真・の・ブログ

日常的な事、ちょっと考えさせられるような事、まじめな事、不真面目な事、料理の事自転車の事等々等々、音楽の事以外の事を徒然と書き綴っていくつもりです。 が、どうなるかはわかりません。

マンションの床に穴が開いた!!

帰宅したらなんとリビングの床に穴が開いており、一階下のFさんの家のリビングが丸見えだった。
何だこれは!!いったい何があったというのだろうか?!慌てて大家さんの門を叩く。
留守であった。もう一度リビングへ戻る。なんと床にもう一つ穴が開いているではないか!!
その穴は下の階まで貫通してはおらず、フローリングが割れているだけであった。
それにしても鉄筋コンクリートの床下の意外なほどの粗末さに驚いた。
フローリングのすぐ下は下の階の天井板なのだね。
兎も角、これは霊現象であると僕は即座に理解した。また、この霊現象は邪悪なものであることを僕は即座に理解することが出来た。
避難したい。すると、叔父から電話があり、今日宿泊する予定だったホテルに泊まらなくなったので泊まらないか?というもの。なんという偶然。しかも、別の叔父からも同様の申し出が。偶然にしても程がある。
兎も角大家にその旨を説明する必要がある。このままでは僕自身が床を破壊したと思われかねない。
大家に会う。これは霊現象であるということを説明するも、全く話が食い違い、すれ違う。
仕方ない。いろんな人にその現場を見てもらおうと、ミュージックキャンプに来ているような友達に声を掛けて結構な人数が集まった。
若干面白半分に、霊現象を見せる、という触れ回りで集めた。
そして、我が家に到着し、そのリビングを見る前に、階上の肉屋、その肉屋の床にも穴が開いていて、往生していると話していたのだ、が、その肉屋を訪ねることとした。




肉屋に入る。あ!!!何たること!!!!!




その穴の周りはきれいに磨きなおされ、工事の人間が入っていた。
どうやらマンションの共同工事のようで、そのことを僕は知らなかっただけのようである。

肉屋の主人は、実は工事のことは肉屋の店員が聞いて了承していたらしいのだけど自分は知らなかったのだ、と言った。
肉屋の主人とものこの謎について事前に話していたのだ。


僕はキャンプメンバーのもとへ帰り、すまん!!これは霊現象ではなかった!!!と謝ったところで目覚めた。


マンションは僕のマンションのようでそうではないような、夢では初めて見た場所。
二人の叔父の一人は故人。夢の中では普通に生きていた。
下のFさんは実在の人。肉屋は存在しない架空の場所。
キャンプメンバーは、大村と聡美ちゃんがいたように思うが、他は親しいけど知らない人という設定の人々であった。制服を着た高校生の女の子もいた。
スポンサーサイト
  1. 2018/04/28(土) 10:44:06|
  2. 夢日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

交通整理員の品質向上を切に望む

以前から思っていたことだが、交通整理員、スーパーなどに来客する車などの整理の仕事をする人の質が低すぎる。


少し前に地下駐車場出口のスロープが上りになっていて、出口の先が見えないような駐車場。そこには当然整理員が立っているのだけど、僕が上がっていったと同時に外から車が飛び込んできて、危うくぶつかりそうになった。僕が、整理員に「危ないだろ!」といったら、「危ないよねぇ」とまるで他人事のように返事した。その入庫してくる車を、体を張って止めるのがあなたの仕事なんだよ。
そのスーパー、クイーンズ伊勢丹北浦和だが、の整理員の態度はそれ以外にもひどいものだった。地下駐車場は駐車チケットを手渡されるのだが、チケット発券所は少し離れたところにあり、発券されたチケットを手渡すために整理員が、緩慢に歩いて持ってくるのを、とっくに車から離れて店内へ向かう体制を整えている僕は待たなければならない。
逆もそう、買い物を終えて帰ってきて車へ向かっている僕に対して、緩慢にチケットを取りに来る整理員に、とっくに車に乗り込む用意が出来ている僕は待たねばならない。
それだけではない。僕が出庫するために前進しようとしたときに、僕の車の前を警備員が横切ろうとした時があった。僕は少し前進したら、あろうことかその警備員は、自分が車の前を横切るために僕の車を制止したのだ。僕は制止を振り切り前進を続けたら、ようやくその警備員は、自分自身の行動が、「客の行動の邪魔」をしていることに気づき、どうぞという仕草をした。
以上のような積み重ねがあり、僕は伊勢丹の管理会社にクレームのメールをした。
しばらくして伊勢丹に行ったら、整理員はてきぱきと仕事をこなし、小走りでチケットを持ってきて、取りに来るようになった。
社員教育の問題であることが露呈した。
しかしその怠惰な伊勢丹の整理員の中で、ちゃんとした仕事をしていた唯一の人は、女性であった。
僕の私見かもしれないが、そういった警備の仕事をしている女性は大抵ちゃんとしているように思える。

あと、警備員には偉そうな人が多いように思う。
僕が、その駐車場の一方通行に気付かず、逆回りに出ようとしたら、違うだろ!と怒鳴られたことが何度かある。
いや、それを指示して正しい道へ誘導するのがあなたの仕事だろう、と思うのだが。
初めていったスーパーや場所において、その場のローカルなルールには気付きずらい。
一度は、赤いコーンが置いてあることに気付かず、それを引きずったら、整理員ところがこの整理員が飛んできて、逆方向だろ!!と怒鳴られた。
いや、俺は客で、それを誘導するのがあなたがたの仕事だろ、といったら、黙り込んでいた。
何かを人に指示をすることにより、自分がその人たちよりも立場が上であると、勘違いしてしまうのだろう。


ろくなものではない整理員だが、ある細い路地を、実は工事の為に迂回をしなければならないのだが、それが全く判別できず、もう引き返せないだろう、というところまで入って初めてそれに気づく、というような場所での出来事。僕が往生していると、整理員がやってきて、申し訳ないと謝罪する。僕は、もうちょっと手前で判別できるように整理しろとクレームを言ったら、もうしわけない。僕たちも頑張っているのだけど、いかんせん警備員の数が足りないんです。出口にもう一人、あと入り口の部分にもう一人必要なんだけどそれを半分の人数でやらされている。会社にも言っているのだけど聞き入れてくれない。と言った。
その問題は、会社の人件費削減が原因であったことが露呈した。
その整理員は、若者であった。人手が足りない中、とても立派に責任ある行動をとってくれた。

こういう言い方はいい方は良くないかもしれないが、コンビニの店員なども含め、世の中高年の男性の仕事の出来なさ、が目を引くことが多い。
気が利かないにもほどがある。なぜかはわからない。リストラされ、再就職先のそれらの仕事に不満があるのか、それとも、今までオートマティックに言われるままに仕事をこなしていただけなので、少しのクリエイティビティ―が働かないのか、それとも老化か、わからないけど、たいてい苛立ちを持つことが多い。

我が家の近くに大きなホームセンターがある。そこの警備員は優秀だ。
歩行者と、一方通行の通行量の多い道路に誘導するのに、ほぼ合理的な誘導を行い、安全に出庫させてくれる。
たいていの場合僕は整理員が行けと言ってもすぐには行かず、自分の目で確かめていく。だがそのホームセンターの整理員の指示には無条件に従っても安全なのではないか、と思えるぐらい信用を置かせてくれる。
そう思える整理員のいる店は、ごく稀だ。

僕は、交通整理とは、ある意味スペシャリストの仕事だと思う。オーケストラの指揮者は、オーケストラの音を整理し、ぶつからないようにするのが仕事。
いわば交通整理員は、車と車のの指揮者のようなものだと思うのだが。
音がぶつかってもだれもケガしないが、交通整理を間違えると場合によっては交通事故が起こる。なのにこの品質の低さは何なのだろうか?ほとんどの場合、いないほうがましだ。

交通整理員の品質向上を切に願う!













  1. 2018/04/25(水) 12:56:23|
  2. 徒然と
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

5月6月スケジュール

5/1(火)三鷹 UNA MAS 中村真、石崎忍as DUO
5/18(金)砂川 北菓楼 中村真、大村亘ds DUO
5/19(土)浜頓別 山内家 中村真、大村亘ds DUO
5/21(月)札幌 Dbop 板橋夏美tb、中村真、大村亘ds
5/22(火)札幌 紙ひこうき長沼たつるgt、中村真、大村亘ds
5/25(金)上尾 プラスイレブン 中村真、ませひろこss、宮木謙介bs
6/6(水)三鷹 UNA MAS 中村 真、中島朱葉asデュオ
6/11(月)中野 ぴぐのうず 中村真トリオwith 片山士駿フルート、落合康介b、大村亘ds
6/14(木)上尾 プラスイレブン 中村真、落合康介b、木村紘ds
6/25(月)~30(土) 那覇パーカーズムード
  1. 2018/04/21(土) 15:56:53|
  2. ライブの事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0