真・の・ブログ

日常的な事、ちょっと考えさせられるような事、まじめな事、不真面目な事、料理の事自転車の事等々等々、音楽の事以外の事を徒然と書き綴っていくつもりです。 が、どうなるかはわかりません。

消費税増税に伴い、感じている事を書いてみた。

ずいぶん前に消費税が導入された時、しつこいぐらいに便乗値上げを禁止する風潮があった。又便乗値上げをお互いに監視しようとする風潮があった。が、今回の増税に関して、それが全く見られない。何故だろうか??
今回の政権は、物価を高騰させたいというもくろみがあるようだが、消費税増税は、その含み効果も狙っているのだろう。
例えば、近所の銭湯は、550円だったのが600円に値上げになった。消費税の計算は難しけど、どう見ても3%の増税には見えない。
JRも一円単位での値上げは、SUICAに於いては適応されるが、券売機に於いては運賃繰り上げとなる。
消費税を価格に取り入れられるのは、SUICAのような、プリペイド式の一円単位での支払いが可能な大企業に於いては簡単に可能だが、小さな飲食店のような店では困難を極める。
その結果、少し消費税分は上回ってしまうが、価格を上げるか、それとも価格を上げずに現行の価格のまま販売するか。
おそらく後者の選択をする小店主は多いだろう。(前者を選択は、便乗値上げと言ってもいい)

その場合、一体どのようなことが起こるか。
例えば、知り合いのドラマー富樫君の副業のたこ焼き屋を例にとって話をしよう。
彼にとって副業とはいえそれは精神的な意味合いに於いて。収入的な意味合いに於いてはたこ焼き屋が本業だろう。
彼は言っていた。不景気なので、飲みにいくのを諦めて、たこ焼きでも買おうか、という人が減ってきているらしい。ちょっと儲かったので、たこ焼きでも買って帰ろう、という動きに変わっているらしい。そういう店で、値上げは難しいだろう。
彼は価格を据え置きで勝負する。
彼が「消費」する原材料である、たこ、小麦粉、ねぎ、卵、生姜、たこ焼きを入れる経木の皿、爪楊枝、そして水道代、ガス代、電気代、仕入れに向かう車のガソリン代、それらの維持費、その他諸々の経費全てには、消費税がかかる。
そして、価格を据え置いたことにより、彼はお客さんが「消費」した彼のたこ焼きに対しての客が支払うべき消費税を、彼の売り上げから支払うことになる。
弱小商店に対しては、消費税は、実は消費税は3%の増税に非ず、6%の増税となるのだ。
富樫君の肩には、6%の増税がのしかかっているのだ。

僕は、21世紀は資本主義的な時代が終わりを告げ、精神主義的、贈与主義的な時代へ、「好むと好まざるとに関わらず」移行していくと考えている。
そして、その社会システムの縮図を、space潦、ならびににはたづみプロジェクトに於いて体現している。
その移行は、好むと好まざるとに関わらず、移行する。が、今回の安倍政権においてなされている事は、時計の針を相当逆回転させる悪政だと僕は思っている。
企業を元気にさせて、景気回復するのではなく、富の偏在を是正すべきだと僕は考えている。富めるものが、富まざるものに贈与していく時代。
そのシステム自体に疑問はあったが、ETC割引も無くなる。
ガソリン代は一体いくらになるのだろうか??

些末な政治的な事柄に余り興味がないけれども、一連の政策に対しては、かなり危機感を感じている。
物価は高騰し、賃金は上がらず、生活は更に困窮し、一部の企業がバブルのような金を得ていっときは潤うが、その潤いは長くは続かない。2年後、いや一年後にはその反動が来るだろう。残るのは、高い物価と高い税金。
最悪の場合、街はスラム化し、それこそ機械の体を持つ裕福な階層と、生身の人間の超絶貧乏な社会構造を持つ、銀河鉄道999の世界が到来するかもしれない。

危機感を感じられる方は、よかったらシェアをしてください。



スポンサーサイト
  1. 2014/03/26(水) 12:49:26|
  2. 徒然と
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

僕が今まで歩んできた音楽人生を、山登りに例えてみた。

幼いころから、自宅の窓から遠くに見えるあの山が好きで、登りたいなあと思い続けていた。
大学の頃、二十歳ぐらいから、本気でその山に登ることを決意した。

登り始めたその憧れの山。そこは深い森。まっすぐ進んでいるのかどうかも解らない。コンパスの使い方もままならないので、読図も微妙。今居る位置が果たして正しいのかどうかも解らない、とにかく不安との戦い。
木の根っこに足を取られてねん挫。その治療でしばらく前に進めない。
ようやく治って調子良く登り始めたと思ったら、すぐに今度は長い下り坂、果たして本当に頂上に向かって登れているのだろうか・・・。

結構迷走もしただろうが、そんな事を10年も続けていただろうか、ある日突然樹林帯を越え、視界が広がる。
すると、憧れていたあの山の頂が見えるではないか!!
そこには水場がありちょっとした居心地のよいテン場。(テントが張れるところ。)
少し休憩をする。
しかしここで休憩を取りすぎてしまうともう前に進めなくなるような気がした。
仲間はまだここで休んでいく、というが、ぼくは山の頂きに向けて進み出した。
樹林帯にいた時とは違い、道はどんどんと傾斜が強くなって、体力的には辛くなってくる。が、頂上が見えるだけ、気持ち的には楽だし、そのきつい傾斜を登る事が楽しくなってくる。
技術的に難しい場所があっても、どうすればそれを克服出来るかが解るので、それは楽しみとなるのだ。

そのままどんどん10年も進んで、僕は40歳になった。
もはや登山というよりは、攀じ登る、といったレベルの傾斜になってくる。
ハーケンを打ち、自分の身を確保しながら、一歩一歩、攀じ登っていく。
登っていくうちに徐々に頂上が見えなくなる。何故ならば、その頂の直下の壁に取り付いたからだ。
樹林帯にいたころは先が見えず不安だったが、雨風や雪からは木々が守ってくれていた。木の実や茸もその辺に落ちていて、食べるには困らなかったなあ。沢の水も近くにあったし。
壁の上は突風が吹いたら確保しているとはいえ吹き飛ばされそうになるし、雷も凄まじい。
雪が降ったら凄まじく寒いし、雪崩が起きるのも恐ろしい。
壁もレベルが上がってきて、オーバーハング(垂直以上の壁)が現れる。
越えられるだろうか?
何気なく下をみてみると、10年前に一緒に樹林帯を越えた仲間がまだテン場で酒盛りをしている。
僕も頂上を目指すのではなく、あのテン場で酒盛りをしながらセッションしていればよかった。ならばこんなに辛い思いをしなくてもよかったのに。

しかしもう、山を下る事は無理だ。一旦取り付いた壁は上り詰めるか、あとは滑落して死ぬしかない。
樹林帯にいるときは、幾ら辛くても、死の危険はなかったものなあ。そう思えばあのころは楽だったんだなあ。

過去の事を思い返しても意味がない。
僕は、一生かけて、この山の頂を目指す。山を登り切るしか、僕には残された道はない。
もし登り切ることが出来たなら、誰も見た事がない風景を、見ることが出来るのだ、と信じて。


といった感じです。






  1. 2014/03/20(木) 01:58:17|
  2. 徒然と
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

キムチ今冬5株目

今回は、ヤンニョンに200グラムのあみの塩辛を入れ、いつもより野菜を小さくスライスした。というのは、今回はペチュキムチ以外に、オイキムチとカクテキを作ることにしたからだ。
白菜は半日天日に干し、一日塩漬けにした。日本風の白菜キムチの作り方と同じ。
また、糊の量をいつもより増やし、粘度も少しゆるめにした。
ヤンニョンに使った具材は、上新粉をお湯でといたもの(糊)、大根、大根葉の塩漬け、人参、エゴマの葉、にら、いりごま、ニンニク4かけら、生姜、林檎一つ、煮干し二匹、干し椎茸二枚、唐辛子いい感じ。
又今回は、大根葉をついでに塩漬けにしたのだが、それに余ったヤンニョンをなすり付けてキムチにした。
なんというのだろうか??
ヤンニョンの作りすぎ対策としては、オイキムチやカクテキを作るというのがいいと思う。
本当はヤンニョンのレシピも変える方がいいのだろうけど、あくまでついでの制作なので、よいと思う。

つぼの中には、下からカクテキ、オイキムチ、ペチュキムチ、大根葉、の順に、層になって保存している。

  1. 2014/03/19(水) 20:28:24|
  2. 料理のこと
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

目に見えない存在を感じ取れた。UFO?妖精?



真っ昼間、ビルの谷間から見える青い空にステルス戦闘機が唐突に現れた。真っ白な機体を物理学の法則ギリギリに動かし、何かを追いかけているようだ。
それの出現は更に唐突だった。何もない空中に白い壁が唐突に現れたと思ったその瞬間それはあり得ない高速で急上昇したかと思えば、平面から立体的な正五角形の形に一瞬にして変わり、そしてきらりとした光を残し、一瞬にして消えた。
ステルス戦闘機は旋回し、消えた物体を探しているようだが、まるであざ笑うかのようにその物体は戦闘機の後ろに現れ、今度はまるで立方体を展開したような形が、空中を屏風のように折り曲がりながら移動していく。
「一体あれはなんだ?」明らかに地球上に存在するものの動きではない。
ふと気付くと、そのものは、僕の目の前に存在していた。いや、厳密に言えば、存在していない。だが、僕にはそれが目の前にいる事を感知することが出来た。
「お乗りなさいよ」ふと横を見ると、ピンク色のワンピースを着た6〜7才の少女が横にいる。それも、厳密に言えば、いないのだが、感じ取ることが出来る。
確信はないが、これはどうやら四次元の出来事のようだ。我々三次元に住むものにとっては、四次元の動きは理解出来ないのだろう。色紙を二次元とすると、それを三次元の人間は折り曲げる事により、はじをくっつけることが出来る。二次元に住むものにとっては、何故遠く離れた向うの角が目の前にくっつくのか理解出来ないだろう。それと同じような事が起こっているように思える。
しかし、何故か僕はそのことを直感的に理解することが出来た。おそらく他の誰にも見えないだろう目の前の乗り物に、そして他の誰にも見えないだろう少女とともに乗り込んだ。


そこに質量は確かに存在するのだが、それは目には見えない。要するに僕は宙に浮いているのだ。目に見えない機体は、しかし何故か関知することが出来る。動きは高速で動いている。超高度から地面まで、商店街の人と人の間を飛んでいるかと思えば、あっという間に成層圏まで移動する、そんな感じなのだが、全く動きを感じ取ることはできない。
でも確実に移動している。まるで夢を見ているよう。何とも不思議な感覚。

「どう?楽しいでしょ?」少女は僕に言った。
機内には、他にも数人の子供たちがいた。誰が操縦している訳でもないこの機体。もしかすると、この機体は、子供たちの思念が動かしているのかもしれない。

子供たちと僕との間に何ともいえない繋がりと信頼が生まれていることを感じられた。単なる感情を通り越した、繋がりと信頼。神、の存在を関知出来ない動物は人間だけだそうだ。他の動物は全てその存在を感じ取り、そして幸せを感じ、生きている。
一つ違う次元の中に存在する「感覚」。四次元の感情、といってもいいかもしれない。
とにかく、今まで感じた事がないような感覚なのだ。

子供たちは僕を、都会の雑踏の中に降ろした。
その機体は、誰にも見えない。だが、子供たちはその機体を、時々三次元の我々にも関知出来るように、いたずらに調節するのだ。ステルスはそうやってあざ笑われたのだ。
「さようなら」子供たちは雑踏の中歩く僕の周りを回る。
機体はもうどこにもなかった。いや、あるのだろう。子供たちの思念の中に。
子供たちは、雑踏の中、僕の周りにいる。
いや、いるのだろうか??感じ取ることはできる、が、僕の目にも見えない。
ふとした拍子に、現れる。三次元のみんなに見えるように現れる。
人々は驚く。だが、目の錯覚だとか自分を納得させる理由を見つけ、存在を認知しない。
それは彼らのいたずらなのだ。世に言う「妖精」というものは、この子たちの事なのだろう。
おそらく僕が乗った機体は「UFO」と言われる乗り物だ。
それは、子供たちの思念が作っているのだ。いや、空想の産物なのだ。
雑踏のなか、僕は幸福を感じていた。我々は、目には見えない存在に、見守られているのだ、ということを、言葉にはしがたい理解を得た幸福、を感じていた。

  1. 2014/03/15(土) 12:29:48|
  2. 夢日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

4月5月ライブスケジュール

あらかたスケジュールが出そろってしまったので、旅に出る前にスケジュールを更新します。


4/4(金)朝霞台 停車場 紺野智之ds3、吉田 豊b、中村真
4/11(金)札幌 ジャムジカ 玉村優香vo、中村真DUO
4/12(土)昼:発寒 イオン 中村真3、板橋夏美tb、北垣響b
4/12(土)夜:札幌 くぅ 花田進太郎g、中村真セッション 柳真也b、伊藤宏樹ds
4/13(日)札幌 メイプルリーフ 蛇池雅人as、阿部智子vo、中村真
4/14(月)小樽 グルービー 蛇池雅人as、中村真
4/15(火)札幌 ジェリコ 蛇池雅人as、柳真也b、舘山健二ds、中村真
4/16(水)平岸 K's bar 中村真ジャズワークショップ
4/19(土)銀座 space潦(にはたづみ)中村真pfソロ 水隠る星磨き
4/22(火)池袋 インディペンデンス 房原忠弘tp、吉木稔b、力武誠ds、中村真
4/27(日)江古田 ソルトピーナッツ 橋爪亮督ts、中村真DUO
4/30(水)会津 太郎焼本舗 中村真ソロ ゲスト:渡辺真知子vo


5/2(金)昼:登米 麺屋文左 中村真ソロランチタイムコンサート
5/3(土)仙台 JAZZ ME BLUES NOLA 中村真ソロ
5/5(日)山形 ノイジーダック 中村真ソロ
5/14(水)銀座 No bird EMiKO VOiCE(vo)、中村真


関西近郊 真week!!

5/21(水)岡本 ボーンフリー 岩宮美和vo、中村真
5/22(木)難波 ミュージックラフト 儀保貴子vo、中村真DUO
5/23(金)岡山 インターリュード 末元紀子vo、中村真DUO
5/24(土)昼:朝潮橋 ピアノバーキヨミ 末元紀子vo、中村真DUO
5/25(日)夕方:豊中 我巣灯 城間巧介gt、中村真セッション、宮野友巴b、吉川元ds
5/26(月)岡本 ボーンフリー 城間巧介gt、中村真セッション、宮野友巴b、吉川元ds、ゲスト:溝口恵美子
5/27(火)伊丹 ウィナー 大森秀斗史ds、小山彰太dsセッション、宮野友巴b、中村真
5/28(水)梅田 ジャズオントップACT3 當村邦明ts、中村真DUO
5/29(木)六甲 里夢 中村真トリオ、荒玉哲郎b、竹田達彦ds
5/30(金)梅田 クレッセント 谷山和恵vo、中村真DUO
5/31(土)六甲 里夢 溝口恵美子vo、中村真DUO
6/1(日)名古屋 スターアイズ junko(vo)、中村真DUO 
6/2(月)名古屋 スターアイズ 木原鮎子vo、中村真DUO




  1. 2014/03/05(水) 23:38:59|
  2. ライブの事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0