真・の・ブログ

日常的な事、ちょっと考えさせられるような事、まじめな事、不真面目な事、料理の事自転車の事等々等々、音楽の事以外の事を徒然と書き綴っていくつもりです。 が、どうなるかはわかりません。

明日から北行、僕って最低の男??

明日から仕事がしばらく休みなので、梅雨の本州を避けて北海道に行ってきます。
夜中の二時発のフェリー東苫小牧行に乗り、大雪山縦走します。
トムラウシ温泉から入って、トムラウシ~化雲岳~白雲岳~黒岳縦走し、層雲峡に降りる縦走です。

山中二泊三日。

去年夏のチャリツアーで世話になった旭川のビーン中島さんに全面的に世話になっての登山です。
トムまで送ってもらって層雲峡からピックアップしてもらいます。
ほんまにありがたい話です。

そして、仕事でもないのに、北海道に行かせてくれる、妻に感謝です。

7月は、さらに、綾戸ツアーにかこつけて四国石鎚、連休に八ヶ岳、綾戸ツアーにかこつけて山形朝日連峰、それが終わったら、8月に光田臣とアルプス縦走、常念岳~燕~行けるなら餓鬼まで初アルプス!
その続きに、北海道を岸徹男伊藤大輔らと登山を兼ねたチャリ旅をします。

僕って最低の男??
スポンサーサイト
  1. 2007/06/26(火) 02:02:26|
  2. 山歩きやチャリ旅
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

中村真 ゴキ講座

とうとう梅雨入りですね。これからの季節、もしかしたら、あれとの格闘の時期かもしれませんね。
あれ、とは勿論、ゴキブリの事です。
僕の以前住んでいた家と、その前の家は、「ゴキの館」でした。
元々とてつもなく苦手だった僕は、退治に乗り出したのですが、まずは敵を知る事から、と、ありとあらゆる文献を読みあさりました。

最終的に、僕のとった措置を、駆除業者に言ったところ、あなたの措置はプロ用の強い薬剤を使えば、プロレベルです、とのお褒めの言葉を頂きました。

その僕が、素人さんにアドバイスを送ります。

[中村真 ゴキ講座]の続きを読む
  1. 2007/06/16(土) 12:08:43|
  2. 徒然と
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:9

久しぶりにパスタ

北海道の友達、めぐたんにもらったアスパラでつくった

アスパラとトマトと空豆のパスタ

です。

作り方は簡単。

ニンニクを叩きつぶし、鷹の爪と一緒にたっぷりのオリーブオイルで熱する。アンチョビをいれる。
京都の友人、榊田さんから貰った月桂樹の葉っぱも入れる。

お湯を沸かし、沸騰したと同時に、パスタを茹でる前にトマトをまず湯剥きする。

パスタを湯がきながら空豆とアスパラを茹でる。

フライパンの火力を上げ、鶏肉をいれる。
少ししたら下げる。
鶏肉は片面しか焼かなくていい。

湯で上げた野菜と、湯剥きした後粗く刻んだトマトをフライパンにいれる前にフライパンの火力を上げる。
白ワインと、場合によってはゆで汁を入れて油を乳化させる。

少しフライパンにふたをして火力を下げる。

ゆであがったパスタをフライパンに入れる。

何よりも大事なのは、ここで混ぜすぎない事!!

多少きっちりソースと合わさってなくても構わない。食う時に混ぜれば良い。

出来上がり。

野菜が全部有機野菜やから抜群!!。

P6060052.jpg

  1. 2007/06/12(火) 10:23:35|
  2. 料理のこと
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

チャリツアー締めくくり、屋久島登山

僕は今、屋久島は宮之浦岳の山頂にいる。実は宮之浦岳は九州最高峰なのだ。

反則技だが、山頂にテントを張る。

yakutento.jpg



とてつもない強風。だけどペグが効いたので大丈夫。念のため張り綱を張った。

ちゃんと立てたテントは少々の強風ではびくともしない。
時刻はまだ16時。日没までまだずいぶんあるが、持って来た豚肉と野菜で、一人バーベキュ。ただし、テントの中で。
持参していた幻の屋久島焼酎「三岳」をあおる。
三岳の意味するのは、宮之浦岳をはじめとする、屋久島奥岳の三座のこと。
要するに、今僕は「三岳」の上で「三岳」を飲んでいるのだ。


今回の山行は幸運だった。
一年のうち366日雨が降るといわれる屋久島だが、4日間の滞在のうち、後半の2日は快晴。
登りはじめこそ霧雨が降っていたが、9時ぐらいにはすっかり晴れ、屋久ザルと屋久鹿に見守られながらの楽しい登山。

のはずだったのだが、妻の膝の調子が悪い、屋久島の縦走の練習の為、秩父の大持小持山を縦走した時に壊した膝が、またうずきだしたらしい。

なんとか騙し騙し縄文杉まではたどり着いたのだが、ここから先の山行は難しいと判断し、妻は下山を決意。僕一人で宮之浦岳を目指す事にした。
この辺りまではトレッカーもうじゃうじゃいるし、ネイチャーガイドもたくさんいるので、単独下山もそう難しくはないだろう。

縄文杉を過ぎると、植物の生態系が変わってくる。
2000m峰とは思えないような、森林限界付近の植物の生態系に変わってくるのだ。
ジャングルを抜けたら、そこはアルプスめいた高山なのだ。
そういった意味でも、屋久島は面白い。

バーベキューをひとしきり終えると、テントの色が変わって来た。
夕焼けだ。
テントから出てみる。

なんと!!

テントを張る前、向かいの永田岳から今にも襲いかかってきそうだった雲の塊はすっかりなくなり、360°雲海が広がっている。
その雲海に、今にも沈みそうな夕日。その壮大な景色に僕は絶句した。
この世の風景とは思えない。
暗くなるまでしばし見惚ける。


yakuunkai.jpg





妻から無事下山の報告のメールがはいる。妻は妻で、民宿のご主人に連れられ、ウミガメの産卵を見に行くらしい。
よろしくやっとくれ。

次の日の朝、ご来光を拝み、又これも大した風景だった。

朝食をとり出発。

実は僕も今回の山行で、股関節を痛め気味だったので、最も短時間でたどり着ける淀川登山口に下山をする。本当は、屋久杉ランドという登山口に下山したかったのだが、精神的肉体的な余裕が無かった。

自分にとっての今年第二の大きな山行である屋久島縦走。概ね無事成功。
実り多かったチャリツアーを象徴するかのごとくいい山行となった。

惜しむらくは、山頂の風景を、妻と共有出来なかった事だ。

まあいい。屋久島は逃げはしない。
いつかあの風景を妻にプレゼント出来る日が来ることだろう。

さて、今月末は北海道は大雪山縦走。楽しみ!!こちらは、ヒグマと二人で楽しく登る。
  1. 2007/06/07(木) 17:14:28|
  2. 山歩きやチャリ旅
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ツアーその後、ジェノアのマスターのヨット

ツアーを終え、妻を迎えにトミーとQちゃんと共に鹿児島空港へ。
既に、小林のジェノアのママさんと、その息子、中学三年の天才ドラマー海太郎、それにジェノアのライブに来てくれていた舞田夫妻と、件の柳田君(昔の日記参考。ひむかの宝箱で車を盗まれた君)が迎えに来てくれていたが、ANAのコンピュータートラブルがあり、飛行ダイヤが大幅に狂っており、妻の乗る飛行機は到着時刻を過ぎてもまだ、羽田を立つ気配なし。
申し訳ないが、僕達はママを残してヨットハーバーへ。
やはり、柳田がいると何か起こる、というと、柳田曰く、僕は真さんといるとき以外は平穏なんです、だと。どない思う??
[ツアーその後、ジェノアのマスターのヨット]の続きを読む
  1. 2007/06/02(土) 09:16:44|
  2. 2007九州チャリツアー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0