真・の・ブログ

日常的な事、ちょっと考えさせられるような事、まじめな事、不真面目な事、料理の事自転車の事等々等々、音楽の事以外の事を徒然と書き綴っていくつもりです。 が、どうなるかはわかりません。

こんなショーもない店、まだあるんだね。

「自分、もっと帰るお客さんにありがとうとあいさつしたほうがええで、そんなん常識やろ」
いきなりマスターにそういわれた。
僕も20才の世間知らずの若造ではない。
そんなことを人にアドバイスされる覚えはない。
仮に僕が挨拶などが不足していたとしても、僕という人間はそういう人間で、そうやって生きてきた。
指摘され、批判される筋合いの事ではない。
第一俺はホステスではない。
来ていただいてありがとうね、を言うのは本来の仕事ではない。ピアノを弾くのが仕事だ。

そもそも到着し、あいさつしたとたん、そのマスターは、ピアノで良かったんですよね?と聞いてきた。意味がわからない。
ピアニストと知らなかったのだろうか?
どういう意味かと尋ねたのだが、よくわからない返答。

肝心のそのピアノはシフトを踏んだら隣の弦にさわるような調整。

バーテンダーは、演奏前に、ウェルカムドリンク一杯無料と言った。演奏前に酒を勧められた。真面目に演奏するなと言うことか?

終演後、お客がコーヒーを頼んだら、早く帰りたいからもうやめて、といっていた。客はでは帰りますと帰っていった。

僕の演奏のクオリティなど何一つ関係がない。

ピアノのシフトを直してやった礼もない。
まあ僕が何をしたのかもわかってないのだろう。

客に挨拶しろ。

ありました。こんな店昔。

こういう、ホステスとアーティストの区別が今一つつかない店がいやで関西離れた、それがひとつの動機であったこと、思い出した。

神戸のBS。

ちなみに黒ゴキブリの幼生が孵化していました。
廊下のパネルの中に蠢いてました。

こんな店絶滅すればよいのに。
関連記事
スポンサーサイト
  1. 2016/05/14(土) 01:29:00|
  2. 徒然と
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<北海道の男の子の無事がうれしかった。 | ホーム | 六月七月スケジュールです。>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://makoppo081.blog52.fc2.com/tb.php/1356-7a532a2a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)