真・の・ブログ

日常的な事、ちょっと考えさせられるような事、まじめな事、不真面目な事、料理の事自転車の事等々等々、音楽の事以外の事を徒然と書き綴っていくつもりです。 が、どうなるかはわかりません。

ブラジルに伝わる小さな伝説のお話

20170729122004151.jpg


「このシャツのこの生き物の話をして。」
「いいよ。この生き物は、ポピーというんだ。ポピーの切ないお話をしてあげるね。」

僕は語り始めた。

このカナリアイエローのTシャツ。ご存知のようにTシャツには一つ一つストーリーがあります。
この話はブラジルのアマゾンの上流の話です。アマゾンの一つの小さな伝説のお話。

アマゾンの上流の小さな村に、ひと組の若い夫婦がいました。彼らはアマゾンの河の恵みを糧として生きるつつましやかな夫婦でした。

ある年子宝に恵まれました。かわいらしい女の子で、ポピーと名付けました。
珠のように可愛がりました。そして4年の月日が経ちました。ポピーは少し言葉を話すようになりました。
ある日夫婦は、初めてポピーをアマゾンの河に連れて行きました。マゾンの河は深く厳しい。でも河のほとりに住む者として、いつかは経験しなければならない。アマゾン河の儀式。
河にポピーを入れました。ポピーは恐る恐る河の中に向かって進んでいきます。

その時でした!!河がまるで真っ二つに割れたかのごとく水面に渦が起こったかと思うと、6メートルはあろうかと思われる、大きな鰐が、ポピーを一瞬にしてのみ込んだのです。
「ポピー!!」夫婦は叫びました。鰐を捕まえようと必死になりました。しかし、鰐はポピーをその口の中の頬袋に収めたまま、悠然と泳ぎ去りました。
鰐に連れ去られたのです。
その日から夫婦は、アマゾンを捜索しました。行けども行けどもしかし、ポピーを連れ去った鰐を見つけることは出来ませんでした。

夫婦は悲しみにくれました。来る日も来る日も悲しみにくれました。
しかし、生活のためには働かざるをえませんでした。でも、働く気力もわかなくなりました。

それから10年ほど経ちました。夫婦はアマゾンの上流でとれた魚を、下流にある大きな町、ポラレスで売って、そこで買ってきた織物などを自分の村に持ち帰って売る、という生活をしていました。

ポラレスの市場は、様々な果物や織物がそろい、お香のにおいや爆竹の音、行きかうリクシャのエンジンの匂い、貧しい人もとてつもない金持ちもいる、雑多な町でした。

夫婦はポラレスの市場を行きかう人たちが、今日は面白い旅芸人が来ていて、今から広場で芸を見せるという話を聞きました。
その芸を見に行くことにしました。

広場には大きな鰐のはく製が吊るされていて、その横には、肌が鰐の色になってしまった小さな女の子がいました。
鰐に育てられて、鰐のようになってしまった子供を見せものにしているという芸でした。

夫婦は、その子供を見ました。「ポピー!!!」
なんとその子供は、10年前に鰐に連れ去られたポピーでした。
見た目はすっかり変わってしまいました。鰐に育てられ、鰐のようにふるまいますが、まぎれもなくポピーであることを、夫婦は確信しました。
その芸人に事の顛末を話し、ポピーを返してくれるようお願いしましたが、芸人は首を縦には振りませんでした。
その鰐の子供の見世物で、芸人は生計を立てていたからです。
夫婦は、たくさんのお金を、芸人に払うことを約束し、ポピーを連れて帰りました。

小さな村に連れて帰られたポピーは、いつまでも人間の言葉を話すことが出来ませんでした。
そして、ポピーは、夫婦の事を両親だと理解することも出来ませんでした。
だけど、夫婦は、深い愛情を持って、ポピーに接し続けました。
長い年月がたち、ポピーは片言の人間の言葉を話せるようになり、そして、両親の愛情を感じることが出来るようになりました。
幼少の頃を鰐と過ごしたことにより、人並みに生活が出来る、というようにはなりませんでしたが、でも、ポピーと夫婦は、幸せに、仲睦まじく、暮らしていったという事です。
でもポピーの見た目だけは、うろこがついて緑色になったその見た目だけは、一生変わることはありませんでした。



「この話は、ブラジルの人たちならば、誰でも知っている、ポピーと夫婦の話、という話なんだよ。」
「そうなんだ、かわいそうだね、でも幸せなんだろうね。」
「ポピーが鰐と暮らしているときはどんな暮らしだったのだろうね?」
「鰐は優しくしてくれたのかな?」
「きっと優しくしてくれたのだろうね。鰐もかわいそうだね」

Tシャツの森は、小さな村の森、左端の赤いものは、ポピーが死ぬまで遊び続けたという小さな毬です。


という、お手々絵本でした。

作:中村 真
スポンサーサイト
  1. 2017/07/29(土) 14:43:09|
  2. おてて絵本
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<NY旅vol.1 | ホーム | 僕の未知のエナジー>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://makoppo081.blog52.fc2.com/tb.php/1441-984d73cd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)