真・の・ブログ

日常的な事、ちょっと考えさせられるような事、まじめな事、不真面目な事、料理の事自転車の事等々等々、音楽の事以外の事を徒然と書き綴っていくつもりです。 が、どうなるかはわかりません。

日記(29)玄米〜別れ

今日は、珍しく二食とも玄米を食べた。僕の中で食べにくい主食NO1である、玄米を連食出来るということは、かなり体調が良くなっているという証拠だと思う。
精神的にも安定してきているのだろうと思う。
明日の手巻き寿司パーティーの仕込みをしている。

今日はとても悲しい知らせを聞いた。
先輩ミュージシャンである、井上淑彦さんの訃報を聞いたのだ。
少し前に、具合が悪いということは聞いていた。が、まさか、の気持ちである。
昨日、何気なくとしひこさんのことを考えていた。そろそろ元気になっているだろうから、連絡してみようかな?でももしまだ闘病中なら申し訳ないなあ、と思ったのだ。そんな時、僕ならばどう思うだろうか?僕は連絡をたくさんして欲しい。だけど、多くの人は、連絡をして欲しくないと考えるかもしれない。
u3chiで数年前としちゃんが演奏しているときに遊びにいったのが最後の別れとなってしまった。それも数年前。
そのuさんからとしひこさんが僕とやりたがっているよ、最近は橋爪ばかりやって僕は呼んでくれない、なんていってたよ、と話をしていた所であった。
としひこさんとの共演は、何十回もあるが、何よりも一番印象に残っているのは、僕の結婚式での演奏だ。
皆がおふざけモードで演奏している中、彼だけは真剣に、僕と僕の元嫁に対して演奏してくれた。
その「気迫」は、お祭り騒ぎの出席者に対しても伝わっていった。
あの時の気持ちは僕は忘れない。
としひこさんとも、又やりたい又やりたいと思いつつも、その機会は最後まで来なかった。その機会を作らなかった。越智順子が亡くなったときも同じような思いを感じた。
としひこさんとの録音も、越智さんとの録音も我が家にはたくさんある。

悔いの残らないように、絶えず一期一会と思い、あらゆる人と接していこう。うちの父親などはもう老い先は確実に短い。いつもこれが今生の別ではないだろうか?と、少しは思う。親孝行もするべし。

だが、人と人が別れるときは、どんな別れであれ、必ず悔いを残すものなのだろうか??そんなことを考えた1日だった。
関連記事
スポンサーサイト
  1. 2015/03/25(水) 23:12:51|
  2. あの朝からの記録
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<日記(30)結局一人 | ホーム | 日記(28)無題>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://makoppo081.blog52.fc2.com/tb.php/1226-89591580
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)