真・の・ブログ

日常的な事、ちょっと考えさせられるような事、まじめな事、不真面目な事、料理の事自転車の事等々等々、音楽の事以外の事を徒然と書き綴っていくつもりです。 が、どうなるかはわかりません。

Thank you! Hokkaido & Okinawa

10/21から昨日11/6まで北海道、そして沖縄を旅してきました。
楽しかった!とてもとても楽しかった。そして実りある三週間でした。

阿部智子の最後の札幌でのコンサートに共演できたこともうれしかった。
板橋夏美ともコンサートしました。なぜか千葉がきました。千葉は阿部智子がカナダに行ってしまうので、阿部に告白しにきましたが、結局告白できずに帰っていきました。
玉村優香と昼夜と公演しました。優香ちゃんのレパートリーのI get along without you very wellを僕はとても気に入って、自分のレパートリーにしました。
長沼タツルは本当に若いけれどもすばらしいギタリストです。きっとこの先本当にすばらしい演奏家に成長してくれると思います。楽しみにしています。
今回の札幌では、串鳥にはいかず、古典家一辺倒でした。後は、金富士に大関むつみと行きましたね。そうそう、平岸のジンギスカン、最高でした!!僕はあそこ以外行かないです今後は。
今回は初日だけ花田くんの家に泊めてもらい、その他はカプセルホテルしかとれなかったのだけど、僕はいたくその場所を気に入りました。今後は定宿にしようと思います。SPA HOTELソーレすすきのです。

今回の北海道のたびのもう一つの目的。にはたづみプロジェクトの仲間と道北を視察するというものでした。
僕が自転車で旅をしたその先で出会ってきた人たちに会いにいく。
初日から最後までいたのは大村亘と中野阿貴でした。彼らが空港からレンタカーを借りて僕を札幌でピックアップして、砂川で菅原昇司をピックアップして、そのまま浜頓別までドライブ。その間、北菓楼の砂川本店でデザート休憩。すばらしいケーキセットに皆大喜びでした。

20151107164031645.jpg

音威子府からちょっと入ったあたりで、車がスリップ!冬の北海道の道の怖さを思い知りました。
浜頓別に到着。コンサートを開催予定の山内さんのお家へお邪魔して、宴会に参加、そして図々しく泊まらせててもらうことになった。こういううれしいハプニングが最高ですね!!

20151107164029098.jpg

翌日は、稚内を視察した。稚内では湯浅さんと合流、おまんにおでんを食べにいった後、マーヴィーへ。今度はマーヴィーでシチューを食べたいな。マーヴィーのママも元気でした。

翌日、留萌へ向けて出発したのはいいのだけど、いきなりスピード違反で止められた。道を間違えて転回したその途端に速度違反。することないから取り締まりやってるんだよ馬鹿らしい。たったの19キロオーバー。サインせずに調書を取らせたので、とても時間がかかってしまった。
留萌へギリギリ到着したら、札幌から阿部智子、そして、途中合流の川本悠自は既に到着していた。
オプトメガネの土田さんと娘さん、超絶かわいいお孫さんとも会えた。
演奏はとても楽しかった。スペシャルなライブだったなあ。

20151107163840574.jpg

打ち上げを終えて秩父別の友達の家へ。というよりも、チャリ旅のときに一度だけあった人の家にお邪魔することに。遅い時間に訪ねたのに起きて待ってくれていた。和美さんという人。とても素敵な女性で、僕と同い年の人。
秩父別で菅原は帰った。深川まで送っていった。
翌日、又浜頓別へ戻るが、その前に豊富へ。今回のたびの目的の一つ、豊富温泉に入った。アトピーによく効くと評判の温泉。湯治客がたくさんいるのだ。
豊富では稚内の吉田くんと稚内のちぐちぐと豊富温泉コンシェルジュの高木くんと皆でジンギスカンを食べた。そして僕の道北での色んなプランを話してみた。
ちぐちぐをつれて浜頓別へ戻る。ちぐちぐは一泊して翌日のライブを聞きにくるのだ。
翌日の山内さんの家でのコンサート。ピアノトリオでのライブ。山内さんは調律師でもある。
アップライトだけどとても良い響きのピアノでの楽しいライブ。一流大村のタブラパフォーマンスをフューチャーした。
終演後、山内さんの奥さんの手料理をごちそうになる。これが本当に最高の料理で、料理する僕の目から見て本当に丁寧に作られていることがわかる。
そういう部分も含めていいコンサートだった。山内さんの友達の森さんにも大変お世話になった。
コンサートには豊富からりこちゃんが来てくれて、稚内に帰るちぐちぐと交代に一泊していくことに。
そうそう!この日はクッチャロ湖畔のバンガローを取ってもらったのだ。めっちゃ素晴らしい。浜頓別温泉も強力な温泉であった。


20151107164026678.jpg


さて、翌々日は北海道を離れる日。浜トンからは遠いので、秩父別の和美さんの家に泊めてもらうことに。
なんとりこちゃんも同行することに。
和美さんはBBBBと綾戸智絵のコンサートを聴きに旭川へ。僕たちは留守中和美さんの家で鍋パーをしていた。
そこに、和美さんから電話がかかってきた。取ったら綾戸智絵だった。あんた!!何図々しいことしてんねん!!と怒られました。
和美さんと夜遅くまで飲んだ。本当にチャーミングな人。
翌日、旦那さんにめっちゃ怒られたとメールが入っていた。
朝起きたらりこちゃんはいなかった。置き手紙といいのに食費などを置いていってくれていた。
感謝!
昼過ぎに秩父別を後にし、中野阿貴は札幌でちゃっかりと仕事を入れていたので、札幌でおろし、僕たち三人は、新千歳へ。
空港で松尾ジンギスカンを食べて、メンバーとわかれた。
全員違う航空会社を選択していた。

ジェットスターで後にした。

一日だけ自宅で過ごし、僕は2日の早朝の便で沖縄へ向かった。
お昼頃那覇に到着し、櫻井萌と公設市場で食事した。いつものきらくが味が変わっており、まずいとまでは行かないけれども、ちょっと残念な気持ちになった。昼間っから泡盛をいただいて宿で少し睡眠を取り、パーカーズムードへ。綾戸は時間の都合でリハーサルなしで、ということ。おいおい!!困るんだけどな・・。
ぶっつけ本番でライブ。パーカーズムードは超満員でした。
演奏はいつもの通りすばらしく、しかし那覇のシンガーの人たちが誰も聞きにいなかったのが残念だった。
終わってから、城間、バーボン、宮良、千秋などのいつものメンバーで明日という居酒屋で打ち上げ。疲れた僕は美栄橋のドミトリーまでタクシーを使った。
翌日は、お客できていた松永くんと、その彼女、店員として働いていた小久保さん、バーボンで公設市場に赤仁を食べに。今度は赤仁をバタ焼きにするという暴挙にでた。

20151107163824395.jpg

翌日は萌のプロデュースで久しぶりのソロの公演。天妃という初めてでる店だったが、感じの良いママとたくさんのお客さんに囲まれて、とても楽しいコンサートだった。終演後お客さんとピノスの娘さんでもある絵麻ちゃん、萌とでカムズに行った。カムズではローズを弾いた。
お客さんは帰り、その後絵麻ちゃんとも干支で焼き鳥屋へ移動して明け方近くまで飲み明かした。
翌日お昼、萌とあじまあでゆんたく。あじまあは化学調味料の多い沖縄料理の中で、珍しく無化調のお店で、お昼はバイキングなので、本当にゆんたくした。つまみたいものをつまみたいだけつまみ、ゆっくりと泡盛を飲む。
宿に帰り、少しににはたづみの仕事をした後、眠ろうと思ったけれども眠れなくてその足でsoundM'sへ。久しぶりのセバスティアンとのデュオはとても楽しかった。お客としてきてくれていた絵麻ちゃんと少しご飯食べた後、ピノスへ連れて行ってもらった。萌が演奏していて、僕も数曲演奏させてもらった。ピノスのママの歌の伴奏もした。仁美ちゃんとも久しぶりに共演した。イケメンといわれた。最近イケメンとよくいわれる。
明け方まで飲んでいたのだけど、お客さんが、今から焼き肉に行くぞといった。朝5時から焼き肉は生まれて初めての経験だった。
それにしても沖縄にいると僕は際限なくご飯を食べることが出来る。一体なんなんだろう??
豊富の温泉でもなおらなかった足の湿疹も沖縄に来るとよくなる。
よほど沖縄が体に合っているのだろう。
翌日はオフを取っていた。絵麻ちゃんと待ち合わせをして、ゴールドホールへ。
あの気持ち悪さを共有したいと思ったのだけど、なんと臨時休業・・・。残念きわまりなかった。
帰ってきて萌と真理子たちと合流してアグー豚のしゃぶしゃぶを食べにいった。めっちゃおいしかった上に、4人で泡盛を一本からにした。そこから二軒目にいった。新たなる合流者もいたのだけど僕は少しパーカーズムードに挨拶がてら顔を出したら、なんと清水ようこがいるではないか!!彼女は素晴らしいシンガーで、共演した。

というような、いろんな人に世話になりっぱなしのとても充実した北海道と沖縄滞在であった。
ここに名を書いたすべての人たちに心の底から感謝の気持ちを表したいと思う。
本当にありがとう!!
又行くね!北海道も沖縄も!!!!

20151107163817027.jpg

関連記事
スポンサーサイト
  1. 2015/11/07(土) 18:01:04|
  2. 徒然と
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<今後のスケジュール | ホーム | 立ち飲み、かずお、ブリの寿司。>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://makoppo081.blog52.fc2.com/tb.php/1338-9d333d3b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)