真・の・ブログ

日常的な事、ちょっと考えさせられるような事、まじめな事、不真面目な事、料理の事自転車の事等々等々、音楽の事以外の事を徒然と書き綴っていくつもりです。 が、どうなるかはわかりません。

人生の壁を登る

20代は前が見えない不安との戦い。でも上り坂はなだらかだった。
30代、急に視界は開け、頂上が見えた。ああ、あそこを目指せばいいのだな。
しかし多くの仲間は、頂上が見えたことで、前進をやめ、その場で酒盛りを始めた。
僕は登山というよりは、登攀というべき壁にとりついた。
40代になった。ふと下を見下ろすと、結構高いところに来たようだ。酒盛りをしているのが遥か下に見える。
僕がいるところは空気は冷たく、風も強い。うっかりすると壁からはがされそうになる。それでも登り続ける。
40代も半分を過ぎた。90度を超えるオーバーハングも現れた。
もう降りることはできない。登り切るか、滑落するか。
もっと楽に生きれると思っていた。とんでもなかった。問題一つ一つの重要度が増してきた。
20代の時、つまずいて転んだ石は、滑落を意味する石となって立ちはだかるようになった。
こんなはずではなかった。
40代を登りきれるのか?わからない。
難しい。もう生き残るか死ぬかの選択しか残されていない。
仕方ない。こういう生き方を選択したのだから。
酒盛り組として気楽に生きてくればよかったのかもしれない。
しかし、あそこで酒を飲んで、頂上を眺めて生きる生き方を選ばずに登り始めたからには、頂上を極めてやろう。
孤独だよ。だけど孤独じゃない。僕の下を続いて登る若者がいる。そして、僕の前に立ちはだかるオーバーハングを乗り越えた先輩がいる。
でも、登るのは、僕でしかないのだ。誰もロープを伸ばしてはくれないのだから。

関連記事
スポンサーサイト
  1. 2017/03/11(土) 15:31:34|
  2. 心の整頓
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<プチインド料理会 | ホーム | 金子雄太とのツアー終わりました。楽しかった!>>

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2017/03/12(日) 17:49:40 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集]

Re:

ありがとうございます。僕は少なくとも登ってるし落ちてることを認めていただきました。あなたは登ってすらないので落ちる気持ち、落ちるかもしれない気持ち知らないですね。
お幸せですね。
グジグジブログに無記名で人の文章をなじるのがあなたにできる最大の表現です。そういう生き方、してみたいです。
幸せなんでしょうね。僕は崖から落ちないように必死に登坂してます。
住む世界が違うね。またゆっくりあなたの世界の話聞かせてください。
  1. 2017/03/14(火) 04:41:20 |
  2. URL |
  3. まこと #lBMbbBwI
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://makoppo081.blog52.fc2.com/tb.php/1397-9bae8f04
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)