真・の・ブログ

日常的な事、ちょっと考えさせられるような事、まじめな事、不真面目な事、料理の事自転車の事等々等々、音楽の事以外の事を徒然と書き綴っていくつもりです。 が、どうなるかはわかりません。

日記(21)人は紙一重で生かされているんだよ。

普段からテレビを見ないのは大方のブログ読者はご存知であるとは思いますが、たまに銭湯などでテレビを見ることがあるんです。
昨日、即ちおとといの2/14のことを、この時間帯ならば我々夜型の人間は昨日といってしまうのですが、昨日はサウナに入りながら少しテレビの天気予報を見たのです。
て大寒波襲来、との報道に少々怯えながら、今日は池袋で午後二時まで用を足し、その足で関越道経由し、北陸道経由し日本海東北道の終点までいって、その後下道を240キロ程走って秋田へ11時半頃到着したのです。
その間、雪らしい雪は関越トンネル(日本で一番長い自動車用のトンネル)を超えたあたりはさすがに積もっていたけれども、といったところで、道中大した雪はなかったのであります。
一体大寒波はどこに行ったのか?秋田はさぞかし寒いかと思い気や、埼玉の我が家の方が遥かに寒々しい。することがないので身も心も寒々しい。秋田の有希ちゃんの家には犬も二匹いるし、リーダーも勤め先から帰ってきていたし、にぎやかとまではいかないまでも寒々しさはない。
有希ちゃんもハーブティーが好きでハーブティーとホットミルクを頂いたし、以前にはなかった暖炉もあり、巻をくべて温かく迎えてくれたのでした。
そんなこんなの前、ぼんやりと、しかし機敏に車を走らせ、庄内空港をくぐり、そろそろ酒田という道、地元の車がのろのろと走っているのを追い越しては、又新たなのろのろの車を追い越し、とやりながら運転していた時のこと、前にはのろのろの車が、しかし、たまたま追い越さずに何となく後ろを走っていたら、前方からトマレを無視した車が飛び出してきて、前の車は危うく衝突しそうになったのです。警笛を鳴らす暇もない程のきわどいタイミングでの飛び出しでした。もし僕が追い越していたら、追い越した速度であれば、その車に激突していたであろうことは間違いない。そうなると、確実にあの世へ旅立っていただろうと思われる。そんなきわどいタイミングでの出来事であった。
人は、間一髪助かった、と良く言いますが、僕は、逆だと思う。
人は紙一重で生かされている、といつも思うのであります。
東日本大震災の被災地などに行って、色んな人の話を聞くと、本当にそう思うのであります。
それはさておき、寒波は一体どこに行ったのだ?
関連記事
スポンサーサイト
  1. 2015/02/16(月) 01:45:41|
  2. 禁酒日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<日記(22)永楽食堂のランチ無くなっとるがな!! | ホーム | 日記(20)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://makoppo081.blog52.fc2.com/tb.php/1182-0045f1d5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)