FC2ブログ

真・の・ブログ

日常的な事、ちょっと考えさせられるような事、まじめな事、不真面目な事、料理の事自転車の事等々等々、音楽の事以外の事を徒然と書き綴っていくつもりです。 が、どうなるかはわかりません。

たまごかけごはん

我が家では滅多にたまごかけごはんはしない。
いわゆる和朝食のようなメニューでも、たまごだけを食べるくらいなら、栄養面を考慮し、納豆を練った上にたまごを入れたものを食べたりする。
故に、たまごかけそのものを食することは滅多に無い。
かつては日本の朝食の定番であったたまごかけごはん。
栄養の為に食べられていたはずのそれが、今では栄養を考えて食べられなくなっているということに、時代の変化を感じる。

とはいえ、たまごかけごはんは大好物だ。
たまに旅館等の朝食で、温泉たまごが出て来たらがっかりする。
やはり旅館の朝の基本はたまごかけごはんだろう。
世の中には根強いたまごかけごはん愛好家がいるようで、それ専用の醤油が売られていたり、365日分のたまごかけごはんレシピの本もあるそうだ。
たまごかけごはんにそれほどのバリエーションが可能なのだろうか???

少し想像してみることにした。


たまごかけごはんの基本は、たまごとごはん、それに醤油で味付けしたものだろうことは疑問の余地はない。
ただ、いつ醤油で味付けするか、によって、たまごかけごはんの味は一変する。
黄身にぽつんと箸で開けた穴に醤油を一滴二滴、黄身のみに味付けしたたまごで混ぜる。
こうすると、黄身とごはんの香りを損なうことも無い。
だが、これでは物足りないというひともいるだろう。
あらかじめ味付けせずに混ぜ合わせたたまごかけごはんに醤油をドボっ、とかけるというやり方もある。
こうすることにより、たまごの香りとともに、醤油の香りも存分に楽しめる。

そうしたたまごかけごはんに、例えばすりごまを散らしたり、花鰹をあしらってみても美味しいだろう。
ごま油やラー油を少し垂らしてみても楽しめるだろうし、バターをひとかけら混ぜ合わしてみるのも悪くないだろう。
また、これらを組み合わせてみることによってよりバリエーションは広がる。
例えば鰹節とバター、ごま油と鰹節もわるくないだろうし、ごまとごま油が悪いはずもない。

ただ、たまごかけごはんと梅干しは果たして合うのだろうか?
僕は悪くないと思うが、これは激しく意見の分かれるところだろう。

また、醤油自体を出し醤油に変えてみるのも一興だ。
だし醤油は簡単に作ることが出来るし、それに作った出し殻はそのまんま佃煮としてたまごかけごはんに供し食べることも出来る。

更に空想を広げてみる。
茶碗蒸しを作る前のような物を作り、たまごかけだし茶漬け、というのはどうだろう??
悪くないと思うのだが。冷やごはんでやってもいいし、たまごが固まらない程度に温めかけてみてもいい。
勿論三つ葉を添えよう。
根本的に発想を変えて、生クリームやパルメザンを少し加え、塩こしょうで味付けした、たまごリゾット風たまごかけごはん、なんてのもいいかもしれない。
また、それを、フライパンでハンバーグを焼く要領で焼いてみても美味しいかもしれないなあ。
又はオーブンに入れて焼くとか。まあここまでいくと、たまごかけごはんではなく、立派なドリアだが。

少し番外編だが、知り合いに教えてもらったたまごとごはんのレシピを紹介する。
多めのごま油で強火で10秒ぐらいでさっと目玉焼きを作り、ごはんに乗せ、醤油をたらし、ぐちゃぐちゃに混ぜる。以上。
意外な程美味しい。まあこれはたまごかけごはんではなく、目玉焼きごはんだが。

色々空想を広げはしたが、しかし凝ったことをすればする程、たまごとごはん本来の味わいからは遠ざかっていくことだろう。
さんまに100通りの調理法あれど、塩焼きに勝る食べたかがないのと同様に、たまごかけごはんもシンプルに醤油をかけて食べるのがやはり一番だ。

ちなみに僕は、軽く持った一膳に全卵一つの、しゃぶしゃぶしたたまごかけごはんが好みです。ごま以外の食べ方は試したことすらありません。
試される方は、どうか自己責任でよろしくお願いしますね。
関連記事
スポンサーサイト



  1. 2008/10/22(水) 19:08:00|
  2. 料理のこと
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<こういうタイプの人間は、実は思ってるより数多くいる | ホーム | 10/26(日)U3chiライブは無料ライブです!!!>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://makoppo081.blog52.fc2.com/tb.php/380-21db00a4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)