真・の・ブログ

日常的な事、ちょっと考えさせられるような事、まじめな事、不真面目な事、料理の事自転車の事等々等々、音楽の事以外の事を徒然と書き綴っていくつもりです。 が、どうなるかはわかりません。

北海道五日目 焼尻から天売へ

焼尻の白浜夜営場で寝ていたが、夜中強風でフライシートがバタバタして目覚めた。テントは少々のことでは大丈夫だが外に干してる洗濯物が。
きっちりピンチで止めてあったので無事であったが、この風では動けまいと思い、中途半端な時間に目覚め、少々寒かったこともあり、最悪一日潰すことを覚悟でお湯割りを飲み直した。
九時頃起きて撤収し、港に荷物を全て置いて島の散策に。空荷の自転車は気楽だが、島は自転車を漕ぐのも面倒なほど何もない。途中押して歩いた。
港に戻り、インスタントラーメンを食べようと湯を沸かし野菜を茹でていた。一瞬、本の一瞬のすきに、麺をからすにやられた。あそこまでガッツのあるからすを、これだけ色んなところでキャンプしてきた僕ですら知らない。
天売に渡る船は一日二便。あ、フェリーは。高速船は倍値段がするので考えに入れてない。自転車も輪行。その節約だけで5,000円は浮くのだから。輪行に僕ならば10分かからない。ならば、800円の自転車運賃、バイトの時給として考えたら、一時間だからね。

今は天売島にいる。
ウトウの帰巣を見に行った。
80万羽の帰巣は壮観だった。ウトウは一生つがいで暮らし、巣穴は旅から戻っても同じペアが使うのだそうだ。
30年という人生、いや鳥生を、固く誓いあった二羽で過ごす。素敵だな。
今は山田民宿に泊まっている。
いい加減な宿。風呂は一つしかなく、鍵は壊れてて、床は歪んでる。飯だけ最高!ただ、新鮮な魚を並べただけだが。
埼玉の夫婦が泊まっている。
憧れの暑寒別岳に上ったそうだ。うらやましい。
今は、山田民宿の前の崖の上の、焼尻の集落の灯りの見えるデッキチェア、このデッキチェアは僕の自宅のルーフバルコニーにあるものと全く同じものだが、に座りながら日記を書いている。
明日は雨だそうだ。何しようかな?天塩高校の門の前でテント張ろうかな。吉田豊の友達ですーっ!って。


何もない焼尻の野原。


気を取り直して作り直したラーメン。


山田民宿の夕御飯


ウトウの巣穴
関連記事
スポンサーサイト
  1. 2015/07/12(日) 20:50:45|
  2. 2015.7.北海道チャリ旅
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1
<<北海道六日目 朝 さあ、どうしたものか…。 | ホーム | 北海道四日目 土田さん、焼尻島>>

コメント

北海道の貪欲な鳥

その貪欲な鳥さんをオイラは蝦夷黒鳥と呼んでいます。
知床観光船で、蝦夷黒鳥が゜沢山居るなぁとつぶやいたら、皆さん一生懸命にカメラを向けていましたv-221
  1. 2015/07/13(月) 12:40:08 |
  2. URL |
  3. 驢馬の飼い主 #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://makoppo081.blog52.fc2.com/tb.php/1306-f9b33df8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)