真・の・ブログ

日常的な事、ちょっと考えさせられるような事、まじめな事、不真面目な事、料理の事自転車の事等々等々、音楽の事以外の事を徒然と書き綴っていくつもりです。 が、どうなるかはわかりません。

今年一年を振り返って。

今年一年。ぼくにとっては苦痛に満ちた一年でした。幸福を感じ取る心を失った一年だった。
厄年が明けたと同時にぼくにとっての厄年ははじまった。
いろんな人に迷惑をかけた。いろんな人が僕に救いの手を差し伸べてくれた。しかし自分自身が救われることを望んでいなかったと思う。
リフレクションのツアーもひたすらしんどかった。ひたすら時間が過ぎるのが遅かった。
本当に寒さが身にしみた冬だった。
冬が明けて春になったけれども、心に春が訪れることはなかった。ずっと僕の季節は冬のままだった。
沖縄に行っても心は晴れることはなかった。
ほんの少しだけ、自転車で旅をしたことはぼく自身の気持を上向きにした。様々な出会いがあり、新たな人との潮流が生まれはじめた。
秋を迎え、ミュージックキャンプは新たな動きを見せたと思う。中津江から幾多の挫折を経て、公の事業としてようやく日の目を見る芽が出たと思う。

ぼくの最も嫌いだったこの、晩秋の香り。もう一度冬を迎えたとき、ぼくの心は晴れやかだろうか?そのことをずっと思っていた。
晴れ渡るさいたま新都心の夜景に沈む夕日を見ることが苦痛でなくなる日が来るのかいつも思っていた。
もう一度冬を迎え、ようやく僕の心には桜の花が咲いたようだ。遅かった春。ようやくぼくの心に春が訪れた。

今年一年、何かあったのだろうか?何もなかった一年ともいえるが、あらゆることが起こった一年であったともいえる。
今年一年のことをぼくは生涯忘れないと思う。だけど一刻も早く忘れたい一年でもあった。
スポンサーサイト
  1. 2015/12/23(水) 19:10:19|
  2. 徒然と
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0