FC2ブログ

真・の・ブログ

日常的な事、ちょっと考えさせられるような事、まじめな事、不真面目な事、料理の事自転車の事等々等々、音楽の事以外の事を徒然と書き綴っていくつもりです。 が、どうなるかはわかりません。

聡子へ。高校時代の思い出話。

聡子さん。お元気ですか?小生、ふと高校時代のことを思い出し、綴ることにしました。
駄文ですが読んでもらえたらと思います。

小生の通っていた高校は、まるで軍隊のような高校でした。私立の男子高で、偏差値はといいますと50を少し上回るぐらいで、文武により人を鍛えなおす、そして、偏差値60程度の大学に入学させることを目的とする、本当に、何の面白味もない学校でした。
何せ、修学旅行がない学校でした。その代わりに一年生の冬にスキー実習がありました。まさにそれはただの実習で、スキーを楽しく滑るというものではありませんでした。
その学校の体育の授業は、一年の前期後期に分けて、徹底してやります。
一年の後期はひたすら、マラソンでした。そして、一年の前期、入学して初めて教わることといえば何だったと思いますか?なんと!ラジオ体操です!!それを、半年かけて、まるで三時の体操のお姉さんかの如くなるまで徹底的にやるのです。ラジオ体操とは、そもそもアメリカで100年ほど前に作られたもので、もうアメリカでは誰もやらないような、廃れた体操です。それがなぜか日本でだけは、いまだ残っている。そんなものを半年かけてやる。今思えば狂っているとしか思えない学校でした。

3年の後期はバレーボールでした。小生は音大の受験を控えておりました。体育の授業の都度、激しく突き指をしておりました。ネットに指をひっかけてしまうのです。小生は体育の教官に、音大の受験のためにピアノを弾かなければいけないので、体育を見学させてください。といいました。
その教官は、正しくアタックをすれば、突き指したりネットに指をひっかけることはないので、見学を許さない、と言いました。
むろん、反抗することは許されません。
今ならば小生、その教官に対して、エリーゼの為にのピース譜を渡し、先生、これをでは間違えずに弾いてみてください、その運指通りにやれば、誰でも間違えずに弾けるはずです、といってやるのですが。人には向き不向きがあります。そして自分自身の人生の、高校生にとっては大学受験とは大した話です。それに対して、そのような言葉を投げかける先生の、人格を疑います。
文化というもの、芸術というものに対する理解など、何一つない学校、にも、音楽と美術の授業がありました。
一週間のうち2時間、選択で美術か音楽を選択できるのですが、小生は音楽を選択しました。

音楽の先生は、小村先生という先生でした。

2時間連続で行われる音楽の授業。先生は、最初の一時間は、縦笛を教えてくれました。
そして次の一時間は、NHKラジオの名曲番組をエアーチェックしたものを流しながら、聞く、というのが授業でした。当たり前のことですが、生徒たちは寝てしまいます。
そのことを先生は咎めませんでした。
今思えば、その軍隊のような学校においての唯一のオアシスを、先生は提供しようとしてくれていたと思います。

小生は自分がピアノを弾けることなどは特に先生に話してはおりませんでした。
しかし、音大を受験することを決めたのち、その先生にそのことを先生に報告しました。
先生は、であれば、一度皆の前でピアノを披露してくれないか?そうおっしゃいました。
そして小生は、ベートーヴェンのソナタを弾いたと思います。先生は褒めてくださいました。

3年の後期、一応音楽にも試験がありました。それは、縦笛を吹く試験でした。むろん、誰も間違えずに吹くことなどできません。適当でも皆試験には合格でした。
先生の部屋に一人ずつ呼ばれて、一人ずつ笛を吹くという試験。小生もむろん試験を受けました。
しかし、その試験の時に、簡単なその笛の曲、小生はあろうことがつまってしまったのです。
すると、小村先生はこう言いました。その言葉が小生、この学校で学んだものの中で、唯一の、その後の人生においても心に刻んでいるものとなった、たった一つの言葉になりました。

先生は、中村君。頑張っても出来ない人が出来ないことは仕方がない。しかし君にとってその笛の曲は、たやすく演奏することが出来るはずのものだ。だけど君はそれを間違えた。それは慢心であり、仕方のないことではない。そういう心持ちを持っていては、何事もなし得ることはない。

と、厳しい口調ではなく、僕に伝えてくれました。

ふと、そのようなことを小生、思い出していました。

聡子にも小生の故郷を見せてあげたいです。あの、山の連なり、あの川の流れ、見てもらいたいです。


スポンサーサイト
  1. 2018/05/12(土) 13:10:02|
  2. 徒然と
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

転居に伴うお金のこと、よもやま話。

僕は基本的にもちろん貧乏なので、お金のことに関してはうるさい。無駄な出費は極力避けたい。
新居を構えるに至って、様々な出費がかさむ。今回はそれに関してのよもやま話。

新居はプロパンガスである。購入した不動産屋は地元で長くやっている人。その家に元々出入りしていたプロパンの業者の値段を聞いてもらった。そう高くはないとのこと。
基本料金1500円の一平方390円とのこと。高いか安いか判別つかない。
そこで現在使っている東京ガスの使用料金と比較してみた。
東京ガスは基本料金745円、平方単価、134円ちょっと。
ちなみに3月の使用料は11平方。で、請求された金額は2222円。
それをそのプロパンに当てはめると、なんと6000円弱!!約三倍の値段。
そこからプロパン業者を探す旅が始まった。いろんな業者がいるが、大体1500円の平方単価で250~340ぐらい。かなりばらつきがある。がやはり当初のプロパン業者はべらぼうに高かったということが判明。
中に個性的な業者がおり、基本料金500円の、平方単価が340円、基本料金1400円の、平方単価が160円、という二パターンの料金体系を持つ業者。
僕はそこで過去二年間の自分のガス使用量を全部調べ上げた。
大体は10平方以下。少ないときは2平方という月もあった。ところが、多い月は27平方も使っている。どうしたものか?
そこで、二年分のガスの使用量を、すべて2パターンで出してみた。
すると、二年間で、5000円ぐらい、基本料金500円のバージョンが安いことが判明した。
あと、プロパン業者は値引き交渉にはほとんど応じないです。安い業者を自分で探すしかない。


引っ越し業者。
一言でいうと、メジャー業者は高いです。
引っ越し5、6社ほどの見積もりを取りました。いい加減な業者も多く、見積もりの日程の確認の電話がこない、等はざらでした。
うちの家3LDKのピアノ無しの引っ越しの料金は、概ねどこも20万の見積もり。メジャーは、それに数万円足した値段。
どう考えてもピラチン上がりの小さなおっさんが来た。名前も知らないそのおっさんの業者は、17万、という見積もり。値引き交渉すると、15万ぴったり、と言った。その言い方が、安っぽい感じでとても好感を持てたが、僕は10万円以下で引っ越したかった。
最後に見積もりに来た人力引越社、という会社。よそさんはいくらで出してますか?と質問されたので、ンなもん答えられまっかいな、というと苦笑い。
11万と消費税で、と言ってきた。
僕は来た!と思ったが顔は渋そうに、税込み10万ならば今決めてやるよ、と言ったら、税込みは出来ないのですが、と税抜きを9万なにがしかにして10万以下にしてくれた。


家を買うときも、値引いた。最初、一割五分以上の値引きを要求したら、さすがに断られた。それは折り込み済み。向こうは切りのいい値段を示してきた。僕は、それにさらに50万の値引きを要求したが拒否。それも折り込み済み。僕は、では、とクロス張替えと畳の表替えを要求した。で折り合いがついた。

今悩ましいのが、太陽光発電。こればかりは値段が安かったからいいというものではないようだ。
概ね2社で見積もりを取ったが、片方の会社は、見積もりに対して、色々聞きたいことがあるので一度お会いしたい、というと、それは契約の確約が出来たら、と言われた。いやしくも100万単位の買い物に、営業マンが会いに来ない、という。それだけではなく、屋根に上って現地確認してくれ、といったら、それも確約したら、という返事。
話を聞いてみると、屋根の形状や材質によっては、パネルそれ自体を設置できないこともあるらしい。ならばなおのこと現地確認は重要となる。
この怠慢なやり取りを、僕は僕自身の実名で口コミに投稿してやるから、ということをカードにして、もう一社の、そのライバル会社からの値引き交渉している。
それで一万でも二万でも安くなったらいいではないか。

金のことを言うのはやらしい。確かにあまりに言うとやらしいが、向こうもプロ。利益幅の範囲内での値引きを考えている。その駆け引きを僕は嫌いではないし、無様なことであるとは思わない。
プロパンの会社など、はっきり言って無知を利用したぼったくりだな、というのが印象である。

あとはリフォームの会社。どれだけ勉強を要求してみようかな。





  1. 2018/05/02(水) 15:53:28|
  2. 徒然と
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0