FC2ブログ

真・の・ブログ

日常的な事、ちょっと考えさせられるような事、まじめな事、不真面目な事、料理の事自転車の事等々等々、音楽の事以外の事を徒然と書き綴っていくつもりです。 が、どうなるかはわかりません。

The coveという映画を見ました。

先日、ザ・コーブという映画を見ました。
和歌山の大地町の捕鯨(イルカ)漁を、批判する映画でした。

捕鯨を巡る問題は色々あると思います。僕は日本人ですから、日本側の情報しか得ることが出来ません。ゆえに、完全にニュートラルに物事をとらえることはできません。が、思考を凝らすことにより、真実の断片、程度のところには到達できると思っています。

兎も角、この映画を見て思ったことは、西洋人的確信犯がとる行動の恐ろしさ、を感じました。
いい意味でも悪い意味でも、西洋人は、完成された価値観を持っていると思います。
僕は音楽家ですから、音楽や芸術を通じてそれを感じています。おそらくは政治や経済の世界においてもその価値観は貫徹されているように思います。他の価値観が入り込む余地がない価値観の持ち方。

日本人が捕鯨に関して感じている感性に対する忖度も、また捕鯨というものが持っている悪に対しての客観的論理的説明も一切ない。
自分たちが確信している正義に対して、それを暴くなり、批判することに対して、暴力をもってすることもいとわない感性。むろんこの映画の主人公となる男の人は、グリンピースからも出禁になるほどのラディカリストではありますから、西洋人をひとくくりに考えるのは愚行というものですが、過去、西洋人が、自らが確信してきた正義を振りかざすことによって、一体何百万人、何千万の非西洋人が、殺戮されてきたのだろうか?という点に僕は、考えを寄せざるを得ない映画でした。


関連記事
スポンサーサイト
  1. 2018/09/05(水) 14:41:37|
  2. 徒然と
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<明日から10年目のキャンプが始まります。 | ホーム | 8月スケジュール>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://makoppo081.blog52.fc2.com/tb.php/1469-6de2334b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)