真・の・ブログ

日常的な事、ちょっと考えさせられるような事、まじめな事、不真面目な事、料理の事自転車の事等々等々、音楽の事以外の事を徒然と書き綴っていくつもりです。 が、どうなるかはわかりません。

日記(45)H君ごめん〜俺を過大評価しないで欲しい

今日はお茶の水ナルで久しぶりのライブでした。トランペットのH君とのクインテット。
まあ見事に何の仕事もできないライブでした。
H君の洗練されたオリジナルに手も足も出ず、邪魔しかしなかった。
薄々自分がこういったことが出来なくなっていることは解ってはいたけれども、全く出来ませんでした。
あらかじめ譜面を貰っていたのだけど、パソコンのPDFとかですので、みるのが面倒。今パソコンはほぼ壊れかけで文章書くのが精一杯。そして、プリンターも今家からなくなった。ということもあり、譜面がみれなかったこともあるけれども、それにしても、リハをしたのに何のリハをした効果もなく、全敗。Hくんも、10も年上の僕だから怒らなかったけれども、いい加減怒っているだろう心の中では。
まあええわ。出来ないものは出来ない。サックスのOさんは同世代だが、それ以外のメンバーは皆若者。上手い下手だけではなく、感覚が僕とはもう違う。いろんな意味で勉強になるセッションだった。マコッさんいらつくよ!!と思いながらベースを弾いていただろうと思う、今日からアメリカへ旅立つT君などは。

僕を過大評価している人がたくさんいる。演奏上も、人格上も。
ある人から聞いた言葉。まことさんに共演してもらっていることは、私の宝だ、と僕に伝えたら、僕は、そう思ってもらえてることが僕の宝だ、と答えたらしい。何をかっこつけているのだと。俺と共演していることが宝なわけないだろうと、そういわなければならない所だ。

僕は、元気がないときでも、いつも思いやりが深かったり、きれいな心を持っていて泣きそうになるとメールをもらった。なわけない。俺みたいなカスみたいな男は、ただ単に外面がいいだけのうんこやろうなんだよ。
いや、俺のことをうんこだなどと言ってはいけない。それはうんこに対して失礼というものではなかろうか??

でももしかしたら僕の虚像をみて、元気になっている人がいるかもしれない。
そう思えば、僕の虚像も価値のあるものかもしれない。
しかし、本当の僕は、本当に大事な人を、大事に扱うことすら出来ない、ただのカス男なんだ。

あらゆる自信を喪失している。あらゆる自信を。
元々自信を持っていたこと自体が、信じられない程、自信がない。

それでも許されたい、救われたいと思っている、度し難い人間なんだ。誰も僕を救わなくていい。誰も僕を許さなくていい。
消えてなくなりたい。消滅したい。
どうやったら消えてなくなれるのだろうか??



関連記事
スポンサーサイト
  1. 2015/04/12(日) 02:20:17|
  2. あの朝からの記録
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1
<<日記(46)シークレットライブ〜感情のミックスジュースを飲んだ | ホーム | 日記(44)久しぶりにあった夫婦の音楽家>>

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2015/04/12(日) 10:34:23 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://makoppo081.blog52.fc2.com/tb.php/1241-6157fd9f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)