真・の・ブログ

日常的な事、ちょっと考えさせられるような事、まじめな事、不真面目な事、料理の事自転車の事等々等々、音楽の事以外の事を徒然と書き綴っていくつもりです。 が、どうなるかはわかりません。

けんちん汁

けんちん汁

CA390215.jpg

近頃ツアーで家を離れていたせいで、何が冷蔵庫に入っているのか皆目分からぬ。
人参1/3かけ、レンコン1/3かけ、さといもが残り2つに細めのごぼうが一本入っていた。
これはけんちん汁だろう。

だし昆布、日高のペラッペラの安物の昆布、と、干し椎茸、こちらも中津江産の物が底をつき、秩父のペラッペラの安物、を鍋にいれ、水で戻す。
そこに適当なサイズに切った里芋とレンコンとごぼうと人参を入れて強火で煮る。
昆布の一番だしとか気にしなくていい。最後には昆布ごと食べるのだ。

ファンの人、どうぞ上等の利尻昆布とぶりっぶりの干し椎茸を差し入れして下さい。
何よりも喜びます。

さて、沸騰したところで弱火にしてコトコト煮る。
美味しいスープが鍋に出だした時に、鍋止めをする。
適当なバスタオルや布のような物に鍋を包み込んで保温調理するのです。
これにより、ゆっくり温度が下がっていき、アミノ酸の濃度がぐっと増
す上に、ガス代がかからない。
一石二鳥の調理法です。

そこから米を炊きだします。
ガス火だと約20分足らずで完璧に炊きあがります。
その間に納豆を練り、そういえば、我が家では納豆の付属のだしを使わず、醤油だけで味付けします。
どこの家庭でも食べる普通の納豆の味が、我が家では少し違うんだなあと考えると、少し感慨深い。だって、当たり前の食べ物だものね。

さて、けんちん汁の味付けですが、塩味と薄口醤油、酒のみ。
ですが、六甲のオーガニック料理屋のtete a teteのタクちゃん
に貰った上等のみりんがあったので隠し味に使ってみた。

仕上げに白ネギで出来上がり。
なんつうか、ほんま旨い。秋はこれやねぇ。
関連記事
スポンサーサイト
  1. 2008/10/17(金) 14:03:24|
  2. 料理のこと
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<10/26(日)U3chiライブは無料ライブです!!! | ホーム | トリオツアーひとまず終了>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://makoppo081.blog52.fc2.com/tb.php/377-a9b5a4bd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)