真・の・ブログ

日常的な事、ちょっと考えさせられるような事、まじめな事、不真面目な事、料理の事自転車の事等々等々、音楽の事以外の事を徒然と書き綴っていくつもりです。 が、どうなるかはわかりません。

日和[にわ] 夏(14) 島から島へ戻ると

石垣から戻った。離島から戻ると、少し気持ちが引き締まる。それが例え沖縄本島であったとしても、だ。
無論沖縄滞在は遊びではない。れっきとした仕事だ。それは、石垣とて同じこと。
しかしぼくは、沖縄では午前中目を覚まし、ひとしきり泳ぎ、腹一杯御飯を食べて、しこたま泡盛をかっくらっても、演奏出来てしまう。いくらでも食えて、いくらでも食べれて、いくらでも遊べて、いくらでも寝る。そして、演奏するのだ。
明らかにパワーをもらっているに違いない。
そんな限りなく遊び感覚の沖縄滞在だが、しかし島から戻ると、さ、仕事だ、とモードが切り替わる感じがする。

ところで、なかなか行くことができない沖縄の離島だが僕の感覚では遠い感覚はない。むしろ、北海道の離島は遠い。
利尻、礼文はぼくからの精神的距離は遠いのだ。
今夏、思いきってチャリで訪れることにした。
10年前の新婚旅行以来。
あの時も礼文から本島へ戻ったとき、さ、仕事だ、と思った。こちらは完全なるあそびなのにね。
島はいい。色んな感覚を忘れ去らせてくれるんだ。
時間だとか、仕事だとか、生きる上で、必要なものと、いかにも必要であるような顔をしてるそうでもないもの、を、分けてくれる気がする。それが、島なのだろう。
関連記事
スポンサーサイト
  1. 2015/06/26(金) 16:42:39|
  2. 心の整頓
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<日和[にわ] 夏(15) 本当の意味で幸福になることは難しい | ホーム | 日和[にわ] 夏(13) 石垣で出会った斉藤梯子さんというジャズシンガー>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://makoppo081.blog52.fc2.com/tb.php/1288-81750dc1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)