真・の・ブログ

日常的な事、ちょっと考えさせられるような事、まじめな事、不真面目な事、料理の事自転車の事等々等々、音楽の事以外の事を徒然と書き綴っていくつもりです。 が、どうなるかはわかりません。

カルボナーラの失敗

美味しいカルボナーラの作り方(僕流)。
中華鍋にオリーブオイルを入れて、粗みじん切りにしたにんにくをゆっくりと熱していく。
パスタを茹でる鍋に火をいれる。
具は正式にはパンチエッタだが、そんなことはどうでもいい。ベーコンでも鶏肉でも何でもいい。
今回は鶏肉としめじ。
鶏肉に下味をきっちりつける。
カルボナーラソースだが、大きめのボールに卵黄二個とパルメザンチーズをすり下ろす。軽くこしょうをふる。あればパセリ等も入れる。
ここが肝心。混ぜない。黄身を崩して終わりぐらい。
鶏肉としめじを炒めた後、白ワインを少し入れ、蓋をして蒸し焼きにする。
ゆであがったパスタを中華鍋にいれ、軽く和えてからパスタをボールに移す。
軽く和えて出来上がり。

失敗のポイント。

ニンニクの加熱の時点で火力が強すぎて少しニンニクを焦がした。
ここまでならば、ちょっと香ばしいニンニク味のカルボナーラですむ。

中華鍋に鶏を投入、皮目を焼いた後しめじを入れて軽く油をまわし白ワインを入れ蓋をして蒸し焼きにする段階で、火力を落とさなければならないのに落とし忘れた。結果煮詰まる。

この段階で、水を入れてのばせばそれなりに食えるのだが、考え無しにパスタのゆで汁をいれる。
結果、塩分濃度が上がりすぎる。

そして、この時点で水を投入。おかげでソースの水分量がずいぶん多くなった。

食す。
案の定まずい。
他人のために作っているのなら絶対に犯さないミステイクの数々。
一つ一つは小さなミス。それがトータルのクオリティーを著しく下げる。
こういうことは他にも良くある。

格言。
ミステイクは誰にでもある。しかしミステイクを補うために更なるミステイクを重ねることは愚かしいことだ。


スポンサーサイト
  1. 2011/02/22(火) 14:49:54|
  2. 料理のこと
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

夜食にラーメン


夜食にインスタントラーメンを。ただし少しだけ工夫をする。
インスタントラーメンのスープを鍋にいれ、水を入れてそこでもやしを煮る。
沸騰してしばらくしたらもやしを取り出す。
ほうれん草の茹でたものを軽くスープ通しして温めておく。
スープが再び沸騰したら麺をいれる。
僕は柔らかめに茹でるのが好き。
ゆであがった麺をどんぶりに入れ、もやし、ほうれん草、貝割れ大根と、海苔を二枚、バター、それに卵黄を盛りつけして出来上がり。
しこたますりごまをいれるのを忘れて残念な思いをした。
ラーメンは、オーガニック食料品店で買ったものだが、何でもいい。
インスタントラーメンもほんの一工夫でとてもおいしそうにみえる。


  1. 2011/02/21(月) 23:32:18|
  2. 料理のこと
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ビスマコ6


炊き込み御飯とレンコンしんじょの吸い物と大根ぬか漬け
  1. 2011/02/19(土) 20:27:25|
  2. 料理のこと
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ビスマコ5


ほうぼうの煮付け
  1. 2011/02/19(土) 19:47:20|
  2. 料理のこと
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ビスマコ4


レンコンとエビの揚げしんじょの葛あんかけ
  1. 2011/02/19(土) 19:29:11|
  2. 料理のこと
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ビスマコ3


筑前煮
  1. 2011/02/19(土) 19:11:09|
  2. 料理のこと
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ビスマコ2


白子ポン酢
ポン酢は自家製
  1. 2011/02/19(土) 18:59:10|
  2. 料理のこと
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ビスマコ1


小松菜おひたし
  1. 2011/02/19(土) 18:55:41|
  2. 料理のこと
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

no title

友達のダンサーに招待してもらった。
会場につくとすでにファンの女の子がたくさん並んでいる。

僕は近所の公園で読書しながら待つ
開場。一斉にみんなが動き出し会場入り。
三列になり整然と入場。
会場にはフィギュアのリンクのみならず体操マットやら体操選手のウォームアップする姿が。
座席には監督招待やらチームどこそここと貼り紙がある。
一般席には青森0145などと県名と数字がかいてある
座席指定か聞いてみたらそうだとの答え
受付で確認したらぼくのチケットにも大阪何々と数字が
ああ、ここにすわったらよいのか
で目覚ましが
目覚め最悪
もっと先を見たかった
  1. 2011/02/17(木) 12:03:34|
  2. 夢日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

登山道、いぬ、川、対岸、ヒグマ、携帯電話ムーバ、くまに食われてる、登山道入り口はトイレ、シンガーからメール、

登山道、いぬ、川、対岸、ヒグマ、携帯電話ムーバ、くまに食われてる、登山道入り口はトイレ、シンガーからメール、俺のなで意味不明なストーカーメールの苦情メール、心当たり無し。、携帯とりにいきたいがイヌのしたいのそば、探検隊再編、トイレから。

登山道を歩いていた。全く知らない山。川があった。小さな犬を連れて徒渉しようとしていた。
川は結構な流れ。
徒渉した先になんとヒグマが!!よせば良いのに連れていた犬が吠えかかる。
ヒグマが犬に気を取られているあいだに川を渡りかえした。
そこで信じられない光景を目にする。
なんと子犬はヒグマに捕まって、山の上の方の登山道までくわえてもっていかれ、そこでかみ殺された。
子犬は、いたいいたいいたいいたいいたい!!!めっちゃいたいわ~こんな痛いと思わへんかった、と感想を述べながら絶命。僕は再び川を渡り、登山道を引き返した。登山道を登りかえす途中で前から5匹程のヒグマが現れたが、知らん顔をして通り過ぎた。
背後では子犬を食らうヒグマの恐ろしい姿を目の当たりにするので、正直それどころではなかった。
帰宅すると一通のメールが。関西時代に少し関係のあったシンガーから。いい加減ストーカーメールを出すのはやめてください、とのメール。
心当たりないので、電話してみた。
向こうは僕が出していないことは想定済みで、しかし僕のメールアドレスからなぜかメールが出されていることを問題視していた。
パソコンのメールならパスワードさえしれれば第三者が送信することは可能だが、携帯メールでそれをするのはどうしたら良いのだ??
謎は謎を呼ぶ。調べようにも携帯電話がない。携帯は、子犬がもっていた。
古いムーバ。あれを取り戻す以外に方法はない。
しかしさすがにかわいがっていた子犬の死体の横の携帯電話をとりにいく勇気はない。
再び探検隊を再編。隊員は普通に登山道から、僕は登山度横のトイレからの入山。
どうなることやら。
つうところで夢から覚めた。
夢の中で、この夢の記録をとる夢も見た。記録とった、安心して寝よう、あ、これも夢や、というやり取りを複数回してようやく取った記録が以上。
  1. 2011/02/09(水) 10:43:14|
  2. 夢日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

太田朱美というプレイヤーとそのツアー案内

太田朱美を初めて聞いたのは8年ぐらい前かな?彼女が大学を卒業して広島から上京してきた当時の話。すごいフルートの若手が現れた、という噂ぐらいは聞いたことがあったような気がしたが、僕が出演していたライブハウスに飛び入りに来たのが最初。
そのときの演奏はたいして特筆する程のことはなかった。楽器の技術は標準よりうまかったが、覚えたフレーズを組み合わせ、それらしいことを吹いていたが、全てのパーツがバラバラで、音楽としてコンプリーとしている訳ではなかった。
東京ジャズ界の特徴として、ミュージシャンですら、ちょっとした話題性のある若者に飛びついたりする傾向がある。はやり廃りのようなものがあるのだ。朱美はこれから売れていくのだろう。だが、僕は特に触手が動くものはなかった。
その後も何度か僕のライブに飛び入りしにきたりしたこともあったが、その初対面の感想を覆す事はなかった。
その後何年も疎遠になっていたのだが、3年程前、関内の上町63のマスターから出演オファーがあり、太田朱美とデュオを斡旋された。ぼくは一瞬断ろうかと思った。
でも、長いこと聞いてなかったし、まあダメ元でやってみようと思い、引き受けることにした。
リハーサルで音を少し重ねてみたが、まるで別人のように素晴らしいプレイヤーになっていた。
彼女のバラバラなパーツは見事に整い、(元々そのパーツ自体は一級品だったに違いない。)一つのコンプリートした音楽になっていた。
フレーズはもちろんのこと、リズムの感性も素晴らしい。トーンの重なり合いにより調和(ハーモニー)を作るというような、並のミュージシャンには出来ないことをやってのけた。
演奏中ずーっと笑えて仕方なかった。僕は良い演奏家との共演では笑いが止まらなくなるのだ。
まあ、土井先輩とやるときは、ほんまに笑っているのだけど・・・。
朱美は名実共に日本のトップのプレイヤーに成長したのだ。
彼女とのデュオは本当に楽しい。様々なプレイヤーとデュオをやっているが、彼女程運動神経に長けたプレイヤーはいない。彼女と演奏すると、良い汗かいたな!!って爽快な気持ちになる。
また、フルートという楽器は音色の幅の狭い楽器なのだが、彼女の音色は本当に豊かだ。様々な色を持っている。
そんな朱美とも今回でツアー4回目。
東北ツアー1回、西日本ツアー2回。
今回は2/8(火)梅田ミスターケリーズ、2/10(木)岡山バード、2/11(金)福山 府中クラシックホール、2/12(土)姫路 ジョージアダムス、2/13(日)東広島 ブラック&タン、2/14(月)出雲 味巣亭、2/16(水)名古屋 ミスターケニーズで終了。

8日 ミスターケリーズ http://www.misterkellys.co.jp/index.html 19:30開演 3300円。インターネット予約割引あり。

10日 岡山 バード http://livehousebird.cocolog-nifty.com/ 20:00開演 3000円

11日 府中クラシックホール  府中市土生町1530-9 08063243809下江 1930開演 2000円 

12日 姫路 ジョージアダムス http://www.wine-makoto.com/georgeadams/live.html 20:00開演 3000円 当日3500円

13日 東広島 ブラック&タン http://black.ap.teacup.com/blacktan2008/  
19:00開演  3000円

14日 出雲 味巣亭 出雲市塩冶神前2-7-21 0853-23-5102

16日  名古屋 ミスターケニーズ    with 日景修b http://mrkennys.com/  20:00開演 2800円  
  1. 2011/02/06(日) 17:06:52|
  2. ミュージシャン紹介
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0