真・の・ブログ

日常的な事、ちょっと考えさせられるような事、まじめな事、不真面目な事、料理の事自転車の事等々等々、音楽の事以外の事を徒然と書き綴っていくつもりです。 が、どうなるかはわかりません。

2011年中津江MCを中止致します。

2011年中津江MCを中止致します。

今夏の開催に際し、様々な困難な事象が生じ、それを克服することが出来ませんでした。よって中津江MC2011を中止致します。来期以降の開催に関しても未知数です。

中津江MCで生まれた動きは、今までの動きの中でも十分に有意義であったと僕は思っています。ですから、志半ばで挫折したという思いはありません。
しかし、この動きを止めてしまうのは勿体無いとも思っています。
何らかの形で、場所を変えるなり、形を変えるなりして、動きの継続を計っていきたいと思っています。
中津江ホール的な、使われていない地方の公共施設を有効利用したいと思われているような方と協力出来れば、また違った形にはなるでしょうが、継続も可能となるでしょう。
そのような場所や人をご存知の方がおられる代でしたらお知らせください。

もしかしたら、上野賢治さん等と相談して、蛍庵(上野賢治の自宅の古民家)で規模を少なくして今夏やるかもしれません。

スポンサーサイト
  1. 2011/04/29(金) 17:15:33|
  2. 中津江MC2010
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

4/16(土)赤坂B♭でチャリティーコンサート義援金

皆様から頂いた義援金、責任を持って日本赤十字に送らせて頂きました。
ありがとうございました。
又こういう機会を頂けるなら、いつでもやりたいと思っています。

DSC_0041.jpg
  1. 2011/04/29(金) 16:15:32|
  2. 徒然と
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

4/27ビスマコ総括

本日のビストロマコ。


DSC_0043.jpg



トラ豆のマリネー、切り干し大根、がんもどき、レバーパテ、鶏ミンチのレタス包み、湯で豚のゆで汁と乾物のスープ、麻婆豆腐、紅焼芋頭拘肉、

トラ豆のマリネーは、味付けが薄かった。前の日からマリネー液につけ込んでいたのだが、もう少し濃くても良いかなとも思ったが、これぐらいが素材感が出てよいかもしれないなとも思った。具材はセロリと人参、パセリ。

切り干し大根は全く自分のイメージと違った。これとがんもどきの煮物の為にとった一番出しの量が微妙に少なくて、切り干し大根の戻し汁を予定よりたくさん使わざるを得なかったことがその要因か。
戻し汁を使わずに一番出汁だけでやってみても良いかもしれない。

がんもどきは、分量を想定ミスしたおかげで、前日に作ることが出来ず、当日に作った。
水抜きも十分ではなかったので、少し揚げるときに崩れたものもあったので、残念ではあったが、味は美味しかった。


レバーパテは、ミルポア(セロリとタマネギと人参を細かく刻んで炒めたもの)に下処理したレバーを炒めあわせていき、赤ワインでぐつぐつ煮る。今回は製氷皿で冷凍したブイヨンひとかけらもいれて煮込んだ。
作って3日目。少し時間をおいた方が、レバーのえぐみが消えるような気がする。
非常に美味しかった。今まで作ったればパテで最高の出来。

鶏ミンチのエスニック仕立ては、魚醤で鶏ミンチを煮込んでいく。今回は、廃鶏の皮をコク出しにフープロで丹念にすりつぶしたものを、鶏胸肉を挽くときに混ぜ込んだ。
キャベツが高かったので、レタスにしたが、絶対にキャベツでやる方が美味しいと思った。

スープは、前に作ったときにホタテの貝柱の量が多すぎて、若干癖の強い味になったので、今回は減らした。まあ美味しかった。

麻婆豆腐は、完璧な味。
豚のもも肉を包丁で叩いて荒いミンチにする。フープロを使わない方が美味しい。フープロを使うと肉が細かくなりすぎてしまう。
で、干し筍と干し椎茸、理想をいえばザーサイをいれたかったが、ちょっと時間が足りず諦めた。(ザーサイを戻す時間がなかった)
チキンブイヨンのキューブを2個使い、酒とコク出しにオイスターソースと、前述のスープを少し使った。
それらを入れ、煮立ったら火を弱め、じっくりと豆腐を煮るのがコツといえばコツ。

紅焼芋頭拘肉 以前の方が良い出来だった。蒸し皿を以前の経験(深い皿で蒸すべし)を生かし、パウンドケーキ型に並べて蒸した。ところが、実に微妙に大きすぎ蒸すふたが閉じない。
かといって、別皿に並べ替える程でもないなあという思いもあり、強引に蒸したが、蒸しの案配が今ひとつだった。
豚バラ肉も前の方がいい肉を使ったので、それもあるかもしれない。
まあでも、基本的には美味しかった。

参加者。
奇跡純子ちゃん、おじま君、高崎君、高村さん、難しい名前のなおこさん、ひなこちゃん。

  1. 2011/04/28(木) 01:42:00|
  2. 料理のこと
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ひたすら敷居を跨ぎ倒した日田の旅

4/16の赤坂B♭でのチャリティーコンサートを終え、翌日から日田へ旅立ちました。
これは単なる旅行ではなく、諸々用事をこなすための旅行でした。
しかし結果としてひたすら敷居を跨ぎ倒す大変楽しい旅行になりました。注)妖怪シキイマタギhttp://makoppo081.blog52.fc2.com/blog-entry-898.html
偶然、福岡にいた本多千紘も日田に来ることになり、たまたま空いていた上野”ヴュータン”賢治も、なんと!!金沢から長駆してくる事となりました。基本的にみんなフットワーク軽いです。
福岡空港で本多千紘と待ち合わせて日田までバスで。
宿は、「日田 宿 安い順」で検索をかけたら何故かトップに出た亀山亭(きざんてい)という温泉宿。
亀山亭は日田では老舗の旅館で、http://www.kizantei.com/普通一泊一万円は下らないという高級宿とのこと。かつては棟方志功の定宿で、皇太子殿下も泊まられた由緒ある旅館。何故そんなところに安く泊まれるプランがあるのか・・・。
しかも以前中津江MCに実行委員の諫山文緒が連れてきてくれた加奈子さんという書道家が、かつて亀山亭でアルバイトをしていたらしく、話を通しておいてくれているそう。

DSC_0036.jpg


亀山亭へチェックイン。の前に、日田駅前の寳屋で昼食。皿うどん小(通常の店の並の量)を食べる。
亀山亭に到着、女将さんも大変素敵な方で、よくもてなしてくれた。
部屋に通されると、とてもそんな安い値段とは思えない程、いい部屋。
温泉も三隈川を一望出来るすごいいい展望風呂。
旅の疲れを癒す。

その後、パトリア実行委員の方々と食事。
日本の医者100人に選ばれる程の名医、歯科の武内先生と、夏に株分けしたぬかどこをダメにしてしまった大分合同新聞の和田さん、諫山文緒さん、本多千紘との楽しい会食。場所は勿論、ビストロ菜の卓。
さんざん呑んで食べて、一万円を出そうとする武内先生に対して、和田さんと諫山さんは、それは悪いです、と固辞しようとするが、僕と千紘は笑顔でありがとうという。しかも和田さんが2000出してくれたので、僕たちは1000円しか払わなかった。
妖怪シキイマタギ1。


翌日、宿の女将さんに、「有名なジャズピアニストさんなんですってね、お部屋変わって頂いていいかしら?」といわれ、言われるがままに部屋を変えた。
なんと!亀山亭特別室、いわゆるスイートルームに部屋を変えてくれたのだ。
もしかしたら、皇太子殿下の泊まられた部屋かも知れませぬ。
豪奢なそのしつらえは、明らかに僕のジャージ姿とは相容れぬ身分不相応な感じ。
しかし笑顔でありがとうという。
妖怪シキイマタギ2。

ひたすらだらだらと温泉に入ったり、昼寝したり、部屋に備え付けられているマッサージチェアに座ったりしてのんびりと過ごす。
しかし、今日は重要な任務があったのです。その任務をこなすために、パーキングでついうっかりうんちを漏らしてしまいながらも昼過ぎに到着した上野賢治の車で中津江へ。

DSC_0038-1.jpg

任務を遂行し、再び日田へ戻り、今度は亀山亭女将ご推薦の焼き肉屋熊助へ。
上野賢治、諫山文緒、本多千紘、書家の中野加奈子との食事。
熊助へ入ると、なんと加奈子さんの知り合いのおじさんがいる。上津江の人だそう。
だいぶご機嫌で、何故か加奈子さんへ5000円握らせて、これで旨いもんでも食えと言ってくれた。
加奈子さんと文緒ちゃんはまたも固辞しようとする。僕と千紘は、笑顔でありがとう、と答え、頂く。妖怪シキイマタギ3。
昨日の武内先生の一件といい、他人の好意は100%余すところなく受けて、そのかわり100%の感謝の気持ちを表す。そうすると、相手にも喜んでもらえるんだよ、と逆に僕と本多千紘とで、諫山と加奈子さんを説教する。妖怪シキイマタギ4。

その後、シキイマタギとしては僕より千紘の方が遥かに上であるという議論が始まる。
僕の実家に僕がいないときに上がり込んでお茶をごちそうになり、夕方までいて、夕食まで食って帰った話や、上野賢治の蛍庵に遊びにいって結局5日間も座敷わらした話等枚挙にいとわない。
先ほども用事で実家に電話をした。用事が終わっても延々と話すおかんの話を適当に聞いていたのだが、またもや俺の知らないときに実家でカレーを食って帰ったらしい。
敷居を跨ぎ倒す女。本多千紘。

熊助のご主人は大変チャーミング?な方。
物腰も柔らかく、所作もゆっくりしておられる。というより、今にも停止してしまいそうなその物腰。
シキイマタギ達もその所作にほれぼれと見とれるぐらい、ユニークな人であった。

帰りは諫山号と上野号に分乗し、天ぷらのひらおに向かうことに。
車で宿を後にしようとしたところ、番頭さんに色紙を渡され、サインをお願いしますとのこと。
亀山亭、という漢字が書けそうな気がしなかったので、TO KIZANTEIと書いて
サインをした。きっと棟方志功のとなりに僕のサインが飾られていることだろう。

110417_1717~01-1


僕は諫山号に乗ったのだが、途中でビュータンを見失う。
連絡があり、ナビにひらおを入力したので気にせず向かってくれとのこと。
ひらおに着いたら、先に行ったはずのビュータンがいない。
なんと、空港店ではなく天神店に向かった様子。その可能性を知ってながらも指摘出来なかったことを今更ながらに悔やんでいる。
しばし待つ。
みんな食う!!諫山もめっちゃめちゃ食う。昨日の焼き肉屋でもライスをお代わりしていた。そりゃ書道部の生徒に結婚とは、恋とは、と書かれるわ・・・。
http://makoppo081.blog52.fc2.com/blog-entry-846.html

僕はちょっともうひらおの天ぷらは食べ飽きてきました・・・。

ひらおで文緒ちゃんと別れて、ビュータンがどうしても行きたいという、空港展望台へ。
僕は伊丹空港が遊び場だったので、飛行機の離発着等見慣れているし何の感動もないのだが、久しぶりに見ると、なかなか楽しかった。
空路羽田へ。約二ヶ月ぶりに関東を離れた。

という、ひたすら敷居をまたぎ倒す旅。
震災以降、暗い日々を過ごしてきましたが、ちょっとリフレッシュになる旅でした。

武内先生、諫山さん、和田さん、亀山亭の女将、ビュータン、千紘、加奈子さん、菜の卓の田島さん、熊助のお客さんのおじさん、熊助のご主人と女将さん、おかげさまでええ感じの旅になりました。ありがとう。

あ~久しぶりに敷居またいだなと、そういう感覚を得た。

そして、自宅に戻ると、おかんから電話が。
「あんた、勇おっちゃんが車いらんからあんたにやるていうてるわ。ティアナていう350万もする車やで、まだ4000キロしか走ってへんねやて、どないする??」
更なるシキイマタギ伝説の始まりの予感・・・・。

IMG_0792-1.jpg

おまけ:リンゴを握りつぶす智子とそれを温かく見守る宏美と僕。
  1. 2011/04/21(木) 18:46:45|
  2. 徒然と
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

no title

昨日のBフランスでのチャリティーコンサートお越しくださりありがとうございます。
おかげさまで楽しかった、との声をたくさん聞くことが出来ました。
小さいながらも僕達に出来ることを出来た、という思いもあります。


参加してくれたミュージシャンにも感謝の念でいっぱいです。
ありがとうございます。

そして、聞きに来てくれた皆様に感謝です。ありがとうございます。

頂いた義援金は責任をもって信頼出来る機関に寄付したいと思います。

重ね重ね、ありがとうございました!!
  1. 2011/04/17(日) 09:50:22|
  2. 徒然と
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ただのカルボナーラ


ではありません。
ヨード卵光のカルボナーラ。
無論貰い物。
  1. 2011/04/13(水) 17:14:40|
  2. 料理のこと
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

廃鶏、宮崎のまきちゃん

半年に一度の楽しみ、宮崎で有機農業やっているまきちゃんからのプレゼント。まきちゃんの友達の有機卵農家の廃鶏を一羽送ってくれたのだ。

DSC_0034.jpg


勿論一匹だからもも肉は二枚、手羽先は二本、ささみも二つしかない。
そして当たり前のことだが心臓は一つ。
これらを薄くスライスしてね、ダッチオーブンの裏の鉄板で鶏すきをするんだ。
これの焼き肉が最高にうまいんだ!!
まずは皮から。皮から油が出てね、その油で焼いていくから油を敷かなくてもいいんだ。
手羽先は骨のところに切り込みをいれておかなくては骨から外れない程固いんだよ。だけど、味は最高。
生姜醤油とポン酢とブラックソルトを用意するんだ。後マスタードもあれば良いだろうな、あ、明日は卵黄とブラックソルトというのを試してみよう。野菜はタマネギのみ。あ、ジャガイモも焼こうかなあ。
とにかく楽しみだなあ。
最高の鶏、まきちゃんありがとう!!!
  1. 2011/04/11(月) 21:37:51|
  2. 料理のこと
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

かにクリームコロッケ作ります


かにクリームの段階で激うま!!
  1. 2011/04/09(土) 16:50:18|
  2. 料理のこと
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ほんしゃおゆいとうこうろう





紅焼芋頭扣肉と漢字では書きます。
中華が食べたいというリクエストを頂きまして、作ったお品。
僕は料理に得意も不得意もあまりありません。何でも作れますが、中華料理自体をあまり知りません。
知り合いのコック、いや、ベーシストの中島教秀氏、氏は料理もプロ並で、特に中華に長けたお人なのですが、その中島氏に、何か面白い料理教えてよ、とメールしたら教えてくれた料理がこれ。
ちなみに氏は僕の夢にしょっちゅうでてきます。そんなに頻繁に演奏をする訳でも会う訳でもないのに、不思議ですね。

紅焼芋頭扣肉、本当は皮付きの豚バラ肉を使います。が、いつもの肉屋にいつもはあるのにその日に限ってない。仕方なく普通のバラ肉一キロ程を購入。
豚バラのブロックをたっぷりの水で下湯でします。
今回は、そのゆで汁は蒸し鶏(ゆで鶏)を作った後のゆで汁です。一時間ぐらい茹でて軽く油をぬいておきます。
そのゆで汁は後ほどスープとして再利用するつもりですから、あくは丹念に取ります。灰汁が抜けると長ネギの青い部分とにんにくショウガをいれます。
翌日には冷えて表面に固まった油も奇麗に取り去ると豚バラといえどもおいしいスープが出来ます。
さて、ゆであがった豚肉に下味を付けて行きます。
かえしに少し砂糖を入れます。中華料理は砂糖をがんがんに使ってよい料理なのです。
砂糖使う比率としては、中華>和食>洋食といった順でしょうか。
洋食に砂糖を使うのは、反則、です。(たまに使います、えへっ)
知り合いのイタリア料理店のミートソースが大変甘くて、この甘みは野菜だけで出せるのか?と思い、質問したら、蜂蜜を使っているといってました。蜂蜜はOK。知らんけど。
それはさておき、ジップロックにいれ、下味を付けた豚バラ肉を半分に切り、今度は揚げて行きます。
揚げる意味としては、飴色の豚肉に仕上げるという意味です。
焼いても良いし、薫製しても良いかもしれませんね。しかし、そういうバリエーションは、まず基本を知ってから、ということで今回はセオリー通り揚げました。
飴色になった豚肉を軽く熱湯をかけて油抜きします。
プロはお茶をかけるそうですが、まあお湯でも十分でしょう。
ここまでを僕は前日に仕上げました。
ちなみにここまでの行程は東坡肉と同じです。
いわば、寝台特急サンライズが、岡山で瀬戸行きと出雲行きに別れるのと同じです。

翌日、その豚肉を2センチ程の大きさにスライスし、その真ん中に切れ目を入れます。
そこに里芋を挟み込んでいくのです。
里芋は煮ると柔らかく溶けてしまうような物がおすすめ。と、しつこく教秀さんのメールに書いてありましたが、作ってみてその意味がよくわかりました。
宮崎の綾のまきちゃんの無農薬無肥料の里芋があればなあと思いました。残念ながら使用した里芋は僕が普段食べている煮ても柔らかくなりにくいタイプの里芋でした。

蒸すための皿は少し深めの物が良いでしょう、蒸していると大変うまみの凝縮した蒸し汁がたくさん出てきます。
浅めの皿で蒸したおかげで、煮汁が溢れ出そうになり、救出作業は難航しました。
蒸し皿にバラ肉と里芋のサンドイッチを並べた時点で、相当旨そう!!
こいつに昨日つけ込んでおいたつけ汁に、腐乳(フウルウという)ニンニク等を足して2時間蒸し上げます。
僕は蒸篭で蒸さず、深手の鍋に蒸し皿をしいて蒸しますので、上から蒸した水がたれることを予防する意味でも、キッチンペーパーを上に重ねました。
好事家のウェブサイトには、蒸せるものなら1日中蒸しても良いと書いてありました。2時間半後、蒸し器から出し、蒸し汁を中華鍋にあけ、味を整えて(整え用がない程完璧に美味しかった)水溶き片栗粉でとろみを付けたものをブツにかけて出来上がり。
作ってみて思ったこの料理の意味は、里芋と豚のバラ肉が絡み合って、新たな一つの味を作り出すというのが、テーマだと思います。
その意味でも、溶ける里芋がふさわしい。今回はそこが残念な点です。
手間はかかるが非常に簡単に出来、プロ並みの味が出せる料理です。
パーティーでは鶏の丸焼きと共にスターになれる料理です。

  1. 2011/04/02(土) 22:29:59|
  2. 料理のこと
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

4/16(土)赤坂B♭にてチャリティーライブを開催します。

4/16(土)赤坂B♭にてチャリティーライブを開催します。

4/16(土)赤坂B♭の好意で、チャリティーライブを開催することになりました。
CHAKA(vo)、中村真pf DUOです。
二人で何が出来るか?大したことは出来ないかもしれない。いや、大したことは出来ないと思います。
だけど、僕に出来ることは音楽だけです。どんな形でやるのがいいのかと、CHAKAともお店ともよく話し合いました。
義援金の募金箱を設置したいと思います。
参加してくれるミュージシャンの人がもしいるなら、一緒にやりましょう。

赤坂B♭ http://bflat.biz/

会場18:30/開演19:30
テーブルチャージ1000円
  1. 2011/04/01(金) 20:02:49|
  2. ライブの事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0