真・の・ブログ

日常的な事、ちょっと考えさせられるような事、まじめな事、不真面目な事、料理の事自転車の事等々等々、音楽の事以外の事を徒然と書き綴っていくつもりです。 が、どうなるかはわかりません。

本格鍋シーズン到来!!

寒くなってきましたね、本格的な鍋のシーズン到来ですね。
僕は五日間程の休みの間に色々な鍋にトライしました。

僕は料理のレシピ本は殆ど読まないのですが、ついつい買ってしまった男の鍋、という本の中にあった、鯵のつみれ鍋。
トライしてみました。

まずは鯵を4匹程買って来て三枚におろし、包丁で粘りがでるまで叩き、それに大葉、生姜等で味をつけて団子にしたものを、こぶ出汁に吸い物程度の濃さの味をつけた出汁の鍋にするというもの。


azitumire.jpg


前々からトライしたかった鍋の一つだ。
想像した通り、鯵のつみれはさっぱりとしていて美味しかった。
様々な薬味をトライ。柚胡椒、島唐辛子、黒七味等を試してみた。
どれもええ感じである。
採れたての鯵を浜で裁いて、とかいうのをやってみたらもっと美味しいだろうな。
酒飲みの客が来た時に、これをつまみに飲む、というのもいいだろう。
誰か家に遊びに来てくれないかな。




休みの間、温泉にいったり、寝て過ごすのも悪くないが、僕にとって何よりのリフレッシュはやはり登山。
体を動かし、山のきれいな空気を吸うことは僕にとって最高の瞬間。
とはいえ、最近は疲れる山や危ない山に食指が向かなくなり、先日は尾瀬に、そしてこの連休は秩父に行って来た。
秩父登山を終えて帰って来た日に作った手抜きポトフをご紹介。
鶏ガラスープのストックでもあればいいのだが、あいにく切らしていたので、顆粒の洋風だしスープを使う。勿論無添加。最近はまあまあいいものがそこらのスーパーで手に入るのでいい。
野菜さえ最高のものを用意出来れば、スープの元等、実は必要ないのだが。
もちろん、我が家の野菜は行きつけの有機野菜屋さん、風土舍(ふうどや)の素晴らしい野菜達。
ローズマリーやらローレルやら、家にある適当なハーブを鍋にいれ、コンソメスープより少し薄いぐらいの味付けのスープを作る。
白ワイン等ちょっと入れてみてもいい。今回はホールトマトを一缶投入してみた。
トマト風味のポトフ。

tenukipotohu.jpg


隠し味に砂糖小さじ半分。
砂糖を入れるということは、野菜に対する冒涜だ。野菜を甘みを信じてない証拠。
じっくり煮込んでやれば甘みは十分でるのだが、ここは手抜きさせてもらうことに。
無添加ウインナー、鶏肉、キャベツやタマネギ等の具で、出来上がり。
手抜きでも十分美味しい。
実はこれは、チャリ旅の時によくやるメニューなのだ。




最後に餃子鍋。
鍋をやる為だけに餃子を作るというのは非常に贅沢なことのような気がする。
我が家では、餃子の中身は僕が作り、包むのは妻の仕事。
中身のレシピをご紹介。
豚ひき肉に、茹でたキャベツ、ニラ、春雨、干し椎茸、干しえびに、XOジャン、トーチー、塩こしょう、醤油、ごま油で味付け。
スープは干しえびと干し椎茸の戻し汁のみ。
鶏ガラスープで出汁をとってもいいだろう。
これらを酢醤油で食べるのだ。

gyozanabe.jpg


お好みで豆板醤。僕は餃子にはラ-油より豆板醤だと信じているタイプの人間だ。
これ又美味い。酢醤油はさっぱりとしていて、いくらでも餃子が食べられる。
2人で30個ぐらいの餃子をぺろり平らげた。

この冬は、2年程ご無沙汰のハタハタのショッツル鍋等、復活させたい鍋がたくさんある。
又そのうちご紹介していく。

最後に、先日の芋煮鍋の様子をご覧下さい。



imoni2007.jpg

関連記事
スポンサーサイト
  1. 2007/10/25(木) 12:10:13|
  2. 料理のこと
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<トリオのレコーディングしました | ホーム | 10/21に芋煮会します>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://makoppo081.blog52.fc2.com/tb.php/148-b64aae51
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)