真・の・ブログ

日常的な事、ちょっと考えさせられるような事、まじめな事、不真面目な事、料理の事自転車の事等々等々、音楽の事以外の事を徒然と書き綴っていくつもりです。 が、どうなるかはわかりません。

日記(36)眠れず迎えた朝〜サボテン

昨夜、案の定全く眠れず、寝床に入ったものの、5時半頃まで眠れなかった。5時半に眠ったものの、又7時半には目が覚め、そこからずーっと、寝床にはいたもののまんじりとせず過ごした。
昨日のブログに書いたように、演奏の興奮による落ち込みからくる反動のようなものがあると思う。
興奮しつつ落ち込んでいる状態。僕たちのようなアーティストは、感覚の中に二つの相反する状態が同居することに慣れている。例えば、冷静に自分の中にある情熱をみたりする、そんなこと。
そういうことに、混乱せず、ありのままに見据えることが出来るので、うつ状態にある自分の状態を興奮しながらみれるという、訳の分からないメンタルになるのかもしれない。

兎も角、寝床にいる僕に元嫁からメールがあり、和音がお昼間父さんと遊びたいといっているという嬉しい連絡があった。ロイヤルホストにスイーツを食べに連れて行くことに。
無条件に僕を癒してくれるのは、和音だけだと思う。和音程親孝行な子供はいないと思う。本当に、どれだけ和音に救われていることか。
和音といるあらゆる瞬間が、驚きと喜びに満ちあふれているといってもいい。
和音を連れて大宮の力へ。今日は昨夜から秋田のYさんが遊びにきている。Yさんにすっかり懐いた和音は夕食まで共にとることになったのだ。
その前に与野のでかいホームセンターへ。そこで、サボテンを二つ買った。一つは和音の、一つは僕の。
いつまでも育っていって欲しい。未だかつて植物がちゃんと育ったことのないこの家も、今ならば育つかもしれない。
新たな空気をこの家にもたらしてくれることを祈りつつ、新たなる友達、サボテンを家に招いた。
たかだか二つで1000円程の小さなサボテンに未来への祈りを託す。
明日から和音と一泊二日で新潟へ旅行に行く。
フォレストアドベンチャーへ連れて行くのだ。僕自身も体を動かすことは、心の健康にいいに違いないし。

和音を学童へ迎えにいった時、曇り空が切れて一瞬晴れ間が見えた。その日指しは既に夏を彷彿させるような強い日差しだった。
もはや冬は忘却の彼方に消え去ったかと思ったが、夜はダウンが必要な寒さ。なかなかあの日を忘れ去ることはできないが如く。


 僕のサボテン。

 和音のサボテン。
関連記事
スポンサーサイト
  1. 2015/04/01(水) 23:18:41|
  2. あの朝からの記録
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<日記(37)六日町再び~フォレストアドベンチャー | ホーム | 日記(35)大村君のドラム〜判断を押し付けないでくれ〜疲れ過ぎて涙も出ない。>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://makoppo081.blog52.fc2.com/tb.php/1233-fd12f881
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)