真・の・ブログ

日常的な事、ちょっと考えさせられるような事、まじめな事、不真面目な事、料理の事自転車の事等々等々、音楽の事以外の事を徒然と書き綴っていくつもりです。 が、どうなるかはわかりません。

日記(4)ロイヤルホストから大掃除まで。

和音とロイヤルホストに行った。誕生日月は二割引になるクーポンがネット会員になるともらえるのだ。家族の分も登録出来るので、和音の分も登録しておいたのだ。
そういう訳で、二月最後の日は、和音とともにロイヤルホストへ。
本当は夜食事にいきたかったのだけど、先々週に罹ったマイコプラズマ肺炎の調子がまだ良くなく、遊ぶことを許可されなかった。本当はお泊まりしたかったのだけど。
誕生日に一緒にいれなかったので、一応誕生日のお祝いということで、御飯の他にスイーツも付けてあげた。ロイヤルホストのスイーツは、他のファミレスのそれを圧倒する程美味しいです。
値段も大差ない。
その後、田端の病院へ行く。来月は割と暇なので体中ありとあらゆる所を治そうと思っています。
そして帰ってきて、部屋を大掃除した。オーディオ回りを奇麗に掃除した。
数日間かけて家中を大掃除する。
スマートな暮らしを実現する為に。
ちなみに昨日飲んだビール二杯のお陰で、若干だが下痢した。お酒は下痢する。前に永楽で飲んだときも次の日下痢した。
明日は、Y夫妻と神奈川の神社へお参りに行く。
楽しみだ!
スポンサーサイト
  1. 2015/02/28(土) 23:13:55|
  2. あの朝からの記録
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

閲覧注意!ちょっと怖い話。

あれは去年の年末、僕が東日本大震災の被災地のある街、I市に行ったときの話です。
その日は宿に泊まらず、I市のとある食堂(ジンギスカン屋)の二階に泊まったのでした。
いい加減酔い疲れて寝床に寝て、明け方の事だと思います。ふと気付くと金縛りにあっていた。
動こうにも動けない。しかしその金縛り自体は艶かしさすら感じるような金縛りで、薄気味悪さや恐怖とは無縁であった。
でも、体が動かない事は気持ちが悪いので、思い切って金縛りを解いてみた。しかし、あの夢見心地でのエロティックな体験は、むしろもう一度、という思いでチャレンジしてみたのだが、さすがに二度とその金縛りの体験は訪れてこなかった。

翌日、旅の同行者であるシンガーのまたまた「IZAURA」に、明け方に金縛りにあった、という話だけをした。
その日は多賀城のイザウラの友達の「E」さん宅で飲み会があったのだが、それに参加する前に時間があったので、イザウラと僕は別行動をして、Eさん宅で合流する事となった。
Eさん宅に向かうと、既にイザウラは到着して飲んでいた。
Eさんと僕は初対面だったのだが、一目見て僕はこの人はいい人だ、僕と波長が合うな、と思ったのだ。僕は初対面での印象がほぼ外れることはない。これも一種の霊感だと思う。
しばし談笑をする。
イザウラは、Eさんは強い霊感の持ち主で、僕が到着する前に僕が今朝金縛りにあった事をEさんに伝えたらしい。
Eさんは、その霊は若い女の霊で、震災で流されて亡くなったのだけど、ちょっとエッチな気持ちになって現れただけで、全く害のない霊であると行った。
また、その霊は左肩に乗ってきたのではないか?と僕に言った。
僕は、イザウラには上記した内容しか伝えてなかった。しかしEさんはそういった。
僕のその金縛りの時に感じたのは、女性で、エッチな感じ、そして、右肩にその女性の存在を強く感じた。僕は若い、とまでの事は感じられなかったが、肩の左右は別だったけど、ほぼ同じ感覚をEさんは感じ取っていて驚いた。霊感がある人というのは、そういう意味で「見境がない」事は僕も知識として知っていたが、本当に見境がないのだなと思った。
  1. 2015/02/28(土) 00:52:43|
  2. 閲覧注意!
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

日記(3)久しぶりにパスタを作った、そしてジンギスカンを食べた。

今日は、昼間にKYさんが来た。僕が調子悪そうなのを心配して、仕事の打ち合わせついでに来てくれたのだ。久しぶりにパスタを作った。リクエストのあったカルボナーラ。一ヶ月半ぶりに作るパスタ。グリーンサラダも作った。
林檎が余っていたので(和音がくれたもの)をコンポートというかジャムにして、それをヨーグルトに乗せて出した。昔に作ったイチゴジャムと一緒に。
ハーブティーを土産にくれた。レモングラスを主体にしたスパイシーなハーブティー。
とても美味しい。
夜は、北浦和のジンギスカン「十勝平野」にNAさんといった。
2000円割引の年賀状が、二月いっぱいの有効なので、使いに行ったのだ。
先程までうちでお話していた。NAさんは酒飲みなので、うちのプレミア焼酎「川越」を飲んでいたが、僕はハーブティー。
十勝平野でビールをジョッキに二杯頂いた。やはりジンギスカンにはハーブティではなく、ビールが合うね。しかしその二杯で僕は終わり。

今日は久しぶりに寒い1日。寒い中灯油が切れた。
  1. 2015/02/27(金) 23:50:15|
  2. あの朝からの記録
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

日記(2)無題

朝起きた。昨日の夜から抗ヒスタミン剤を飲み始めた。
長年のしつこい皮膚炎、掻き壊しの皮膚炎を治癒させる為に抗ヒスタミン剤を飲みたかったのだけど、酒との相性が最悪なので、チャレンジ出来ずにいた。
酒をやめたので、そのチャレンジも可能となった。
抗ヒスタミン剤は花粉症の対症療法薬でもあるので、今年は花粉症にかかったとしても、気付かないであろう。
今日は、森綾のライブ。ソフトウインドにいっぱいお客さんが入っていた。
色んなお客さんと話した。色々と名刺を交換した。たまたま名刺をもっていてよかった。
ソフトウインドは、この世知辛い世の中に、賄いが出る。しかもちゃんとした御飯。とても嬉しい。

帰って来た。今日は寒い。
巷に春が来ようとも、我が心には春は来ず。
むしろ寒い方が心地よい。
温かくならなければいいのに。
  1. 2015/02/27(金) 01:13:13|
  2. あの朝からの記録
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

日記(1)目医者に行った。

ずいぶん昔からの懸案事項であった、目医者に行く、を今日やってみた。
がんがんなる耳鳴りを放置して、まずは眼科。
ずいぶん昔、結婚する前、そうだ!丁度前妻に結婚を申し込んだ日の事だ。大宮駅のスターバックスで求婚した。その後、大宮駅で目にゴミが入ってどうしても取れなくなり、眼科に行った。
そのときに眼圧を計られて、緑内症がグレーであると診断を受けた。
その日以来、気になっていたのだが、本日眼科へいってみた。
眼圧は問題なし。視力も大幅に落ちていると思っていたら、1.2だった。若干乱視が入っているようだが問題なし。
ライブは大塚のオールインファン。都内でライブをやるのとか、もう既に大分違和感を感じている。
関東を離れようかとちょっと前から思っていたら、先読みが出来る友人に、真さんは関東を離れるべきだ、と指摘された。
子供がいる事を除けば関東に未練はない。
今日は風呂でゆっくりと本を読もう。
読みかけで気になっていたブラジルの探検の小説があるんだ。ゆっくりとハーブティーを飲みながら風呂場で読もう。
疲れた。人生にも移動にも音楽にも貧乏にも、全てに疲れた。
せめて風呂ぐらい入ろう。
  1. 2015/02/26(木) 00:03:59|
  2. あの朝からの記録
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

日記(30)秋田から埼玉へ、下道移動した。

秋田から12時間かけて帰宅した。
13号線が院内で雪崩の為通行止めだったため、やむなく海沿いを山形まで走り、最上川沿いを新庄まで。
その後ひたすら最短ルートを南下する。河北を経由し、市内をパスし、長井を通り、米沢市内に入らず農道を行く。会津若松を通り、西街道を南下、鬼怒川を通り、日光、鹿沼、そして新四号で浦和までだ。
死ぬ程疲れたが、ほぼ高速みたいな飛ばし方で帰って来れた。
寒波?一体何のこと?帰りの下道は全てノーマルで大丈夫な道。実際に目で見る事の大切さを感じた。
会津から逆向きのルートで秋田まで行った事もとても思い出深いルート。
途中後三年で温泉に入った事、横手のイオンで待ち合わせしたなあ有希ちゃんと。
福祉までのキャンプも楽しかった思い出。
リラクシンに寄った時に飲んだウインナコーヒーの味、鳥海山の所で撮った写真、吹浦で東北泉を買った事。
全ての場所は、何らかの想いのある場所。又新たに想いの溝を掘った。そんな感じの日本の旅。
家に帰ってきて疲れを癒す。ちかちゃんのハーブティー。最高に美味しいです。
眠くなってきた。寝ようかな。
  1. 2015/02/25(水) 00:49:18|
  2. 禁酒日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

日記(29)永楽食堂再び。

禁酒29日目にして永楽食堂にて酒を飲んでみた。ビールジョッキに一杯と日本酒を2合程を、2時間半かけてのんだが、もういいって感じであった。必要ないという感じ。結局最後の一口は無理矢理飲み干し、早く帰って有希ちゃんちでハーブティー飲みたい、という気持ちになった。
ビールを一口飲む前は、相当期待した。とても美味しいのではないか?と。しかし、普通のビールであった。
禁酒ひと月ぐらいでは、大したメンタルの変化は期待出来ないのであろう。
とはいえ、やはり永楽の食事を楽しく食べられたし、お酒は無意味なものではないと思った。選んだ日本酒が僕の口にいまいち合わなかったのもあると思う。

寝る前まで飲み続けていた習慣が復活する兆しは全くないし、一体今まで無駄に飲んでいたお酒はなんだったのだろうか?と思う。
飲んでみて、むしろ禁酒の楽しさがわかったといった感じであるね。
飲み終えて2時間が経過し、特に酔いが頭に残っている感じはない。
このまま又禁酒を続けて行こう。
  1. 2015/02/24(火) 00:09:51|
  2. 禁酒日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

日記(28)田沢湖サウンズグッド〜水沢温泉〜膿栓(のうせん)

宿で眠れない夜を過ごした後、有希ちゃんの家に戻ってきて(結局戻ってくるなら家出するのではなかった)軽く寝たいと思ったのだけど、その前に朝食を作り食べた。目玉焼きとトーストとラッシーとハーブティー。
作っていたら、釜石から戻ってきたリーダーが起きてきて、欲しそうな顔をしていたので、つくろうか?と言ったら嬉しそうにうんといったので、同じものを作った。僕の手際の良さを、まるですし職人の技をカウンターで干渉するが如くといったが、パン焼いて目玉焼き作っただけなのだけどね。
1時間程睡眠を取った。その後電話帳やラインなどの縁遠くなったり誰かわからない宛先や、使われてそうにないアドレスを消去する作業をした。なんとなくそういう整理がしたい気持ちになった。
もしかして使われているかとおもい、念のためメールを送信したら、たまたま旧交が温まるようなシーンもあり、意外といい行動だったと思った。
その後、ブルージュのママと有希ちゃんとともに田沢湖へ。僕は水沢温泉へ飛び込んだ。水沢温泉はいまいち好きでないとか言ってた有希ちゃんも、いざ入ってみるとめっちゃ好きとか訳の分からんことを言う。秋田の人間は秋田を知らんね!
サウンズグッドでのソロは、宿泊客もいてこじんまりとしたライブだったが、なかなか濃密なライブだったかもしれない。
ブルージュのママにとても喜んでもらえた。嬉しかった。

鼻うがいをはじめてから、膿栓がよく取れるようになった。膿栓のことは各自しらべて。
小学生のときはよく膿栓が取れていたのだけど、最近取れなくなって、なにかな?と思ってたら、鼻うがいをするようになるとぼろぼろ取れるようになった。
あっても害のないもんだけど、あると気持ち悪い。
今日も喉に膿栓があることは解っていたが、取れなかった。帰ってきて鼻うがいをすると、一発で取れた。
潰してみてにおいを嗅いでみたら、なんと思った程くさくない。膿栓も出来立てほやほやだとあまりにおわないもののようだ。
今年一度も風邪をひいていないのは、鼻うがいをここというときに必ずやる習慣を付けたからか、お酒をやめたからか、どちらだろうか???
  1. 2015/02/23(月) 00:50:38|
  2. 禁酒日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

日記(27)

今日は、1日休みだったのだけど、行った温泉が今一で、秋田にしては600円もする高級な温泉だったのに今一で、これならば普通にザブーンにいけばよかったと後悔した。そしてその気持はどんどんと僕を鬱にしていき、僕はついに有希ちゃんの家を出ることにして、僕は駅前のドーミーインに宿を取った。
ドーミーインは温泉が上にあり、ちょっとした温泉宿に泊まった気分になるビジネスホテル。
バンド仲間からも好評な宿ではあるのだが、秋田にある、宿に温泉が併設されているホテルのうち、僕の想像していたホテルとは違ってた。まあそれはいい。
有希ちゃんと仲違いした訳ではない。宿にチェックインしてから有希ちゃんと晩ご飯を食べに行ったぐらいだから。
ただ、なんとなく、完全に一人になりたかったのかもしれない。余りこういう経験は、ツアー中に感じたことのない気持ち。
明日は田沢湖。それが終わったら泊まらずに埼玉に帰ろうか、それとも泊まって会津か仙台に一泊してゆっくり帰ろうか、悩み中です。
  1. 2015/02/21(土) 22:52:06|
  2. 禁酒日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

日記(26)ブルージュライブ後寿司屋にて

今日は秋田ブルージュでの二度目のソロのライブがありました。
終演後前も行った寿司屋での打ち上げ。
寿司屋は温かいお茶は頼みやすいのですが、お茶ばっかり飲んでたら寝れなくなる上におしっこばかり出てしまうので、違うものが飲みたかったが、メニューにあるソフトドリンクは、コーラ、サイダー、オレンジジュース、以上でした。
食べ物はとてもおいしいお店だったのですが、ソフトドリンクのメニューの非充実感には驚くものがありますね。
僕は絶対に美味しいソフトドリンクのあるお店を作りたいと思います。
  1. 2015/02/21(土) 01:30:05|
  2. 禁酒日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

日記(25)唐松温泉からハンバーグ。

今日は午前中レッスンをしてから何もなかったので、協和の唐松温泉へ。
初めて行くのだが、いかにもお化け屋敷といった風情の、何ともいえない温泉。
秋田は温泉が安くていい。
温泉の建物に入るなり、巻ストーブの燃える匂いが。
風呂上がりに巻ストーブの匂いが服につくがな、と一瞬にして思った。
古ーい蒸し風呂(サウナではない)があり、そのなかで30分程眠ってしまった。とても気持ちよかったが、化け物は多少いると思う。
結局風呂場には殆ど人は来ず、ゆったりとした時間を過ごした。
いく前にハーブティー屋さんに行ったのだが、男の店主の顔が、茹で揚げた白いウインナーみたいな顔だった。
いかにもハーブティー売ってそうな店主の顔だった。
それは兎も角、帰ってきてからハンバーグを作った。
自分の料理を作らせてもらえることに感謝です。
有希ちゃんの家も巻ストーブなのだが、いずれにせよまきが不完全燃焼する匂いが鼻腔に染みる。ここから風邪引いたりするんだよ・・・。
家庭のまきはそこそこの使わないと大変なことになるね。
  1. 2015/02/20(金) 00:58:26|
  2. 禁酒日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

日記(24)WARM STONE~永楽食堂~演奏の事、および耳鳴り。

昨日は長井のWARM STONEにてソロのコンサートがありました。
久しぶりの横沢さんとのセッションも楽しかった。
秋田に前乗りして(高速代が休日だと安いので)秋田から長井まで車で下道移動して行きました。
長井は、演奏したことはないのだけど、よく通る場所です。僕の行動範囲では、会津から秋田へ移動するときに必ず通る場所。そして河北を通って冷たい肉そばを食べる、というのがお決まりのパターン。
今回は、行きは初めて行く定助。帰りは中華のいばらきへ。いばらきは、ふみちゃんがテレビタレント時代によく取材で訪れていたお店だそうです。番組はぴよぴよ卵ばくだん、略してピヨタマ。
帰りの車の中で疲れを感じた時、ああ、有希ちゃんの家に早く着いてハーブティーでまったりしたいな、なんて事をふと思っている自分がいて、人間って変われば変わるもんだなあと感慨にふける。
お湯割をぐっと流し込みたい、という欲求が湧かなくなってきている自分に驚いた。
久しぶりに永楽食堂へ。全開の秋田訪問の折には訪れなかったので、実に1年以上ぶりの永楽。
座敷が無くなってテーブル席になっていたが、その方がすっきりしてよいだろう。
有希ちゃんも僕も飲まないので、ウーロン茶で乾杯。永楽でソフトドリンクで通している団体は我々だけだった。
僕は、別に酒を飲んだら死ぬ訳でも、酒を絶対に飲まないと固く誓っている訳でもないので、飲んじゃっても全く問題ないのだが、飲みたいとそこまで思わなかった。飲んだら美味しいだろうけどしんどくなりそうな気がするのだ。
お陰で今では、寝る直前まで頭の中はすっきりと澄み渡っている。
だが、そのせいで夜遅くに考え事をしてしまう習慣がついた。そうなると悪い方向悪い方向へ思考が進み良くない。
寝る前に考えたことを、朝起きてから考えなおす、という習慣がついた。
それは、混沌として考えた思考が、しかし整頓され前進する、という好循環を生んでいるような気もする。
それとは別に、このところ演奏がうまく行かない。ピアノが思うように演奏出来ない。今までも思うように演奏出来ていたのではないけれども、なんというか、新しい発見がない。進歩がない。
過去の経験値の蓄積の中から選択された音を奏でていて、先へ進めない感じ。
演奏場のつまずきがあったときに、一踏ん張りして新たなステップへの足がかりを作ったりすることが出来なくなってきた。粘りが効かなくなった。こんな感覚は初めてのことだ。
40になったときに、超えがたい壁の存在を予感していたが、これがそれなのか??
僕はそろそろアーティストとしての進歩を終えるのかもしれない。そうなったら僕は演奏するのをやめると思う。
もう少し様子を見るが、所謂スランプ、というものなのかもしれない。
ちょっと、精神的にも体力的にも疲れているだけなのかもしれない。それだけのことであればいいのだが。
耳鳴りも鳴り止まない。高さはB♭ぐらい。昨日より半音から全音下がった。
  1. 2015/02/19(木) 00:44:00|
  2. 禁酒日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

日記(23)

ずーーーーーーーーーっと、耳鳴りが鳴り止まない。いつからだろうか??気がついたら耳鳴りがなっていた。
不整脈に引き続き、耳鳴り。一体俺の体はどうなっているのだろうか??
ちなみに今の耳鳴りはCぐらいの音。Cより少し低いBまでいかない音。
音程をを記録して行こうかな。明日から。
  1. 2015/02/18(水) 00:28:21|
  2. 禁酒日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

日記(22)永楽食堂のランチ無くなっとるがな!!

残念なことに、あの永楽食堂のランチが無くなった。残念なことにディナータイムだけになってしまった。お酒をやめたので、ランチの方がどちらかというと楽しみだったのに残念きわまりない。
今日は、太平山のザブーンにお風呂を頂きに行って参りました。
ザブーンは秋田にいくと必ずいくお風呂の一つ。
市内から若干離れているため、人も少なく、ゆっくりと風呂を楽しむことが出来る。
若干温度の高めのスチームサウナに、限りなく温度の低い源泉風呂があり、サウナの後に源泉に浸かり火照りを鎮める、という好循環が素敵なザブーン。
有希ちゃんがご飯を作って欲しいといったので、何かの煮込み料理を作ることにした。
スーパーにいくと親鳥のもも肉が売っていた。流石田舎!埼玉には絶対にないです。
鶏肉を柔らかく煮込んで、その日の有希ちゃんの気分に合わせてシチューかカレーにするつもりでしたが、有希ちゃんのご要望でホワイトシチューにすることに。
二年ぶりぐらいにホワイトシチューを作った。
他人の為に料理をすると、自分が自分の料理を食べることが出来るので、ありがたいのです。
自分だけの為に、自分の料理をするのはとてもめんどくさいし、美味しくないのです。
鶏を煮込んで、野菜をいれて鍋止めをしてからザブーンへいった。
帰ってきてからホワイトソースを作って鍋に入れた。
いつも思うのだけど、ホワイトソースを作って鍋に入れるのと、牛乳を鍋に入れてからルーを溶きいれるのとでは味が全然違うのだろうか??何気に初歩的な疑問が残るホワイトシチューという料理。
牛乳の変わりにルーと生クリームでもいいのかな??よくわからない料理である。
なんせ、自分の料理は箸が進む。自分の好みの味付けだから美味しいに決まっているのだ。
  1. 2015/02/17(火) 00:53:03|
  2. 禁酒日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

日記(21)人は紙一重で生かされているんだよ。

普段からテレビを見ないのは大方のブログ読者はご存知であるとは思いますが、たまに銭湯などでテレビを見ることがあるんです。
昨日、即ちおとといの2/14のことを、この時間帯ならば我々夜型の人間は昨日といってしまうのですが、昨日はサウナに入りながら少しテレビの天気予報を見たのです。
て大寒波襲来、との報道に少々怯えながら、今日は池袋で午後二時まで用を足し、その足で関越道経由し、北陸道経由し日本海東北道の終点までいって、その後下道を240キロ程走って秋田へ11時半頃到着したのです。
その間、雪らしい雪は関越トンネル(日本で一番長い自動車用のトンネル)を超えたあたりはさすがに積もっていたけれども、といったところで、道中大した雪はなかったのであります。
一体大寒波はどこに行ったのか?秋田はさぞかし寒いかと思い気や、埼玉の我が家の方が遥かに寒々しい。することがないので身も心も寒々しい。秋田の有希ちゃんの家には犬も二匹いるし、リーダーも勤め先から帰ってきていたし、にぎやかとまではいかないまでも寒々しさはない。
有希ちゃんもハーブティーが好きでハーブティーとホットミルクを頂いたし、以前にはなかった暖炉もあり、巻をくべて温かく迎えてくれたのでした。
そんなこんなの前、ぼんやりと、しかし機敏に車を走らせ、庄内空港をくぐり、そろそろ酒田という道、地元の車がのろのろと走っているのを追い越しては、又新たなのろのろの車を追い越し、とやりながら運転していた時のこと、前にはのろのろの車が、しかし、たまたま追い越さずに何となく後ろを走っていたら、前方からトマレを無視した車が飛び出してきて、前の車は危うく衝突しそうになったのです。警笛を鳴らす暇もない程のきわどいタイミングでの飛び出しでした。もし僕が追い越していたら、追い越した速度であれば、その車に激突していたであろうことは間違いない。そうなると、確実にあの世へ旅立っていただろうと思われる。そんなきわどいタイミングでの出来事であった。
人は、間一髪助かった、と良く言いますが、僕は、逆だと思う。
人は紙一重で生かされている、といつも思うのであります。
東日本大震災の被災地などに行って、色んな人の話を聞くと、本当にそう思うのであります。
それはさておき、寒波は一体どこに行ったのだ?
  1. 2015/02/16(月) 01:45:41|
  2. 禁酒日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

日記(20)

今日は、旅支度を整えてから、余ったシチューをたべて、(相変わらず積極的に自炊出来ない)戸田七福の湯へ。
夜は赤羽で友人と食事の予定。
友人の都合が巻いたので、少し早めに七福を後に。
赤羽のファミレスで、40すぎのおっさん二人で、ドリンクバーをお代わりする。
3時間程色んな話をして解散。
なんというか、高校生以来の展開かな。25年ぶりの経験。
新鮮で良かった。
  1. 2015/02/15(日) 02:27:09|
  2. 禁酒日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

日記(19) 香りって凄いね。

今日は、帽子を取りにきたY婦人と、Y婦人の友人のシンガーNさんと、ランチ鍋をした。
キムチが有り余っていたので、キムチ鍋。Yさんは、妊娠中なので、飲まない。Nさんだけがんがん飲んでいた。
昼下がりにKさんのレッスンがあり、それが終わってからJazzmalにセッションにいった。
家に帰ってきて、ちかちゃんにもらったハーブティーを、言われるようにいれてみた。
涙が出そうな程いい香り!鎮静効果のあるハーブティ。心にしみる香り。
ある人に調合してもらった香水、スターアニスを基調にした香りも、心にしみたことがある。
香りって凄いんだなと思いました。
  1. 2015/02/14(土) 01:34:44|
  2. 禁酒日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

恐怖の白い百合の館。(閲覧注意)

泊まった宿、宿というか古い民家のような宿。又何故かイザウラと泊まらざるを得ないはめになったのだが、強烈な霊気を感じる。
僕は余り霊感は強くなく、又逆に霊には強いはずなのだが、それでも不気味な程感じる。
イザウラが、しきりに、窓の外窓の外、という。僕は一体何のことかわからず、ぼんやりと受け答えしていた。
窓の外から確かに霊気は感じられるのだが、それがどうしたというのだろうか??
真さん、窓の外!
もう一度いわれ、彼女の指差す方向を見てみると、モノトーンの庭の中に鮮やかな一本の大きな白い百合の花。これだ!!これが霊気の正体だ!!!
白い百合の花弁には、真っ赤な花粉がたっぷりとついて、美しいが邪悪そのものの様相。
まるで人のよう。いや、雪女、といった表現がぴったりくる。
ふすまを閉めましょう!!イザウラはいった。
ふすまを閉め、布団に入った。
しばらくするとイザウラが叫ぶ!
何と!閉めたふすまが何もしないのに勝手に開き始めるではないか!!
そして、開いたふすまからは、鮮やかな白い百合が先程よりも近い距離に見える。
これはもうヤバい!!本格的にヤバすぎる!!!
この宿から出て行ったとしても、関係ない。そういうレベルのヤバさではない。もはやこれまで、今まで心霊現象に対して、無頓着すぎた、スマホの中の怖い話アプリも全て捨てる!頼むから許して欲しい!!
と思った所で、目が覚めた。
目が覚めても恐怖だった。

それにしても、イザウラが僕の夢に出てきすぎるんだけど・・・・。
  1. 2015/02/13(金) 11:27:09|
  2. 夢日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

日記(18)

今日は、東中野の某宅でプライベートセッション宴会。
5コージーコーナーのシュークリームをおみやげにもって行く。
NYスタインウェイのL型という、ちょっとBより小さめのピアノがあった。
色んな料理でもてなしてもらいました。舌鼓を打ちつつ、セッション。
お酒を飲む人3人と、飲まない人2人。
徐々に酔いつぶれてきたギターのO君。いつも飲まないもう一人のギタリストのSさんに、この酔っぱらい方はどうなの?と聞くと、並の酔っぱらい方、とのこと。
酔っぱらっている人をしらふで見る経験に乏しい、よくわからないんだ。
久しぶりに一日中腹一杯ご飯を食べ続けた。幸せな1日だった。
だけど、その幸せも、刹那の幸せ。
その幸せは、その後に来る寂しさをより強く感じさせる。
  1. 2015/02/13(金) 02:18:22|
  2. 禁酒日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

日記(17)

酒をやめてみて、寝る前に飲む水分量の調節も何となく出来るようになってきた。
寝てるときにトイレに頻繁に起きる、ということもなくなった。
ただ、お酒を飲みたい願望は、前よりもある。やめたときよりも今の方がある。
劇的、衝動的な飲みたい欲求ではなく、夜オフだった、あ、飲みに行きたいな、とか、そんな感覚。
一人で、ウーロン茶傾ける訳に行かないからね、飲み屋で。みんなで行く分にはありだとは思うけどね。
飲みたい、というよりは、飲みに行きたい、欲求かな。特に昨日は都心に用事で出たので、そういうときは特に強くそう思う。
  1. 2015/02/12(木) 13:13:41|
  2. 禁酒日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

日記(16)戦争?

八十何さいのオヤジから、僕が実家にいるときに、(これが意味不明なのだが。直接いえばいいのに)昔貸した戦争の本を返せ、という「メール」がきた。
オヤジは、昭和5年生まれなので、終戦の歳にはいい少年の年齢。ギリギリ学徒出陣に行かずに済んだ年齢だ。うちの母方のおじいちゃんは、明治の最後の歳に生まれた。僕の60さい上だから(壬子です)今103才ですね、はばりばりにビルマに兵隊に行っていた年齢ですね。
ともかく、太平洋戦争、日本でいう所の大東亜戦争を知る人は、どんどん減ってきている。
オヤジから、メールがあり、太平洋戦争のことを、多分死ぬ前にもう一度読みたいのだろう。
オヤジからは色んな話を聞いた。ミッドウェーに行く直前の空母加賀の水兵さんのが、オヤジを良くかわいがってくれていたらしい。無論その人は亡くなっている。
あとは、オヤジの同級生が、「疎開」で沖縄にいって行方知れずになった話とか。
生々しい戦争の話を聞ける、最後の世代、だろうなあオヤジは。
本多千紘のおばあちゃんの話も強烈だったけどね。呉からピカドンの灯りが見えた話とか、大和の建造のときの軍港の物々しさとか。
頭で大東亜戦争は極東の植民地支配から開放する為の聖戦だった、とかいうえせ右翼の人とか、もうちょっとリアリティーのある話をまだ生きている人から聞いたらいいのにね。いや、右翼があかんとはいわんねんけど、頭で考えたことと、心や体が感じたこと、を、少しリンクさせた方がいいと思うんだ。

ともかく、今日は、山本五十六のビデオを見たんです。役所広司のバージョン。いくつかあるはずです。
僕の小学校の先生が、山本五十六の亡くなったときは、軍刀をもって、機銃が体を掃射したのにも関わらず、微動だにせず、がくりと頭を足れ、亡くなったんだ、と教えてくれたが、「見たんかい!!!」といいたかった。見てるわけない。見た人は全員死んでるんだから!!
映画を見て、そのシーンを教えてくれたんだね。大池小学校5年4組の宮川先生。

時代は変わって、戦争の形も変わってきた。ヒロシマとナガサキで落とされた原爆は、ついにその後の戦争で使われることはなかった。
いわゆる、東京大空襲のような、ホロコーストはなくなった。が、そのかわり、先進国による、「目に見えづらい」支配と略奪が世界を覆っている。
それが今起こっている「イスラム国」とやらの「戦争」を生んでいるんだろう。
後藤さんというジャーナリストは、名をもって死んでいったが、イスラムの国々で、先進国による、目に見えぬ支配、「法治国家」という、先進国に都合良く考えられているシステムに於いて、「合法」である搾取であり支配であり侵略に対して、「名をもたず」死んで行くイスラムの子供たちは、一体何人ぐらいいるんだろうか??
弱者が強者に立ち向かうことは悪なのだろうか?北朝鮮が原発を開発することは悪で、アメリカが原爆をもつことは是であるのか??

戦争をやめるのは、弱者の方からなのか、強者の方からなのか?どちらがスマートだろうか??
そんなことをちょっと考えた。ハーブティーを飲みながら。
  1. 2015/02/10(火) 23:51:57|
  2. 禁酒日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

日記(15)

今日は、ハーブティー飲みすぎた。夜は白湯飲みながら考え事する。
  1. 2015/02/09(月) 23:17:44|
  2. 禁酒日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

日記(14)

今日はレッスン生と鍋をしました。生わかめをしゃぶしゃぶで食べるというコンセプトの鍋。
旅帰りで何もないので、買い物などの準備は全てしてもらった。感謝!
鶏胸肉と、つくね、わかめのみで最初はしこたましゃぶしゃぶして食べる。
生わかめって、だしにくぐらせるとさっと緑色に色が変わるんだね!面白い!さっと色が変わった所を食べるも良し、少し煮て、青臭さを取ってから食べても良い。
途中から野菜をいれ、締めは揚げうどん。うどんに小麦粉をまぶしたものを揚げて食べるのだが、これが締めにぴったり。普通のうどんの10倍程迫力がある味に変身する。まるで、飲んだ後のラーメンのように胃の腑にどっしりと落ちて行く。
これはいい!!
生徒さんと、途中から来たシンガーは、誕生日プレゼントにもらった「川越」を飲んでいた。
美味しいと喜んでいた。僕は、ルイボスティーとカモミールティーで通した。
生徒さんでも、来てもらったら、食欲がわいていいですね!
  1. 2015/02/08(日) 23:35:05|
  2. 禁酒日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

日記(13)

今日は、ゆっくりと寝て、とはいえ、余りゆっくりとは眠れず、11時過ぎぐらいにベッドから起き上がった。
今日はやることをやってしまおう。まずは上野さんの家へ糠床を取りに行き、来週からの東北に備え、車のエンジンオイルを変えに岩槻へ。岩槻ついでに岡本セルフでガソリンを満タンに、その後、岩槻のレートのいい金券ショップで金権を換金し、和音と夕食をロイヤルホストで(誕生月はクーポンで20%オフになるのだ!)取るという予定。車屋が早じまいなので、予定を変更し、上野さんの家に行くのを後回しにした。
オイルを変え、金権を換金し、オカセルでガソリンをいれる(117円)。
上野さんの家へ行くと、案の定大きな音でステレオがかかっていた。
コーヒーをよばれながら少し音楽を聴いていた。ドナルドバード、渋谷毅、ロストロポーヴィッチ、などを聞いていた。
和音のお母さんから連絡が入り、熱が出たので食事をキャンセルしたいとのこと。残念だが仕方ない。
和音の誕生日プレゼントのラジコン(祖母からのもの)を渡したかったのだが・・・。

上野さんの家で夕食をごちそうになる。寄せ鍋。飲み物は白湯。
上野夫妻はビールを一本ずつぐらい飲んでおられた。
美味しく頂いて、帰りに美園のイオンにより、ハーブティーを購入、帰ってきて友人と1時間程電話で話をした。
もらったデメルのザッハトルテを食べ、カモミールティーを飲みながらこの日記を書いている。

明日はレッスン日。三人程生徒が来るが、生若布をもってくる人がいるので、それで若布しゃぶしゃぶをたべよう、との会。
うちのアルコールの在庫を全て処分して欲しいのだが・・・。
  1. 2015/02/08(日) 00:34:06|
  2. 禁酒日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

禁酒11日目

ツアー終えて名古屋から戻りました。明け方になりました。
帰ってきたら、とてもとても、辛いことがありました。茫然自失とはこのことか!というようなことがありました。いわゆる、強烈なストレス、でした。
だけど、それでも飲まずにいれました。
僕はとても弱い人間です。だけど、何となく頑張って生きていきたいと思います。
  1. 2015/02/07(土) 05:33:54|
  2. 禁酒日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

禁酒10日目の今日は、レッスンの日でした。

今日は、レッスン日でした。関西でのレッスンの希望者もまあまあの数がいます。今後とも希望する方はどうぞ。少なくとも半年に一度はやっています。蛍池のサウンドインオルゴールにて。
今日はレッスン生が4人。4人ともシンガー。
シンガーの伴奏をするのは、ピアニストにとってとても疲れること。4時間続けて伴奏し、話をすると結構疲れた。
その後、ラスト二人の生徒(とはいえ一人は戯れで来た、かなり一流のプロのシンガー)と宮崎地鶏を食べに行った。蛍池の宮崎地鶏と言えば??

二人はビール、僕はお茶。お酒を飲まなくなって何に気付いたかというと、飲み屋のソフトドリンクのメニューの貧相なこと!!
ウーロン茶(無論ペットボトル)、コーラ、カルピス、オレンジジュース。どれもこれも食べ物に全く合わない。
ウーロン茶などがぶ飲みしたら、酒を飲むより体に悪いよ!!
ホットハーブティーとか、用意してくれているような居酒屋ないかな??
僕がビストロを経営するときには必ずそういうメニューを充実させるけどなあ。

蛍池の駅で解散の後、僕は万博お湯場へ。飲み会が終わってから車を運転して風呂に行く、なんてこと、今までの生活の中では考えられない行動だね。
酒を飲まないという中で生まれてくる、新たな生活習慣にも注目して行きたいね。
  1. 2015/02/05(木) 00:23:21|
  2. 禁酒日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

禁酒9日目 にはたづみの飲み会の後、深夜ドライブ。

今日はおそがけよりにはたづみの飲み会があった。
にはたづみプロジェクトに参加して最も新しい加納星子と、moreの山本尚子を交えての飲み会。
豊中のとり庄にて10時から開催。
僕の余っていた焼酎のボトルをお二方はお湯割で、僕は、お湯で、乾杯。
楽しく、時には真剣に、芸術論や、未来の展望について語る。
尚子さんは話せるね。同じくする想いと少し違う意見を交わした。
実りある時間。
終電はないので、尚子さんと星子を車で送って行った。能勢経由、箕面まで。
とても素敵な深夜ドライブだった。
  1. 2015/02/04(水) 02:09:24|
  2. 禁酒日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

運転しながら考えていたこと。

小倉から大阪まで下道で運転して帰ってきた。13時間!!

長時間運転するのは疲れるが、色んなことを考えられる。
考え事をするのであれば、何よりも自転車に乗るのが一番。足を動かすことにより、脳に血流が増すので、思考力はどんどん上がって行く。だが、車はそうはいかないが、それでも、何もしない時間を持てるので、考え事には向いていると思う。
色んなことを考えた。色んなことを思い出した。重要なことも沢山思い出すのだが、つまらないことも色々と思い出す。

子供の頃、僕の家の近くには、スエヒロ、という焼き肉レストランがあった。
いわゆる、スエヒロ、なのだが、しかしそのスエヒロは、石焼ステーキのスエヒロでした。
今思えば、ぱさぱさの牛肉、そしてそれは、僕の記憶ではオリーブオイルと檸檬でマリネされており、醤油で食べる。これが子供心にとても美味しかったのだ。
取り放題のサラダも魅力だった。サラダバーなんてものではない、ただのレタスに毛が生えたようなチープなサラダだが、あのサラダバーの冷気の感じ、まで覚えている。ドレッシングは白と赤。
メニュー表には150グラム、200グラム、300グラムがあり、何故か、200グラムの値段が割高になっており、母親がそのことを店員に質していたシーンも覚えている。
となりのおっちゃんに連れて行ってもらったこともある。自宅に帰ろうとしたら、自宅に誰もおらず、家に入れなくて連れて行ってもらったのだ。ところが、実は自宅の窓が開いていて、入ることが出来たのだが、連れて行ってもらいたかったが故に、嘘をついて連れて行ってもらった。

その石焼のスエヒロも、今は本町に一軒あるのみ。それも、全然子供の頃のイメージと違う、わくわくするようなものではなく、ただのチープな一口ステーキ。サラダも、同じようなものだが、取り放題ではない。
子供の頃の思い出をたどり、行ったことがあるのだが、後悔した。

あの頃のスエヒロの石焼ステーキが食べたい。それはもう絶対に不可能なことなんだけどね。


そんなことを思いながら、運転していた。
  1. 2015/02/03(火) 00:34:27|
  2. 徒然と
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

禁酒八日目(1日飛ばした)

禁酒も一週間を超えた。禁酒しているのではなく、酒を飲むのをやめたのだが、まあその辺りの言葉上のニュアンスはおいておこう。
昨日は、リフレクションのツアー最終日で、マックスオーディオの大原さんの素敵なご自宅での打ち上げでしたが、棚にはありとあらゆるお酒、しかも高級なお酒が並び、どれを飲んでもいいといわれた。
唯一酒が飲めるメンバーである小泉やよいは、喜んで甘口の赤のスパークリングを飲んでいた。
僕は、美味しそうだなと思った。
また、奥様が作ってくれた、家庭料理の数々が余りにもクオリティーの高い家庭料理で、ついつい食べ過ぎてしまったのだが、おいしい料理にはおいしいお酒が飲みたい、と、正直に言うと思った。
そういう意味でも、お酒はゼロじゃない。だからこそ、やめるのは難しいんだなと思いました。
まあ僕は、やめたので、難しいもへったくれもないのだけど。やめるのは難しいもんなんだよ、って一般論のお話でした。
  1. 2015/02/03(火) 00:21:57|
  2. 禁酒日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

禁酒六日目 酒の精神的依存について。

僕は今迄のところ、何の苦しみもなくストレスもなくお酒をやめられています。
夜中にトイレに立つ頻度が上がりました。それは、お茶を飲みすぎているからだと思い、寝る前はお茶を控えることにします。
また、眠りが浅くなるというのも、峠を越しそうです。
既にこの時間でかなり眠いです。
また、酒を飲むと朝起きたときに不安な気持ちになります。酒の薬理効果だそうです。そういう、憂鬱な朝を迎えずに済むことも、禁酒の良い所だと思います。

それは兎も角、僕は、禁酒が、禁煙よりも難しいとするならば、それは精神的依存だと思います。
酒を飲むという「習慣」は、数週間、いや、長くても数ヶ月以内に無くなると思います。が、酒に対する依存心を完全に無くすのは難しいと思います。
具体的には、例えば、強烈なストレスを受けたとしましょう。例えば近親者が突然死んだとします。
そのストレスから逃れる為に、酒を飲んでしまわないとは、言い切れないと思います。
僕は、以前煙草に依存していましたが、今。仮に近親者が死のうが、自身ががん宣告を受けようが、そのストレスが喫煙に振り向くことは絶対にない。喫煙に対する依存はもう僕には完全にないです。が、酒に対する依存心は見えない所で強烈にあると思います。
しかし、これは、酒を飲む「習慣」をもつ人、でなくとも、起こりえる依存だとも思います。
例えば、お酒を飲んだことがあり、その気持ちよさを知っている人で、酒を飲む習慣がない人でも、強烈なストレスが引き金となり、飲酒依存に陥る可能性は、あるのではないかな?と思います。

酒を飲む、ということに対して、今まで深く考えてきたことがないけれども、考えれば考える程、飲酒のもつ依存度の高さ、に驚きます。

そのことを知って、自らを律する。ストレスを感じたときに、それを飲酒に振り向けないように、意識して行く。それを繰り返すことによって、飲酒に対する依存心を断ち切ろうと思います。
  1. 2015/02/01(日) 00:45:04|
  2. 禁酒日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0