真・の・ブログ

日常的な事、ちょっと考えさせられるような事、まじめな事、不真面目な事、料理の事自転車の事等々等々、音楽の事以外の事を徒然と書き綴っていくつもりです。 が、どうなるかはわかりません。

日和[にわ] 夏(1) 新たなる苦しい季節のはじまり

妻が出て行ったのは11月の末のことだった。晩秋の、澄んだ空気と、きれいな夕焼けが僕は大好きだった。だが、妻が出て行ったあの記憶とともに、あの晩秋のしんとした香りが僕は苦手になってしまった。
妻と離婚したのも11月の末のことだった。離婚するまでの三年間、それはそれは苦しい三年だった。いや、その三年が苦しかったことに、離婚するまで気付かなかった。
そして、そこから開放されたとき、いや、離婚を渋っていたのは僕なので、開放されたという表現はふさわしくないかもしれない。けれどある意味、それから開放されたそのときから、僕は再びあの晩秋の空気が好きになった。あの空気を感じ取る感受性を取り戻せた。

季節は冬が終わり、春も終わり、夏が始まる。
僕にとって、あの冬の寒い寒い寝室、寒すぎて眠れない程の寝室の寒さ、も、温かい鍋、例えばカジカをぶつ切りにして自家製ポン酢で食べる安くて身も心も温まるあの鍋のぬくもりも、春一番の生温い風も、そうかと思えば寒さが戻ってくるしとしと降る春雨も、埼玉の菜花、のらぼう菜のおひたしも、ついに春が開放されたことを告げるあの桜の喧噪も、桜が散った後の新緑の季節も、ついにあじさいが咲いている今の季節も、全ての季節が僕にとって苦手なものになってしまった。
これから始まる、じめっとした梅雨の季節、夏のいやという程照りつける太陽とアスファルトの照り返し、沖縄のキラキラしたさんごの海、ゴキブリに怯える夜、台風、そしてミュージックキャンプの秋、それら全ても僕にとって苦手な季節になるのだろうか?そうであるならば、僕はこの世の何処で生きていけばよいのだろうか?何を感じて生きていけばいいのだろうか??
未来永劫、僕は、幸せな気持ちを感じることなく生きていくのだろうか?それが僕の定めなのだろうか??
永遠に、苦痛から開放されることはないのだろうか??そんなことをずっと考えて、思考は負のスパイラルに落ちていく。夏の初日。新たなる苦しい季節が始まる。
関連記事
スポンサーサイト
  1. 2015/06/02(火) 00:34:26|
  2. 心の整頓
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<日和[にわ] 夏(2) ルンバ導入!名前募集中!! | ホーム | 日和[にわ] 春(12) 真ウイークが終わり、春も終わる。>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://makoppo081.blog52.fc2.com/tb.php/1272-26108cff
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)