真・の・ブログ

日常的な事、ちょっと考えさせられるような事、まじめな事、不真面目な事、料理の事自転車の事等々等々、音楽の事以外の事を徒然と書き綴っていくつもりです。 が、どうなるかはわかりません。

胡瓜

久しぶりに自宅でオフ。
ポテトサラダを作った。ポテトサラダにはキュウリが絶対必要だ。僕はキュウリを生のまま食べるのが余り好きではない。ちょっと青臭いような匂いが余り好きではないのだ。無論、食べられない、という程嫌いでもない。食べなくても良い、といった程度だが。
だが、冷や汁や、ポテトサラダに、半分余熱で火が入ったようなキュウリはとても好きだ。キュウリから出てくるスープがその料理にいい香りをもたらす。
もし吹かしたジャガイモが完全に冷めてからキュウリを入れても全然よくない。キュウリからいいスープが出てこないからだ。冷や汁も然り。熱々の出汁にキュウリを入れるから美味しいのだ。
あと、ぬか漬けに一番合う野菜はキュウリだと思う。
ダントツで一番美味しいと僕は思う。ダントツで一位がキュウリで、だいぶ下がって二位が茄子、三位は大根、といったところか。
盛夏、前の日の晩ぬかどこにキュウリを入れる。翌日の朝にはもう浅漬けになっている。
これを食べるも良し。更に一晩つけると、深漬けになっている。これも良し。
だが、本当に旨いのはこれから先漬け続けて、おばあちゃんの肌のようなしわくちゃになった超古漬けのキュウリ。これは糠床を持っている人しか楽しめない味だ。
細かく刻んで、他の古漬けの野菜、例えばしわくちゃ茄子を細かく刻んだものと和えて、生姜を少しすりおろす。これが旨い。
山形のだし。出汁にも僕はキュリはいれない。出汁のキー野菜は絶対に茄子だと思う。
茄子、大葉、ニンニク、梅干し、みょうが等をフードプロセッサーにかける。
オクラ、モロヘイヤ等の粘り気のある野菜は面倒でも包丁でみじん切りに。
それらを醤油であえて出来上がり、だけのだしの美味しい事!
一度、試しにだしにぬか漬けのキュウリを入れてみた。実に普通。だし自体が、軽い漬け物のようなものなので、漬け物に漬け物を入れたところで、余りいい化学反応は起こらなかった。無論、ダメではないが、特筆すべき点はなかった。

これから夏真っ盛りを迎える。さあ、今年は何を作ろうかなあ。
関連記事
スポンサーサイト
  1. 2014/07/11(金) 21:09:11|
  2. 料理のこと
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<中村洋一作曲 組曲東海道五十三次 発売!!! | ホーム | 七月スケジュール>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://makoppo081.blog52.fc2.com/tb.php/1137-e0310531
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)