真・の・ブログ

日常的な事、ちょっと考えさせられるような事、まじめな事、不真面目な事、料理の事自転車の事等々等々、音楽の事以外の事を徒然と書き綴っていくつもりです。 が、どうなるかはわかりません。

北朝鮮の行動が同義に悖るわけではない。

僕は断じて左翼ではないし、北朝鮮に対するシンパシーもない。
が、公平に物事を見ようとしているし、メディアに対してのリテラシーを心がけようとしている。
北朝鮮の核実験に対しての批判の意見が相次いでいる。無論、我が国にとってそれは脅威となる事柄であろう。だが、僕は日本国民であると同時に、朝鮮にも朝鮮国民がおり、そのひとたちも自分たちの立場で生活している人がいることを忘れてはいない。
北朝鮮の人の立場に立って考えてみよう。
周りにはロシア、中国、といった北朝鮮に対して比較的好意的な国家がある。
そして、韓国、韓国と北朝鮮、お互いにとって特別な国家。
そしてその外には仮想敵国日本、米国がいる。
日本には米軍が駐留する。
考えてみれば、アメリカが「その気」になれば、罪をでっち上げ、罪国に兵を入れ、その国の国家の価値をねじ曲げてしまうこと等容易く出来てしまう。
イラクの例を挙げるまでもない。
そういう国と「意見」が合わない国がいても当然だろう。
中国やロシアは、「気持ち的」には北朝鮮の見方だろうが、米国との様々なやり取りに於いて利益が生じるとしたら、簡単に北朝鮮を見捨てるだろう。
エネルギーも乏しい北朝鮮が、自立し自活する為には核兵器開発、原子炉開発もやむを得ない、と考えたとしても当然のことだろう。
無論、北朝鮮が核武装することは我が国にとって「脅威」である。が、それ以前に北朝鮮にとって周辺国は圧倒的に「脅威」だろう。
核開発が道義に悖るわけではない。大国は皆やっていることだ。
それを北朝鮮が行ったときに同義に悖るように思われるのは、宣伝による効果によるものに他ならない。
思えば、大東亜戦争の折に欧米はこぞって日本を孤立せしめた。
それと同様のことが今北朝鮮に対して行われていると何故想像出来ないのか、むしろ不思議だ。
想像力の欠如は、不信感を生む。不信感は脅威を生むのだ。
北朝鮮は、日本の鏡なのだ。
しかしその連鎖は誰かが断ち切らねばならない。世界に先駆けて、我が国がそれを担おうではないか。






スポンサーサイト
  1. 2013/02/13(水) 15:10:38|
  2. 徒然と
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

子供カレー



かずと夕食。何が食べたい?と聞いたら、カレーとのこと。カレーは苦手料理ではないが、子供向きのカレーは作ったことがない。
和音は特別辛いものや刺激的な味を苦手とするのだ。
ハードルの高いお題を頂いた。
ルーも僕は無添加のものか自家製のルーを使うし、子供向けの子供騙しみたいなカレールーは使いたくない。
故に、カイエンヌペッパー抜きのカレー粉を探したが、そう簡単に手に入るものではなさそう。
やむを得ず、市販の子供カレールーの中で無添加のものを探し出し、使うことに。

下味を付けた鶏肉を皮目からバターでこんがりと焼き目を付け、水から煮ていく。
あくを取り、しばらく煮て鍋止め。
鶏を焼いたフライパンで人参とタマネギを炒めて塩味を付け、寸胴へ。
ジャガイモとマッシュルームを炒めて寸胴へ。
ウスターソース二種類、トマトケチャップ、トマトピューレ、ヨーグルト、炒めた林檎摺りおろし、蜂蜜、ココア、等を入れてしばらく煮込む。
和音にスープを試食させてみたら一言、「甘っ」
市販のカレー粉をほんの少々加えてみた。「甘っ、うまっ」よしこの路線で行こう。
子供用のカレールーを半量溶き入れて味を見る。まずくはないがちょっと立体感に欠ける。
いつものカレールー甘口をほんの少し入れる。かなりスパイシー。分量を間違えると大変なことになるだろう。
塩味と軽めの胡椒で味を整える。
それなりに複雑な味もしつつ、甘くて食べやすい、大人が食べても美味しい、子供カレーの出来上がり。



  1. 2013/02/11(月) 20:11:06|
  2. 料理のこと
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

キムチ作り続いています。




キムチ作り、慣れてきて白菜一つのキムチ30分で漬けられるようになりました。
レシピを少し変更。白菜を塩水に漬け込む濃度を上げ、そのかわりあみの塩辛を減らした。
若干生臭さを感じたから。
そのかわり、干し椎茸を少し増やした。
作り方は簡単。大きめのボールに、大根の千切り、人参の千切り、ニラざく切り、あみの塩から、ニンニク摺りおろし、生姜摺りおろし、林檎摺りおろし、いりこ少々、干し椎茸少々、お粥をフードプロセッサーで挽いたもの少々、唐辛子大量、入れたものを混ぜ合わせ、そのボールに塩漬けした白菜を入れて葉の間に丹念にそれら(ヤンニョン)を挟み込み、摺り込み、壷(写真左のシンクの中にある壷)に並べていき、軽い重しをかけて一晩置く。
前は常温で保存したら一週間で酸味がかなり強くなったので、タッパーにいれ冷蔵庫で熟成させる。
はっきり言って新大久保の韓国食材屋の手作りキムチよりおいしいです。
本場が必ずしも美味しいとは限らない。何故ならば慣れてしまっているので作り方が忠実でなくなる可能性があるから。

今日はふるくなったキムチでキムチチゲを作り、ナムルと新しいキムチでご飯を食べる。
完全韓国人の食生活。日本食は続けられないけど、韓国食は続けられる。何故だろう・・・。


  1. 2013/02/09(土) 14:07:15|
  2. 料理のこと
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

埼玉に帰りました。

コンサート終えて埼玉に戻りました。
もう少し大阪にいても良かったのだけど、遊んでくれる友達もいないし(くまころはインフルで千紘はおさらいで忙しい。)、埼玉に少し心配事があったので、無理して帰ることにしたのだ。
中央道は件のトンネルの所で通行止め、やむを得ず、松本経由で上信越道で群馬から関越で帰ってきた。約60キロ程の遠回り。ガソリンが高いというのに・・・。

岩宮美和さんとのDUO、とても楽しかった。
ピアノの鍵盤の全ての音を使って伴奏する、その必要のあるシンガーが、一体この日本に何人いるだろうか??
岩宮さんに対する伴奏を他のシンガーもどきにしたとしたら、全ての歌がかき消されてしまうだろう。それほどの情報量を伴奏にいれないと伴奏が出来ない。
並のジャズシンガーではない。
しかし超無名。みんな絶対に聞きにきた方がいいと思う。僕とやっている時のを特に。

帰ってきてCDプレイヤーをかけた。チェリビダッケのフォーレのレクイエム。疲れているときにはフォーレのレクイエムがいいね!!

五臓六腑に焼酎のウッチン茶割りが染みるわ〜。
  1. 2013/02/08(金) 02:18:22|
  2. 徒然と
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

露玉もゆら終わりました。

露玉もゆら、終わりました。
自分の中で、今出せるもののほぼ全てを出せたと思います。
完全に即興で演奏すること自体は別にそれほど珍しいことではありませんが、コンサートホールでそれをするということにはそれなりの覚悟と勇気が必要でした。
去年と同じこと、スタンダードとオリジナルを中心としてコンサートをすることも出来ました。それでも去年よりはいいものが作れる、もっと余裕を持ってコンサートを構築し、お客さんを楽しませることが出来たでしょう。

しかし、僕はあえてリスキーな道を選びたかった。絶えず進み続ける道を選びたかった。
僕にとっては大きな舞台です。演奏が手詰まりになって、ステージ上で恥をかいたとしてもいい。それに挑んでいること自体で一つのパフォーマンスとなりえるんだ、という矜持もあった。
絶えず挑戦し続ける、そういう姿を後輩の音楽家達にみてもらいたかった。
ほぼ嘘のない演奏が出来たと思います。失敗やどん詰まりは山ほどあったかもしれない。
だけど、小手先でそれを取り繕うことはしなかった。それこそが重要なことだと思いました。
お越し下さった沢山のお客様、ありがとうございました。
そして来てくれた若きアーティストのみんな、ありがとうございました。
そして運営委員の千紘、宮野くん、元、和恵さん、モア尚子さん、デザインの智子、ボランティアスタッフまきちゃん、おちづちゃん、協賛くださったJPホーム、その他関係各位に対し感謝の気持ちで一杯です。
ありがとうございました。
又来年、新たなチャレンジをします!よろしくお願いいたします!!


KIMG0150.jpg
  1. 2013/02/05(火) 13:35:30|
  2. ライブの事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

露玉もゆらコンサート、いよいよ近づいてきました。

465628_479526728771075_284658892_o.jpg



〜論者は、簡単な事柄を難解に語るが、
芸術家は、いまだ解明されない世界をいかにカンタンに表出させるか、
難解からの離脱の翼〜 (彫刻家緒方敏明が僕に宛てた私信からの引用)

表現に於ける難解との格闘は、芸術家にとって宿命のようなものかもしれません。
故に今回の露玉もゆらではあえて一見難解な完全即興による表現に挑戦することにしたのです。
思考を促さない浅い表現で難解から離脱した作品も数多くあります。無論それは僕の目指す道ではない。
よりダイレクトな表現による難解からの離脱。
僕と表現の間を、より近づけていく作業が今後より重要になってくる、そう思うのです。
故に、表現との間に「楽曲」を挟まない完全即興での表現を選んだのです。
無論、未熟な僕の表現から難解さを感じさせてしまうことはあるでしょう。
こんな訳の分からない即興面白くない、もう二度と露玉もゆらには行かない、今日来てくれたひとたちの中にはそう思うひともいるかもしれません。
だけど、そこに挑戦していかない限り、僕は難解から離脱する翼を得ることは出来ない。
そう思うのです。

第一部 Improvisation 1

第二部 Improvisation 2

●チケット料金 
前売 3,000円
当日 3,500円
学生 1,500円
アーティスト割引 志高きを目指すアーティストは1500円で入場頂けます。

●お問い合わせ 
新大阪ムラマツリサイタルホール 06-6398-6988
にはたづみプロジェクト hohoave@gmail.com
ご案内サイト http://fly8.jp/tuyutamamoyura/
  1. 2013/02/01(金) 14:31:12|
  2. ライブの事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0