真・の・ブログ

日常的な事、ちょっと考えさせられるような事、まじめな事、不真面目な事、料理の事自転車の事等々等々、音楽の事以外の事を徒然と書き綴っていくつもりです。 が、どうなるかはわかりません。

space潦終わった。

約3年に渡り運営されてきた「銀座space潦」は、2014.9/30をもってクローズしました。

試行錯誤を繰り返す三年間であったけれども、ようやく進むべき道が見えてきた、と同時のクローズになりました。
思い返せば僕の人生は絶えず、一番いい感じの状態から次のステップへ移行してきた。
キムサクは一番いい状態で解散した。その解散がなければ僕の自転車のソロツアーはなかったかもしれない。
いい加減日本に轍を刻んだ結果、それは中津江ミュージックキャンプを生んだ。中津江は更なるステップへ移行する直前に、解散した。
しかし中津江はにはたづみプロジェクトを僕に着意させた。
その逆境は、僕に新しい何かを始めざるを得ない状況に追い込む。
僕の進むべき道は茨の道だ。誰も歩んだ事のない道を行かなければならない。
おそらく、自分自身が満足出来る環境というものに巡り会う事は一生ないと思う。
そこに到達した途端、神様はそれを僕から奪うだろう。僕を必ず一所に留めないように宿命づけているのだろう。それが僕の創作の源となるのだと思う。

三年間のスペース潦が生んだであろう新たなる潮流は、新たなる潦(みずたまり)を形成するのだろう。
それまでまた流浪の旅が始まる。
だが、僕の歩みは孤独ではない。この10年間程の僕の流浪の旅で得た何よりの財産は、共に歩むことの出来る仲間なのだ。

我々潦の精神は健在です。場所は人が作る。であるならば、人があるところに、必ず場所は生まれる。

潦の贈与のバトンは、誰かに確実に手渡すことが出来たと信じています。

最後に、潦に多大な協力を頂いた皆様に、多大な感謝を表したいと思います。
ありがとうございました。






ボヘミヤよ、さようなら。


潦の葬儀に参列してくれた中野阿貴と田中秀幸。


運営委員の早稲田大学卒のエリート、程嶋日奈子。
関連記事
スポンサーサイト
  1. 2014/10/01(水) 14:20:18|
  2. にはたづみプロジェクト
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<11月ライブスケジュールです。ついでに10月のも再掲します。 | ホーム | 今後のスケジュール諸々>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://makoppo081.blog52.fc2.com/tb.php/1141-fd0264d2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)