真・の・ブログ

日常的な事、ちょっと考えさせられるような事、まじめな事、不真面目な事、料理の事自転車の事等々等々、音楽の事以外の事を徒然と書き綴っていくつもりです。 が、どうなるかはわかりません。

夏野菜の適当中華丼



適当な野菜、今回はおくらと茄子と葱と椎茸を油通しして、にんにくと生姜を効かせた油で、オイスターソース、テンメンジャン、かえしで味付けしてとろみをつけて出来上がり。
テレビで陳健一がザーレンは絶対便利!絶対買いなさいと熱く語っていたので買ったけどほとんど使わないし、とても不便な道具だと思うけど、今回は使った。
スポンサーサイト
  1. 2012/09/22(土) 16:15:20|
  2. 料理のこと
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

埼玉戻りました

20日ぶりに埼玉の自宅へ戻った。
ツアー最終盤は芳垣さんとの3daysツアー。
初日はベーシストのとねくんとトリオでの純粋即興、残りはDUOで。
いずれもお客さんの反応は上々、というより、普通のジャズのライブのときよりもお客さんの反応が良かったと思う。
良かった、という反応よりも、面白かった、という反応が聞けたのがこちらとしても面白かった。
一つのパフォーマンスとしての反応だろう。
それにしても芳垣さんは本当に素晴らしい人だなあと思います。
強面だけれどもとても素晴らしい人格者やとおもいます。とても尊敬しています。
我巣灯には河村英樹が久しぶりに遊びにきてくれて、最後にスタンダードを一曲共演した。
ゆったりとしてとても良かった。
まあ色んな戦場を乗り越えてきた仲間だからねえ。
伊達ではないわなあ。

芳垣さんと色んな話をしたのも楽しかったけどやっぱり大先輩とツアーするのは若干気を使います。新太郎さんともDUOツアーしたときも気疲れしたなあ。
しかしとても学ぶことの多いツアーでした。


休む間もなく、いろんなことが待っている。頑張ろう。






  1. 2012/09/19(水) 22:52:44|
  2. 徒然と
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

9月、雑感。

何となく忙しい9月も中旬にまで来た。
8/31に関東を後にし、南三陸町でのチャリティーコンサート。
その後登米と仙台でのMIKAさんとのコンサート。
仙台にはいいシンガーが多いと思う。MIKAさんもとても素晴らしかった。また、同い年ということもあり、友としても人としても素敵な人だ。
8月に岡山でやった末元紀子さんもとても良かった。良いだけでなく、未来に繋がっていく明るい兆しや、磨かれてない石が沢山そのひとの中にある。
東京のシンガーがしょぼすぎる。何を考えて歌っているのだろうか。

仙台でライブを終えて、以前からどうしても行きたかった伊達餃子楼という中華料理屋に打ち上げ。勿論ノンアルコール。
スケジュールの組み方を間違えて、仙台から宿泊せずに2日かけて大阪に戻らなければならない強行軍。
新潟のパーキングエリアにテントを張って寝て、翌日大阪へ。
どうも体調が優れない。疲れがたまっているようだ。
大阪へ着いた。翌日は京都で木原鮎子のアルバム「Seasons」発売記念ライブ。
体調の悪さは劇的になり、体温を測ってみた所なんと39度近い熱が!!
ボルタレンを飲んだら一応は下がったが、自力で京都に向かうことが出来そうにない。
まずいなあと思いつつ、誰かに助けを求めようと思ってたら、知り合いのシンガーの城下麻弥さんが、今から京都へ向かいます、というフェイスブックの書き込みが!!
電話してみたら迎えにきてくれるとのこと!!しかもライブに来てくれる予定だったとのこと。
帰りも送って頂いた。大変助かった。
おそらくは8月に和音とキャンプに行ったときの前にひいていた風邪が完治していなかったのだろうと思う。
翌日医者に行き、抗生物質をもらった。
症状は治まりつつあり、しかし車で六甲里夢へ向かう。みなから心配してもらう。
アルバムは来てくれたお客さんほぼ全て買っていってくれた。ありがたい話である。
しかし、僕の在庫が切れてしまった。
翌々日は里夢にてワークショップ。宮野くんの尽力によりとてもいいワークショップとなったと思う。
終わってからみんなで飲みにいき、三宮のライブビストロのような所へ受講者が出演していたのでみなで向かう。更に十三で飲み、タクシーで帰った。

翌日は富山。piano music inoという新しく出来たピアノサロンでの演奏。
とても楽しく演奏出来た。富山は必ず山下さんが調律してくれるので、とてもいいコンディションで演奏出来るのだ。
inoさんもなかなか素敵な女性。
終演後の打ち上げもなかなか盛り上がった。

翌日は長岡。久しぶりの音食。
めでたい話を聞いた。友達が結婚するというのだ。嬉しく思いました。櫻井くんおめでとう!

長岡からあわらの猫虎の家へ向かう。
寿司と肉とどちらがいいか?聞かれたので、両方と答えた。
肉をメインとして両方食べにいった。流石猫虎。

翌々日からは金沢湯涌創作の森でキャンプ。
初日湯涌につくと独り寂しくおじまがギターを練習していた。朝からなんも食べてないということなので、長岡でお土産に貰ったせんべいを与える。
山田うんのワークショップに合流し演奏する。知的障害の施設。
キャンプ自体はとても楽しく過ごせた。MCも色々入れて4年目。なれたものになってきた。賢治は疲れていただろうけど。
最終日即興のワークショップ。芳垣安洋さんをお迎えして芸術村のホールでの公演。
とても楽しいワークショップ及びコンサートでした。
又東京でも是非やってもらいたいなあと思います。

金沢から一路大阪へ。
芳垣さんを8番ラーメンにお連れして塩バターラーメンを勧めた。
ロイヤルホースでの2部構成の即興演奏はとても楽しかった。とねくんとは初共演。

そして本日は、豊中我巣灯へ向かいます。それが終わったら名古屋のバレンタインドライブでライブして、ようやく埼玉の我が家へ帰れます。

和音と遊びまくりたいなあ。





  1. 2012/09/17(月) 15:54:31|
  2. 徒然と
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

核攻撃の後

今日にでも起こる広域的な核攻撃。噂によるとこの攻撃は、有色人種に対してのみ行われるのではないか?!とささやかれている。
核攻撃を避けるには最もいいのはシャトルに乗って宇宙空間へ出てしまうのがいい。僕はシャトルへ乗り込んだ。
シャトルは高度を上げる。そのとき、ぴか!!とんでもない光とともに激しい爆発音でシャトルは揺れる!!
「遅かった」核攻撃は少し早く始まったようだ。
シャトルは高度を下げる。核攻撃が行われた以上、もはや宇宙区間へ出ても意味がない。
地上は攻撃のあとの混乱でごった返していた。
いずれにせよ避難せざるを得ない。
避難所は鉄パイプで組まれたちょっと近未来的な二回通路。通路は吹き抜けを取り囲んで四角く繋がっている。その通路の外側はガラス張りで一階アーケードの道路がみえる。
和音と元妻と合流。和音をしばらく見ていてくれと頼まれた。そのまま元妻は戻ってこなかった。
和音はその場で知り合った男の子三人とカードゲームに没頭していた。
僕の友人と5人でその場で待つ。
一階アーケードを見る。来た!沢山の被爆者達が現れる。ただ、あれは白人のようにもみえる。攻撃は有色人種のみではないのか?少し遠いので正確には解らない。
しばらくすると真下のアーケードに黒人の被爆者が大量に現れ始めた。そのひとたちは最終的に僕たちのいる二回の通路に避難してくることになる。
和音は黒人を見たことがないし、薄暗い通路にいることにもおびえるだろう。
和音、カードをしまいなさい。そして、眠りなさい。
和音は、カードをしまいながら、ねえ、お家へ帰りたい。あ、でもここがお家になるんだね。といった。そう、和音の住んでた家はもう無い。そのことを幼いながらも理解しているのだ。そのことをかわいそうに思った所で目が覚めた。
  1. 2012/09/06(木) 11:19:11|
  2. 夢日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0