真・の・ブログ

日常的な事、ちょっと考えさせられるような事、まじめな事、不真面目な事、料理の事自転車の事等々等々、音楽の事以外の事を徒然と書き綴っていくつもりです。 が、どうなるかはわかりません。

今年一年を振り返って。

今年一年を振り返ってみた。
今年は例年に比べると色んなハプニングに満ちた年ではなかった。去年起こったムーブメントを成熟させる一年だったと思う。そういう意味では例年に比べると変化のなかった一年だった。とはいえ色んなことがあった。

今年は多ジャンルとのコラボレーションによる作品作りの年だったともいえる。

画家土田瞬とのインスタレーション「しむにじむ」
ダンスと朗読とピアノの舞台ユニット「ひとひみつ」

また、あまり取り組んでこなかった、というか好きではなかった純粋即興による演奏機会が増えた、増やした年でもあった。そのせいで、即興演奏家といわれるジャンルの人々との交流も生まれてきた。

自分自身のピアノ演奏に関しては、数年前から取り組んできた技術的欠点の一階部分の修復作業は八割程まで進んだと思う。数年前に比べて演奏が遥かに楽になってきた。傍目に目に見える程の技術の進歩はないかもしれないけれども、自分の中ではかなりの進歩を実感出来ている。
また、純粋即興や多ジャンルとのコラボレーション活動が、自分自身の本業であるジャズピアノやソロピアノの演奏にフィードバックされてきていると思う。


私的にはとても充実した一年だったと思う。殆ど全ての部分に於いて満ち足りている。
大いなる幸せを感じながら生きている。
唯一、金銭的に潤沢と言える程の稼ぎがないことが困った点ではあるが、全く全てが満ち足りているような芸術家が出す音等僕は魅力がないのではないかな、と思っている。
であれば、金がないことをありがたく思わなければならないのかもしれない。

一年、本当に色んなことがある。来年一年、一体なにがあるのだろうか??

スポンサーサイト
  1. 2012/12/28(金) 01:07:14|
  2. 徒然と
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

見沼天然温泉 小春日和 さいたま市



さいたま市のスーパー銭湯。見沼天然温泉 小春日和。
ここいらのスーパー銭湯では最上級クラス。ただしお値段も最上級クラス800円。

サウナも広く、水風呂もよい。泉質は高濃度塩泉。口にほんの少し入ったお湯の味が、ちょうど良い味といった感じ。美味しいと感じるくらいの濃さ。一滴で美味しさを感じられるぐらい濃い。

まあ湯冷めしないです。塩泉の割に肌に合う。もう少し安ければなあ。子供の値段も500円ぐらいだったと思う。早々通えない温泉です。


ホロヴィッツ ショパンリストアルバム
数多あるホロヴィッツのバラードの1番の録音のなかで、最も平凡なバラードの一番かも知れない。
ホロヴィッツのピアノを聞いていつも思い浮かべる言葉は、帝王。とにかく豪奢で傲慢で、懐の広さと余裕を感じる。
  1. 2012/12/23(日) 00:12:53|
  2. 温泉エッセイ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

今年最後のツアーが終わりました。

今年最後のソロピアノツアーが終わりました。疲れたけど実りありました。
今回も色んなところで、色んな出会いがあり、いろんな人の世話になりました。
皆さんに感謝の気持ちを込めて、ブログを書きます。

出発二日前にスタッドレスが新しい車に合わないことが判明!!後輪だけスタッドレスをつけ、前輪はノーマルという変なセッティングで東北へ向かった。
秋田でスタッドレスを付け替える段取りを組んでいた。

初日鶴岡ChiCでした。久しぶりの日景修との共演は楽しかった。
斉藤真さん(しんさんと読む)のドラムともセッションをした。トランペットのなかにしあきこさんも遊びに来てくれた。噂には聞いていたとても素晴らしいプレイヤー。
みんなとても喜んでくれた。
泊まりは真さんの親戚の宿「いさごや」。いつかプライベートで来たい宿。
遅くまで真さんとかたる。小学校の先生としての彼の話や、僕の音楽の話等、色々と話した。子を持つ者として真さんの話は興味深かった。
翌朝、とても美味しい旅館の朝食。しかし、朝ご飯を食べると具合が悪くなる。そのことを知っているのについ食べ過ぎてしまった。
サンキュー鶴岡!又来たいです。


チャリ旅のときに自転車と一緒に写真を撮った場所で今度は車と一緒に写真をパシャリ。最上川。

冷たい肉そば。河北のといや。旨かった!!肉そばにはずれ無し!!


米沢。山形は骨の髄までしゃぶり尽くしたと思っていたが、実は米沢は初めて!!訪ねるのも青春十八切符の電車待ちでほんの少し降りたことがあるだけ!
栗原のシンガーmikaさんの紹介のパウゼでの演奏。パウゼのマスターはなんと木原鮎子のファンだとのこと!全国的な知名度の低い鮎のことを知っていることに感激していたのだ。
お店も店のマスターである羽賀さん夫妻もとても素敵だった。
アルトサックスの横沢さんをゲストに迎えての演奏。横沢さんの存在は、小国の道の駅に置かれていたCDで知っていた。変な所で知った存在。
即興でのセッションをしてみた。とても楽しかった。
打ち上げでも楽しい話やシリアスな話を一杯した。山形から久しぶりにふみちゃんが来てくれた。逢えて嬉しかった!!
サンキューパウゼ!!次は産休の鮎とツアーしに来たい。


会津初ライブ。太郎焼総本舗。

会津。しょっちゅう私的には訪れていた会津だが、実は演奏は初めて!
元生徒のシンガーmacciこと真知子のコーディネートでのコンサート。
駅前の温泉、富士の湯で旅の疲れを癒すが、岩盤浴で湯当たりしてしまった。
コンサート会場の太郎焼総本舗は太鼓焼きの店。しかしその二階にピアノがあり、とても素敵な場所!陶芸の作品や、面白いアートのオブジェもたくさんあるセンスのいい空間。
演奏も非常に好意的に受け入れられ、とても実りある時間を過ごした。
打ち上げで行ったライブハウスでは、残念ながらセッションをするには疲れすぎていたけれども、好意的に接してくれた。
翌日は真知子が雨の中鶴ヶ城を案内してくれた。
もっとゆっくりと滞在したかったけれども、次の秋田へ向かわなければならない。真知子とそばを食べてさようなら。
又会津では面白いことをしていけたらと思う。

鶴ヶ城。

今回、チェリビダッケの11枚組のアルバムを2組もって来たのでチェリビダッケ三昧の車内のBGM。フォーレ、ヴェルディー、モーツァルト、ブラームス、と4つのレクイエムを聴きながらの旅。もういつ死んでもおかしくないね。

院内久米食堂三たび。酢豚。


秋田。結構長く滞在したのだけど、とても楽しかった。
有希ちゃんの作ったきりたんぽ鍋を食べた。とても美味しい。関東の芹と秋田の芹は全然味が違ったのには驚いた。
八塩さんと有希ちゃんと三たび久米食堂へも行った。もう慣れたもんだ。逆兵糧攻め。
加藤今日子ちゃんという市の文化事業をやっているウォークマンが手放せない女の子と知り合い、オフの日に横手に遊びにいった。横手かまくら館と石坂洋次郎記念館にいった。
人生よしっ!!で大盛り上がりした。
帰りの道中から大雪になり、秋田市内は真っ白。スタッドレスを何とか入手していたから良かったけど、危ない所だった。

今日子ちゃんと横手のかまくら館。

秋田は大雪。

7年ぶりの弘前では菅野くんがライブに来てくれた。菅野くんとはイザウラのレコーディングで知り合ったのだけど、素晴らしい音楽家だと思う。彼の曲を本当の意味でピアノで再現出来るのは、僕だけでは無いだろうか。そんな感じのギタリスト。純朴な青年だ。いつか菅野くんともやりたい。
昔世話になったUNIONにも顔を出す。チャリツアーのときの演奏場所となったたけやを紹介してくれたのだ。終わってからツポーツカイトというもので遊ばせてもらった。懐かしい想い出。
元気そうで良かったです。

今回は温泉にも沢山入った。ほぼ毎日温泉に浸かっていたのではないだろうか。
鶴岡ではいさごや、会津では富士の湯、秋田では太平山、貝の沢、小町、岩城、秋田温泉プラザ等々。弘前で温泉に入れなかったのが残念。

美香さんと共演で久しぶりにCat walkへ出演した。マスターは元気そうだった。
大阪からキクちゃんという女性とそのご主人が聞きに来てくれていて、その後仙台のワーク、コンサートトずっと打ち上げも含め参加してくれた。
美香さんとは道中も色んな話をした。僕の演奏をとても愛してくれているシンガー。今後とも彼女の活動の助力になれたら、と思っている。

伊達餃子楼酢豚!!強烈に旨い!!



仙台のワークショップ、コンサート共とてもいい感じだった。
数年間次郎の協力のもと続けて来たことが実を結んで来たのだなあと思う。
ひとひみつでのパートナーである小泉やよいとの久しぶりの音楽での共演。彼女の表現の幅も奥行きが増し、とても楽しいライブとなった。
ありがとう次郎。
伊達餃子楼にも再び訪ねた。黒森さんと少しお話が出来たのも良かった。味はもう言うまでもない。


いわきアリオスのスタインウェイ。


いわきでは同じく鈴木だが千尋がコーディネートしてくれたアリオスでのコンサート。小さい子供も聞きに来てくれていたが、とても静かに聞いてくれていた。
後半即興をやったのだが、難しかったとの感想も多かった。難しさを感じさせているようではまだまだだろう。来年の露玉もゆらに向けてもチャレンジしていかなければ。
福島から三たびみきこさんが聞きに来てくれた。米沢、会津、と三度目。
打ち上げにも初参戦してくれて、色んな話をした。

とまあ色んなことがあったツアーでした。
久しぶりに家に帰り、自分飯を食べながらまったりとしております。

来年もよろしくお願いいたします。
世話になったみんな!!ありがとう!!!
再会の日までお元気で!!!
  1. 2012/12/10(月) 00:23:27|
  2. 徒然と
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

極楽湯 多賀城店 多賀城市





普通のスーパー銭湯。
旅疲れをお湯で癒す為にたまに行く。
広いサウナと広い水風呂が強いていえば特筆すべき点か。

鈴木次郎に連れて行ってもらう。
過去三度来たことがあるが、初回は次郎と、二回目は八巻と来た。

550円。


車中チャーリーパーカー アット ストーリーヴィルというアルバムを聴きながら行った。
パーカーがストラヴィンスキーのペトルーシュカのフレーズの引用を行っていた。
バードという映画の中にもストラヴィンスキーのことが出て来ているシーンがあったことを思い出した。

http://blog.goo.ne.jp/two_bottle_7th/e/f591bab9ac93f535da231efa39ed9e70
  1. 2012/12/08(土) 00:49:44|
  2. 温泉エッセイ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

貝の沢温泉 秋田市






旅先で温泉を巡るのが好きだ。
秘湯からスーパー銭湯まで、節操なく温泉に通う。
ある人に、そんなに温泉が好きならば温泉レビューを書けばいいのでは?と提案された。
考えたことはなかった訳ではないが、僕程度の温泉マニアは世に山ほどいるし、意味が無いと思うと答えた。
その人は、真さんにしかかけないエッセイを書けば良いですよ、例えば、この温泉にはこの音楽がおすすめ、とか一筆加えたら?と言われた。
音楽と温泉は僕の中では繋がっていないけれども、まあそんなことを並列させてみても面白いかもしれないと思い、入った温泉や銭湯について今後綴っていきたいと思う。
いわば僕自身の為の防備録だ。

秋田県 秋田市 貝の沢温泉。

貝の沢温泉を訪ねるのは二回目。田園の中にぽつんと存在する、秋田の人間でも訪れる人は少ないだろう温泉。
内陸にある温泉なのに、塩の強いぬるっとする程のアルカリ性の温泉。
アルカリ泉も塩泉もどちらかというと肌に合わないのだが、貝の沢の湯は大丈夫だ。
かけ流しの本物の温泉、ということが謳ってある。夜に湯を張り、朝になると適温になっている程の熱い源泉の湯なのだ。
3分程浸かり、5分程休み、を繰り返す。湯の成分が体に染込んでくる感覚がいい。
一時間程楽しんだ後、休憩所で温かいお茶を飲んで温泉をあとにする。
420円。

チェリビダッケのバルトーク管弦楽の為の協奏曲。非常にテンポが遅く、一つ一つのパッセージを噛み締めるような演奏。
最初駄演に感じたが、聞き慣れるとこれがいい。
粘りのある貝の沢の湯のような演奏だ。





  1. 2012/12/05(水) 13:17:49|
  2. 温泉エッセイ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

スミダさん

「スミダですけど」電話をとるとそう答えた。「ああ、久しぶり、元気?」僕はそう答えた。
大学の後輩のスミダさんだと思った。数年ぶりのコンタクト。が、相手は、
「何言ってるの?昨日あってたでしょ?」と答えた。
僕は返答に困った。昨日スミダさんという人とあった記憶がない。どうやら昨日ドンショップであったサックスプレイヤーのようで、そのまま僕の自宅に遊びに来たらしい。
スミダさんは、あなたの家に私のTシャツを忘れて来たので、絶対に着ないでくれ、と僕に伝えた。解ったと答える。
ところが僕はその時、みなみの家で寝ていた。みなみは出掛けていていないが、みなみの家にいる。昨日ドンショップをはけた後、僕の家にスミダを連れ込んで、その後みなみの家に行くことは考えづらい。
自分の記憶が全くない。夢の中で考え込んでいる所で目が覚めた。

ドンショップは数年前にクローズした大阪の、有名なしゃぶしゃぶを出すライブハウス。
大学の後輩のスミダは実在する人物。みなみも実在する人物だが、みなみの家に行ったことはない。又夢の中には二人とも登場しなかった。
サックスのスミダさんは夢の中同様、全く記憶がない。
  1. 2012/12/02(日) 13:27:34|
  2. 夢日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1