真・の・ブログ

日常的な事、ちょっと考えさせられるような事、まじめな事、不真面目な事、料理の事自転車の事等々等々、音楽の事以外の事を徒然と書き綴っていくつもりです。 が、どうなるかはわかりません。

日記(34)ピアノ〜さくら?

今日は久しぶりにピアノを弾いた。ピアノを久しぶりに弾いたといった気持ちになった。
ピアノを弾くことは良いことなのだろうとおもう。震災の時、自分のピアノの音で癒された経験があったので、実はピアノを演奏することが精神衛生上よいのだという事は知っているのだが、どうしても家でピアノを弾く気にならなかった。
だけど、今日少しだけ、ピアノを毎日弾こう、という気持ちになった。
明日もライブ。

桜が満開。僕の心の中は未だ冬。まだ43歳になっていない。僕の心の時計はあの時から止まったままなのだ。
関連記事
スポンサーサイト
  1. 2015/03/31(火) 02:15:51|
  2. あの朝からの記録
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1
<<日記(35)大村君のドラム〜判断を押し付けないでくれ〜疲れ過ぎて涙も出ない。 | ホーム | 日記(33)u3chi~ブログの意外な読者の多さ。>>

コメント

坂口安吾より

桜の花が咲くと人々は酒をぶらさげたり団子だんごをたべて花の下を歩いて絶景だの春ランマンだのと浮かれて陽気になりますが、これは嘘です。なぜ嘘かと申しますと、桜の花の下へ人がより集って酔っ払ってゲロを吐いて喧嘩けんかして、これは江戸時代からの話で、大昔は桜の花の下は怖しいと思っても、絶景だなどとは誰も思いませんでした。
  1. 2015/04/01(水) 08:39:58 |
  2. URL |
  3. 鈴木健太郎 #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://makoppo081.blog52.fc2.com/tb.php/1231-963c5e45
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)