真・の・ブログ

日常的な事、ちょっと考えさせられるような事、まじめな事、不真面目な事、料理の事自転車の事等々等々、音楽の事以外の事を徒然と書き綴っていくつもりです。 が、どうなるかはわかりません。

身の回りに自民党に入れたひともいなければ選挙に行かなかったひともいない理由。

選挙行かない人が周りにいないとか、自民党に入れた人が周りにいないという声をよく聞きますが、それは何故かといいますと、自分の回りの人は、自分と似た様なヒエラルキーのひとたちがいるからです。
考えてみたら当たり前ですが、例えば僕の場合は、圧倒的に音楽家が多い。また、知り合いの一般の人でも当たり前ですが音楽を好きな人が多い。
音楽を聴く、という趣味をもつ人は、日本人全体の、文化的ヒエラルキーのレベル半分より上以上しか聞かないです。レベル半分以上の人の下半分は、AKBを音楽だと思っている。残りの半分の下半分は、松任谷由実が芸術家だと思っている。残りの下半分は、ようやく洋楽等を聴く。その残りの下半分が、ようやくマイルスデイビスの名前ぐらい知っている。残りの下半分が、ようやくオスカーピーターソンを聞いたことがあるレベル。その残りの下半分はジャズファンです。その残りの下半分が、ようやくライブに行ったことがあるレベル。その残りの下半分が武満徹を知っていて、その残りがようやくエグベルトジスモンチの名前を知っている。
ボーカルのファンの、胸とケツを観に来ている様な下衆なオヤジでも、日本の文化的ヒエラルキーの相当上部にいるという事です。そう、あの下品なオヤジですらね。

当然のことながら、僕の身の回りにいる人間の文化的な階層は日本の平均値を遥かに上回る事となる。

文化レベルや知的レベルは高い階層の人が周りにいるが、経済的にはどうだろうか??
僕の友達は年収500万以下の人で、99%を数えるだろう。
僕の友達で年収1000万を越えている人は、おそらく数人だろう。また、企業オーナーはおれど、不労所得階級はいない。

つまり、僕の身の回りは、高い文化知的レベルでありつつ、どちらかというと貧乏な、労働者階級がほとんどなのだ。
おそらく僕の友人は、日本人の平均よりも、本を読み、音楽を聴き、美術に触れ、テレビを見る時間が少なく、喫煙率は低く、大学進学率は高く、そして日本人の平均より、収入が少ない人が多いはずだ。
そういう人は、選挙に行くし、自民党にいれない訳です。

自民党に入れる人が、文化レベルが低く、経済的に裕福かどうか、は知りませんが。
関連記事
スポンサーサイト
  1. 2014/12/14(日) 23:11:15|
  2. 徒然と
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<地方の古い洋館風の元公民館でのコンサートで起こった大変な出来事。 | ホーム | これからの世の中がどう変化していくのか、僕の考えを述べる。vol.2>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://makoppo081.blog52.fc2.com/tb.php/1155-e7fc3c1b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)