真・の・ブログ

日常的な事、ちょっと考えさせられるような事、まじめな事、不真面目な事、料理の事自転車の事等々等々、音楽の事以外の事を徒然と書き綴っていくつもりです。 が、どうなるかはわかりません。

日本三大残念のひとつ


札幌時計台
あとは日光陽明門と、…どこやろ?
募集!!
スポンサーサイト
  1. 2010/05/31(月) 17:18:22|
  2. 徒然と
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

香道をたしなみました

昨日お茶会がてら香道もたのしみました。
香道は香りを当てる雅な遊び。
香りは聞くものなのです。
ストーリーがありました。
源頼政が、宮中の姫のなかの特に美しいという菖蒲さんに恋をしたのだけど、菖蒲さんの顔は知らない

宮中にあがると美しい姫はたくさんいてね、そのなかで菖蒲さんを一度にいいあてなだめ
そのときに一首短歌を詠みました。
短歌の中身は
五月雨に 沢辺のまこも 水越えて いずれ菖蒲(あやめ)と 引きぞわづらう
というものでした
池の水がいっぱいになり、沢辺のまこもとあやめとが、くべつがつきませぬね、という意味です。

そこで、五月雨の香り、まこもの香りをまず聞き、その後何のインフォメーションもなしにもう一度三種類の香りを聞きます。
一度も聞いたことないあやめの香りを当てる、つまり、一度でみたこともないあやめさんを引き当てなければならない源頼政の立場をお香をきくことにかけているわけ。

10人くらいで当て合いましたが、見事美女を引き当てることができたのは僕一人でした。

美女は逃さない、いかにも僕らしいエピソードだなと我ながら感心。
  1. 2010/05/31(月) 13:32:43|
  2. 徒然と
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

お茶会


来てみたものの、みんな和服やしやばい!!
デニムで来なくて良かった
  1. 2010/05/30(日) 14:07:33|
  2. 徒然と
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

手作りベーコン


二日間に分けて6時間じっくりと薫製したベーコン。
北海道期間中、冷蔵庫で寝かせます。
そうすると、肉が熟成して、まるで生ハムのようなしっとりとした味わいになります。
焼いてよし、そのまま食べてよし、料理に使ってよしです。
北海道から帰ってきたら、このベーコンと手作りパンをメインの宴会しましょう!!
誰かこないかい??


  1. 2010/05/29(土) 15:43:08|
  2. 料理のこと
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

昨日の残りのパンと


スープ。グリーンピースとタマネギとジャガイモと人参が入っています。


  1. 2010/05/29(土) 15:41:24|
  2. 徒然と
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

パン食べた


手作りパンに手作りマーマレードにバター。

  1. 2010/05/29(土) 00:36:18|
  2. 料理のこと
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

パン焼き中


オーブン
  1. 2010/05/29(土) 00:04:29|
  2. 料理のこと
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

パンお休み



  1. 2010/05/28(金) 23:17:05|
  2. 料理のこと
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

パン製作



  1. 2010/05/28(金) 22:45:17|
  2. 料理のこと
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

中津江ミュージックキャンプ参加者募集

中津江ミュージックキャンプの参加者を公式に募集いたします。
nakatuehyousi1copy.jpg


nakatuehyousi.jpg


期間 7/24(土)~8/1(日) 2日解散

参加費用 1日1500円 食費込み

8/1は、日田市パトリアホールにて、MC参加者選抜メンバーと招聘アーティスト達によるコンサートを開催します。

参加資格 音楽や芸術やダンスを愛する人、雑魚寝等をいとわない人。音楽演奏出来なくても参加可能です。

参加は一日から可です。
一応限定一日30人とさせていただきます。


中津江は、大分の北西にある山間の村で、サッカーWCの際、カメルーンが滞在したことにより全国的に知られるようになった村で、今は市町村合併により日田市に所属します。
中津江にある、小さなすてきなコンサートホール、中津江ホールににて、自炊しながら寝食を共にしながら、音楽、美術、ダンスなどのミニコンサートやワークショップなどに参加することにより、共にに学び、中津江の自然を楽しみ、そこで新たな人のつながりを発見していく。というイベントです。
地域のひとたちとの交流と、それを通じて精神的価値を分かち合う、というのも目的の一つです。
ワークショップは、誰でも参加できるものから、プロを目指すミュージシャンや、プロのミュージシャンでも参加する意義のあるものまで、様々です。
地元工芸家たちによる伐採体験や、箸作り体験等も別枠でコンテンツとしてもうけてあります。

MCでは、与えられたワークショップをこなすだけではなく、自主的に目的をもって学んだり、吸収したり、楽しみを見いだしたりしてほしい。
おそらく、中津江や中津江ホールを見た人なら、何か楽しい気持になるだろうし、中津江に集うアーティスト達との交流や、村民の交流の中での自分の主体的な居場所を見つけていけることでしょう。


フライヤー送付希望の方には送付いたします。
メールを一通ください。
makoppo081@aol.com


プロデューサー 中村真 http://makoppo081.web.fc2.com/
招聘アーティスト
伊藤大輔(vo)http://www.daisuke-ito.net/
光田臣(ds.perc.)http://jinda.at.infoseek.co.jp/
山田うん(dancer)http://www1.ocn.ne.jp/~yaun/ (26~)
上野賢治(fl)http://hotaruan.com/です。

招待アーティスト
本多千紘(p)(25~)
川本悠自(b) http://sound.jp/yujik/index.xhtm

アシスタント
宮本裕子(vo)http://www.yukomiyamoto.com/yukomiyamoto.com/Top.html
和田いづみ(vo)http://www.izumiwada.com/
  1. 2010/05/25(火) 15:51:17|
  2. 中津江ミュージックキャンプ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ぬか漬け日記6


一番だしがまだ余っていたので、出し茶漬け。
大根とキュウリの深漬けでいただきました。
おいしかった。おじいちゃんブレンド。
キュウリと大根が王様やね、ぬか漬けとしては。

  1. 2010/05/19(水) 18:34:36|
  2. 料理のこと
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ぬか漬け日記5


あんかけチャーハンと、キャベツともやしの吸い物、そしてキュウリと大根のぬか漬け。
一番だしが余っていたので、チャーハンに和風餡をかけてみました。おいしかった。
これは姫路の天ぷら屋「まこと」の賄い日記で読んで試してみた。
まことでは、木の芽庵にしていたが何も入れずにだし汁をとろみつけた。
ぬか漬けは細かく刻んでごまと醤油のおじいちゃん風。

  1. 2010/05/18(火) 16:38:23|
  2. 料理のこと
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ぬか漬け日記4


5日間ほどのぬかどこ作りで、本漬けしてみました。大根と大根葉ですぐきをしてみました。
酸味といいぬかの香りといい、完璧!!
感動のうまさでした。
さあ、夕飯には感動のキュウリを出してみるぞ!!!


  1. 2010/05/17(月) 14:29:24|
  2. 料理のこと
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ぬか漬け日記2

中村家ではぬか漬けは、おじいちゃんの味なのです。
母型のおじいちゃんがぬか漬けを作るのが得意だったからです。
塚口家(母の実家)では、お酒を飲んで帰宅したおじいちゃんは、必ずそのぬか漬けでお茶漬けを食べていたそうです。
おじいちゃんがお茶漬けを食べるその音、さらさら、こりこり、というその音に食欲をそそられた当時子供だったうちの母やその兄弟は、寝床からごそごそと起きだして、こぞってお茶漬けを食べたそうです。
中村家でのぬか漬けの日は、たしか金曜日でした。
もしかしたら、金曜日は巻き寿司の日だったかもしれません。
いずれにせよ、週に一度、ぬか漬けの日があったのです。
邦楽家であるうちの父親は、週一度、稽古を羽曳野にあるおじいちゃんの家の二階でしていたのです。
稽古が終わったら、夕食をよばれて、お土産にそのぬか漬けを持って帰ってくるのです。
僕は、おじいちゃんの作った、3日間は漬けたであろう、ほとんど緑色の残っていないくしゃくしゃになった古漬けのキュウリと、白菜の漬け物が大好きでした。
お茶漬けのお茶はほうじ茶、そして、漬け物にすりごまと軽く醤油をかけ、なぜか味の素をかけるのが習慣でした。
今となっては、そんな手作りのぬか漬けに味の素を入れて食べていたのはもったいない気もしますが、兎も角、その三つを使うのがお決まりでした。

おじいちゃんは立派な人でした。
僕がミュージシャンになることを決めた頃、母の兄弟、つまりおじさんたちはこぞって反対しました。というより、馬鹿にされました。
そんなんで年収いくらになるんや、といわれたこともあります。
が、おじいちゃんは、全く反対しませんでした。懐の大きい人でした。
とにかく人望のある人でした。
晩年は、おばあちゃんがよいよいになってしまったので、介護に明け暮れる日々でした。
わがまま三昧をいうおばあちゃんに、おじさんやいとこ連中は、おじいちゃんの負担になるので、なんとかおばあちゃんから引き離そうとしていました。
でも僕は、おじいちゃんに介護をさせた方がいいのではないの?と提案しました。
実は、そのことについておじいちゃんと二人で少しだけ話したことがありました。おじいちゃんは、おばあちゃんが好きで、介護をしているのも楽しいのではないの?って。
そしたら、そうやで、と答えてくれたことがあったのです。
ビルマに戦争に行っていて、その頃おばあちゃんに苦労をかけたらしく、その恩返しの意味もあったのではないかな、と思います。

おじいちゃんは90ぐらいで死にました。
85くらいで煙草をやめて、煙草やめてよかったわ~というようなおじいちゃんでした。
おじいちゃんが死んでもう七年ぐらいになるな。
秋のことでした。
葬式には仕事の都合で行けなかったんだ。冥土に送りたかったなあ。

明日は試しにキュウリを漬けてみます。なぜか風土舎にもうキュウリが出ていました。
おじいちゃんの古漬けの味、が目標です
  1. 2010/05/15(土) 15:07:38|
  2. 料理のこと
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

ぬかどこ日記1

二日間ほど捨て漬けを続け、酒粕をほんの少し足してみた。
今朝かき混ぜてみると、生ぬか以外のほんのりとした発酵臭が!!
もはやぬかどこが完成か?!一週間から場合によっては一ヶ月かかるらしいが・・・。

さ、次はキムチ壷やな。
  1. 2010/05/15(土) 01:42:26|
  2. 料理のこと
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

オーブンとぬかどこ



オーブン結局枕元にはおかれることもなく、買うことになりました。
デロンギのコンベクションオーブン2万円。
早速、子供の頃の楽しい思い出の料理、骨付き鶏のオーブン焼きをやってみました。
塩こしょうした鶏もも肉に、近所のバス停の植え込みから摘んできたローズマリーを添えてオリーブオイルをかけてオーブンへ。
半分火が通ったら、付け合わせの野菜を入れて再度焼きます。
バッチリ!!
これが何故かイタリア料理なのだそうです。こんなのが国名のつく料理なんだね。

さて、やはり何年も悩んだ結果、ぬかどこを作ることにしました。
どうしてもツアーが多いので、管理出来ないのでは、という気持と、どうしてもぬか漬けが食べたい、という想いのせめぎ合いが、とうとう後者が勝った、といったところでしょうか。
市販のいい加減なぬか漬けは食べられないし、ちゃんとしたぬか漬けは非常に高い!!
さて、ツアーに持っていく品物が一品増えたな。
うちは精米機があるので、糠はいくらでも手に入るのです。
これで、更なるビストロまこの充実が図れるというものです。



  1. 2010/05/11(火) 15:35:18|
  2. 料理のこと
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ブロッコリーと菜の花とエリンギ と鶏肉のパスタ


収穫を終えたブロッコリーの畑を放置していたら自然に生えて来るブロッコリーの新芽と、菜の花、エリンギは残念ながら有機でない物だが、を使ったパスタ。
普通のパスタだが、いつもとレシピが違う。
チキンブイヨンを少し加えている。
僕が勝手にパスタの師匠とあがめている吉祥寺ストリングスの加藤さんは、ブイヨンを使わずにパスタを作る。それに倣っていたが、宮崎地鶏の親鳥のガラが手に入ったので、それを主としてトリガラスープを取ったのだ。それを製氷皿でキュ-ブ状にして冷凍しておいた物を使ってみた。
いつものパスタより厚みがある味になる。
ちなみにイタリア料理ではブイヨンのことをブロードと呼ぶ。


  1. 2010/05/10(月) 15:17:26|
  2. 料理のこと
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

記念すべき第一回の料理は


ども、最近のボイスのつぶやきがあまりにきもすぎて、どんどんファンとマイミクを減らしているまこりんだよ。
記念すべき寸胴第一回目の料理は、・・・。別に寸胴でなくてもできる、トマトソースを作ったよ。
トマトのみじん切りを飴色になるまで炒め、皮や芯を丁寧に取り除いたホールトマトを併せて煮込んでいくだけの料理。
タマネギを炒めるのは中華鍋でやりますが、煮込むのを新寸胴でやってみました。
仕上がりの試食はトマトソースのみのパスタです。
ゆであがったパスタをボールでトマトソースとあえるだけ。
パルメザンをしこたま削りいれました。
美味!!美味!!シンプルだけど美味!!


  1. 2010/05/04(火) 01:11:25|
  2. 料理のこと
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

海南鶏飯


海南鶏飯と書いてハイナンチキンライスといいます。まあ得意料理の一つです。
寸胴の中に鶏肉をほりこみ、お水をたくさん入れて沸騰したらあくを取りながら、あくが抜けてしまったら、くず野菜等を入れて一時間ぐらい放置。
鶏肉を取り出してさまします。
ゆで汁はスープになり、そのスープでごはんを炊きます。シンガポールの屋台料理。
具は鶏肉と適当な生野菜。
たれは、スイートチリソースと、ブラックソイソース、生姜とごま油と塩を混ぜたもので食べるのが本式。
スイートチリソースは2006年に賞味期限が切れたものがありましたのでそれを使い、ブラックソイソースはかえしで代用。マヨネーズとマスタード、それにブラックペッパーとブラックソルトを混ぜたものも用意。
最近はもっぱらブラックペッパー&ソルトを多用しているなあ。
僕は、これの本物を香港のホテルで食べました。
しかし、シンガポールの雑然とした屋台で、一度食べてみたいものです。


  1. 2010/05/03(月) 20:53:50|
  2. 料理のこと
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0