FC2ブログ

真・の・ブログ

日常的な事、ちょっと考えさせられるような事、まじめな事、不真面目な事、料理の事自転車の事等々等々、音楽の事以外の事を徒然と書き綴っていくつもりです。 が、どうなるかはわかりません。

先日球界に起こったことから

つい先日、野球界で、人としての品格、を物語る対照的な出来事が二つあった。
セリーグ首位を突っ走る阪神タイガースの四番打者、金本知憲。
先日の巨人戦での出来事。
対するピッチャー木佐貫の投げた不用意な球が彼の頭部に直撃。
木佐貫は危険球退場になった。
その次の打席で、金本は解説者も絶句のホームランを放った。
そして、試合後のインタビューで彼は、木佐貫をかばう発言すらしたのだ。
球界を代表する四番打者としての品格を示したものとして、僕は非常に感銘を受けた。
金本の美談の前日、球界の裏ではこんなことが起こっていた。
パリーグ最下位を独走するオリックスの、二軍、と、同じく最下位広島カープの、二軍での試合での出来事。
かつて、球界を代表するスラッガーとして鳴らしたK選手。いみじくも金本選手のPLの一年先輩でもあるその選手は、対戦ピッチャーの投じた外角ぎりぎりの球を、見逃し三振した。
その判定を巡り、球審を罵倒したあげく、ホームベースに砂をかけてベンチに引き上げた。
金本選手は、連続イニング出場記録を更新し続け、阪神のみならず、球界全体から尊敬の念を抱かれている。
かたや、K選手は、昨年、一試合も出場せず、何億も金をもらい、リハビリスト、の異名を貰っている。
その時ブルペンにいた広島のとあるピッチャーのブログに、罵倒したK選手に、ブルペンに居た選手全員が唖然として、残念な気持になったと記してあった。が、即刻削除されていたが。
K選手と阪神タイガースとの逸話は多いが、近年では、大差のついた試合で満塁で救援に上がった藤川投手、今や球界を代表するクローザーとして活躍している藤川投手との対戦で、フォークボールを投じた藤川投手に対して、ちん◯んついとんのか?ストレートで勝負せい、と罵倒したことで知られている。
野球を知らない人の為にフォークボールというボールを解説すると、要するに縦に大きく落ちるボールで、変化球の中で最も打ちにくいボールなのだ。
ただ、見逃せばストライクにはなりにくいボールであることや、キャッチャーが受けにくいボールなので、補逸で点が入るケースも多く、投げる方もリスクが大きいボール。
勿論、そのボールを投げることは、ルール違反でもなんでもないし、万が一満塁ホームランを打たれたら、たとえそれが敗戦につながらないまでも、チームの士気に影響することは間違いなく、また、プロならば自分がその場で投げえる最高の球を投げるのが当然のことだ。野球は、プロにとっては遊びではない。
要するに、自分がフォークボールを打つ能力がないものだから、直球を要求したのだ。
これを、他のスポーツや勝負事に置き換えると、将棋で穴熊囲いをした相手に、それは卑怯だ、といってるのや、ピアノコンクールで、難曲を仕上げて来たライバルに、簡単な曲しか用意出来なかった人が、同じ簡単な曲で勝負しようや~といってるのや、テニスのネットプレイは卑怯だ、真っ当に打ち合え、といってるようなものだ。
参考までに、球宴で藤川投手はK選手と対戦したとき、全球ストレートでK選手を三振に打ち取った。
選手生命に関わるかもしれない重大なミスを犯した木佐貫投手に対してさえ、いたわりの言葉を投げかける金本選手。
自分の実力不足で手が出なかった球のジャッジを、他人のせいにしてしまうK選手。
金本選手とて、生まれ持って品格のある人間である訳ではなかろう。
かつて、デッドボールを当てた投手に対して、怒りの感情を持ったこともあるだろう。
だが、金本は、自分自身が球界を代表する四番打者である矜持が、木佐貫という若手ピッチャーをいたわる発言に至ったのだと思う。
品格は、生まれもって備わっているものではなく、作って行くものなのだ。
K選手とて、実績のない選手ではない。かつては栄光もあった。
ただ、色々トラブルがあった時にこそ、品格を磨くことをおろそかにしたのだろう。

それらの積み重ねの結果、首位を行くチームの四番打者と、最下位のチームの二軍、という差が生まれたのだ。

僕自身、他人に恨み言を言いたくなることも数多くある。また、自分自身が出来ないことを人のせいにすることもよくある。
だけど、僕は可能な限り品を磨いて行きたいと思っている。
難しいことだが。

関連記事
スポンサーサイト



  1. 2008/05/11(日) 11:32:33|
  2. 徒然と
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<天城高原の | ホーム | ヘラクレスオオカブトか>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://makoppo081.blog52.fc2.com/tb.php/244-0923120d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)