流してくれているから・・・。(笑)
いい波動が生まれるのですよ。
maruさん、又ライブ案内出させてもらいますね、ありがとう!!
  1. 2008/12/12(金) 04:21:13 |
  2. URL |
  3. mako. #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://makoppo081.blog52.fc2.com/tb.php/408-1ca54717
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)