真・の・ブログ

日常的な事、ちょっと考えさせられるような事、まじめな事、不真面目な事、料理の事自転車の事等々等々、音楽の事以外の事を徒然と書き綴っていくつもりです。 が、どうなるかはわかりません。

日記(38)和音が泣いた〜誰も使わない部屋。

新潟の六日町山の家は、夕食はそこそこ美味しいのに、朝食が大変粗末だった。
いや、夕食も決して豪華ではないのだが、お値段以上の価値の感じられる内容。しかし朝食はお値段以下の代物であった。
そこだけが残念な点であった。
和音を新潟に連れて行った理由は、フォレストアドベンチャーという、ちょっと本格的なアスレチックに連れて行くことが目的。ところが、何をどう読み違えたのか、フォレストアドベンチャーは、4月末からの開催で、現在はまだスキー場営業になっているそうだ。んなあほな!!
仕方なく、一山超えて群馬県水上のサイクルスポーツセンターへ。もはや何度も訪れているのだが、故に和音の成長が見て取れる。前まで乗れなかった自転車に乗れたり、前まで喜ばなかったアトラクションを喜んだり。小雨がぱらついてきたので程々で引き上げた。
埼玉の和音の家に送り届けようとしたら、お父さんと晩ご飯が食べたいとのこと。
やむを得ず回転寿しにつれていき、食べさせた。
家に送り届け、自宅に到着と同時に、元嫁からメールがあり、お泊まり楽しかったと泣いています。又連れて行ってやってくれとの、余りにも嬉しすぎるメールが。
ちょっと前、僕と遊ぶのがいやでいやで、ドタキャンまでかましてくれた和音が、とても喜んでくれた。
嬉しかったなあ。
その後、少し家を片付けた。Yさんがかえってすぐに旅行だったので、片付けていなかった、とはいえ、以前の僕の家に比べたら掃除したて、くらいきれいのだけど、ちょっと掃除をすることにより、気の流れが変わる気がする。玄関を掃くことは日課にしているのだが、玄関の気の流れが少しづつ変わってきたように思える。掃除とは単に埃を掃き清めるに非ず。ということがわかってきた。
この家をきれいに維持することが、僕の心の維持に繋がる。そしてそれが、最終的な幸福な生活に繋がっていけばいいと思う。

Yさんが眠っていた部屋はかつての僕の寝室。今は誰も使わない部屋。
誰も使わない部屋に掃除機をかけ、香油の香りを付ける。
誰も使わない部屋の主を帰りを待つが如く。
関連記事
スポンサーサイト
  1. 2015/04/04(土) 01:04:25|
  2. あの朝からの記録
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1
<<日記(39)無題 | ホーム | 日記(37)六日町再び~フォレストアドベンチャー>>

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2015/04/04(土) 11:36:25 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://makoppo081.blog52.fc2.com/tb.php/1235-d0679559
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)