真・の・ブログ

日常的な事、ちょっと考えさせられるような事、まじめな事、不真面目な事、料理の事自転車の事等々等々、音楽の事以外の事を徒然と書き綴っていくつもりです。 が、どうなるかはわかりません。

九州チャリツアー終了!

熊本おくらでのライブで今回のツアー終了。
九州全域からファンが集まってくれた。
地元熊本からはツアー最多参加のQちゃん、マスターは長崎、佐賀のトミー、宮崎の弥生ちゃん、鹿児島はトミーが兼ねて、お~さわちゃんはお~いたから。
お~さわちゃん(中津江の大沢さんのこと)の連れてきた先生と、その連れてきた美女二人、要するに、知り合いしかいないライブだった。
ツアーファイナルは「あなたのおうちで演奏」してるようなアットホームな感じ。
最後に弾いた曲は、ハッピーバースデー。
トミーの誕生日だった。

実り多いツアーになったと思う。
その気になれば、一ヶ月知り合いの家を転々と出来るほど友達ができた。
今回のツアーは出会いの旅になる予感がしていた。
その通りになった。

今日はトミーの車でQちゃんと3人で、小林のジェノアのマスターのヨットに乗りに行く。
妻も鹿児島にくる。
妻はトミーがヨットにまで来ることを知らない。
いきなり会わせてびっくりさせる作戦だ。

ヨットが終われば妻と二人で屋久島へ。
関東へは6月1日に戻る。

一ヶ月半の長旅は遂に最終盤へ。
スポンサーサイト
  1. 2007/05/27(日) 11:47:50|
  2. 2007九州チャリツアー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

今回の旅の装備について

チャリ旅は重い荷物をチャリに装備する。
しかし、積み荷は軽いに越したことはない。

今回の装備全てをここにあげる。

今後旅を志す人は参考にしてください。

チャリバッグ(左右ばらばらでない馬の鞍みたいなタイプが理想的)
テント(多少重いが2~3人用を僕は使用)
寝袋(夏用)
マット(mont-bellの上等の半身用)
工具(パンク修理キット、空気入れ、六角レンチ、機械油)
スペアチューブ一本
輪行袋
雨具(ロングスパッツ含む)
飯ごう
コッヘル
ストーブ2個(カセットガス使用のとキャンプガス使用のと2種類)
食料(塩、砂糖、胡椒、オリーブ油、ゴマ油、無添加だしの素和洋中、マヨネーズ、米、マカロニ、振りかけや梅干し等の米のあて等)
食器(箸、スプーン、フォーク、)
ナイフ
マグカップ
衣類(Tシャツ3枚、パンツ3枚、靴下4足、ジャージ2組、長袖インナーとタイツ一組、手拭い3つ、インナータイツ以外全て化繊)
リュック(50L)
携帯
携帯充電器
カメラ

メグタン(化繊)


メグタンについての詳しい話はまた今度。
  1. 2007/05/25(金) 20:15:39|
  2. 2007九州チャリツアー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

あれがあれで凄すぎて・・・。

444003154_79


田島の実家のビストロを訪ねる。
大沢さんとトミーの他にアキちゃんという女の子が同行。
なかなか不思議ちゃんでかわゆい。が妊娠6カ月・・・。
大沢さんは移転してから行くのは初めてだそう。
料理は最高!アホスープ美味しかったな~。
ピアノもあるし、今度は田島とライブで行ってもよいな。
田島はほんま、両親二人を足して3で割った感じ。
なんで3で割るかって?
そら、ねぇ・・・。


ビストロを引き上げ、中津江ホールに戻ったのはいいのだけど、あれが異常にあれで、我が人生最大のあれ体験・・・。
1日20回もあれに遭遇するとさすがに疲れ果てる・・・。
挙げ句の果てに自転車バッグの中からあれが出てきたので私はノックダウン・・・。
九州は多いやろなと思ってはいたけど、ここまでとは・・・。
いや、中津江ホールがおかしいのだ!
僕は比較的あれ率低い箇所に毛布を敷き寝る。

翌朝、ゆっくり寝て9時ぐらい起床。
トミーは既に起きてモーニングホーミを歌っていた。
相当にうざいかと思いきや、中津江の自然はホーミすら中和、というか融和してくれる。
というか、ホーミは本来自然なものだった・・・。


大沢さんが持ってきてくれた朝食を食べる。

ホールのロビーはいい感じに日が差してさわやか。
夜行性なのであれがいないし。
大沢さんが湯を沸かしてくれた。
紅茶を入れようとリュックを動かしたらあれが!
お~いっ!


トミーとのしばしの別れ。
ほんの2日だけど。
そう、2日後の熊本オクラのライブ、トミーがMCで来てくれることになった。
こうなったら「毒食わば皿まで」だ。


今日はやることないので、九住越えを勧められた。
反則で、峠の上まで車載せてもらい、チャレンジ!
機嫌よく下ってたら5分もせんうち10%の登り。
お~いっ!

しかし眺めはさいっこう!
九住の袂を回りながら徐々に離れてゆき、今度は阿蘇が近づいてくる。

えげつない峠を越して、民宿に投宿。
なんやしゃんけど太ももが筋肉痛!
お~い!


昨日の1ヶ月ぶりの本格登山の祖母登山が原因やとは思うけど、まあ いずれにせよ僕ほど「緩い」旅するチャリ旅人おらんやろな・・・。
  1. 2007/05/24(木) 21:36:19|
  2. 2007九州チャリツアー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

中津江村ライブ

442675165_191


結局いろいろあって日田まで自転車を漕いで向かうことに。
日田で大沢さんのお迎えを待っ間、ミスタードーナツで休憩。
ミスドはたまに食べるとまるで麻薬やね。

待つ間、元生徒のギタリスト田島くんが日田の出身だと思いだしメール。実家が日田では有名なビストロだそうで、迎えに来てくれた大沢さんにその事を言うと、当然知っていて、なんと大沢さんが中津江に来たきっかけとなったのは田島のおじさんの会社に入社するのがきっかけだったらしい。
世の中狭い!

中津江ホールは木製でとても感じよい。ホールの回りは緑いっぱいで、ちょっとしたフェスティバルをしてもよさそう。
雑魚寝できるスペースもあり、夜通し演奏したりするイベントやってもよさそう。

きっとトミーもそう思うだろうと思ったら、到着後開口一番同じようなことをいってた。

コンサートは3日前に決まったにもかかわらずお客さんは50人ぐらい来てくれ、子供たちもたくさん。
前説のトミーも冴え渡っていた。
つくづく、トミーはアウェイに強い。
むしろホームよりアウェイの人かも。

笑いで感受性を広げておいて、シリアスな演奏をする。
ギャップに戸惑うかと思いきや、むしろええ感じに揺さぶられて音楽を聞きやすいのかもしれない。
いいコンサートだったと思う。軽く打ち上げ後、就寝。ホールで雑魚寝だ。
もちろん、トミーとはかなり離れた場所に毛布を敷く。
次の日は「ギャラ」の祖母山登山。登山口まで大沢さんに送り迎えしてもらう。
トミーの寝てる部屋に荷物を取りにそっと行く。
トミーのいびきがホーミー風に聞こえる。
思わず笑ったら、トミーは起きていてわざとやったらしい。
なんと、登山口まで一緒に来るらしい。
9時に登り始め、2時過ぎに下山。
久々のまともな山は結構疲れた。

今日はこれから田島のビストロでゆっくり飲んで、もう一泊ホールにする予定。
トミーも一泊するらしい。

一体いつになったらトミーの文字がぼくの日記から消えるのだろう・・・。
  1. 2007/05/23(水) 15:29:06|
  2. 2007九州チャリツアー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

呼子のイカ

440943690_20


トミー主宰のライブを終え、翌日は呼子にイカを食べにイカないかとのトミーの提案。
ええね~。

普段、よほど新鮮なイカ以外は口に入れない僕は、どれ程のイカなのか興味深々!。
途中高速に入った途端ガス欠でエンスト。
小城のトミーの知り合いがガソリンを持ってきてくれ一段落。
トミーといたら日常がコント。飽きることはない。

呼子到着。
近くの食堂で活けイカ定食を注文。

今までイカやと思ってたのは一体なんなんや!
はっきりいって別の食べ物。

今後さらにイカが食べられなくなるとか、そんなことはない。
なぜなら完全に別の食べ物やから。

食べ終えて甘木の松本亭へ送ってもらう。

明日はまたもや急きょ決まった中津江村でのソロコンサート。
このチャリツアーを知った中津江の大沢さんが、小倉でのライブに来てくれ、メールをくれたことから交流始まり、今週予定している祖母山登山に協力してくれと図々しいお願いをしたところ、快く協力をしてくれる上に、コンサートまで企画してくれた。
明日は甘木まで迎えに来てくれた上、明後日祖母まで送ってくれるって!

トミーにそのことを話すと、来年から九州チャリツアーではなくて、九州チャリを運ぶツアーだね、と皮肉られた・・・。

ついでに明日休みのトミーに明日のコンサートの前説をお願いする。

一体このツアー中何回トミーと会えばよいのやろか・・・。

なんか、トミーが僕を紹介してくれると、お客がリラックスするんだ。
僕はトミーのどこが好きなんか考えてみた。
彼の、そのお笑いのセンスも好きやけど、音楽をほんまに愛している。バカにしてない。それをはひしひしと感じるからなんやな。
むしろプロのミュージシャンよりそれにたいしての執着は強いかもしれんね。


今後は、中津江から祖母を登り、ツアー最後の熊本へ向かう。
ツアー終了と同時に妻が鹿児島に来る。古地ツアーの時に意気投合した、小林のジェノアのマスターのヨットに乗せてもらい、その後屋久島へ渡り、6月1日にさいたまに戻ります。

なんとすでに昨日九州上陸一月を迎えた。
もう九州中友達だらけになったよ!
ただ、漕いだ気はあまりしない旅やな~今回は。

まあ、ええやないかそれはそれで。
  1. 2007/05/21(月) 22:07:59|
  2. 2007九州チャリツアー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

呼子に向かう途中

440468757_22



トミーの車がガス欠w(☆o◎)w天気が良い。
  1. 2007/05/21(月) 11:42:21|
  2. 2007九州チャリツアー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

星座観察会とラジオ

ルーレットのライブが終わり、来てくれた関西時代からお客さんの金城さんと、佐賀での綾戸さんのライブをみてメールをくれ、聞きに来てくれたあさみちゃんと星座観察会のやっている八丁ダムへ向かう。

すでにライブで盛り上がってる会場に到着。トミーとの久しぶりの再会。
思ったより寒くないけど、もっていた防寒具を着込む。
1、2杯お湯割りを引っかけて暖まり、星座を観察。
木星が上がってて、すんごい天体望遠鏡で眺めさせてもらう。木星の衛星までくっきりと見える。
すごい!
天体の先生にいろんな星座を解説してもらう。
それにしてもトミーはのまわりにはキャラのない人間はおらんのかい!ていう感じ。

元々あさみちゃんはトミーのことも祥ちゃんのことも知ってたのだが、なにもしらない金城さんもとても楽しんでる。

トミーは天体観察の合間に爆音でキムサクをかけてた。
前のツアーの時にプレゼントしたのだ。
とても気に入ってくれていた。そう思ってくれる予感はあった。
なんかわからないけど、トミーとは波動が合う気がするのだ。
それと、ついにトミー富岡ライブを観察。
無茶おもろい!
九州意外の皆さんにも是非見てもらいたい。
今年の11月、溝口、日景、小前らとトミーで西日本をツアー予定。今から楽しみです。

明け方までどんちゃん騒ぎをし、就寝。というか、撃沈。

翌朝、トミーが腹を出して寝ている。
凄い腹。そして凄いいびき。
まるでバイクのエンジン音だ。
起床後、福岡のスタイルFMにむかう。
トミーもさすがに疲れていて、生放送なのに結構危なかった。ラジオの映像はインターネットで流れる。
またもやめぐたん登場させた。
めぐたんについて詳しいことはまた今度。

これからソロのライブです。
  1. 2007/05/20(日) 17:40:09|
  2. 2007九州チャリツアー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

日曜日のラジオ出演とライブについて

今日の夜中星座観察会があるんだ~
ライブ情報です!
よかったら来てね

☆ラ・プリエール・アンジェ☆50日祭
■5月20日(日)
開場19:00
開演19:30
@佐賀市愛敬12-15(愛敬マンション1F)
4月にオープンした『Cafe La・Priere・Ange』
開店50日記念ピアノコンサート^^を開催^^
ゲストはジャズ界トップ級のピアニスト『中村真』

司会
トミー富岡

オープニングアクトに華月祥も登場^^
■チケット
チャージ3000円
1drink要order
当日(500円up)

問い合わせ先
0952-23-8009
ラプリまで^^

よろしく~^^



皆さん、怖いもの見たさにトミーを見にきてください。
ラジオのWebでもトミーを見れるそうです。
どうぞよろしくm(_ _)m
あ、祥ちゃんもとてもかわいいよ~っ、見にきてねっ!
  1. 2007/05/19(土) 17:06:40|
  2. 2007九州チャリツアー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

日曜日のラジオ出演とライブについて

トミー富岡からのお知らせです。


■5/20(日)
14:00~15:00
福岡StyleFMラジオ『華月祥のWithSmile!』

アクセス
http://www.768.jp

■お便り
tommy@768.jp
まで^^

ゲスト
中村真


■福岡市内近郊
76.8MHz

■世界中の皆さんには
インターネット放送で~^^

http://www.768.jp

にアクセスして

左上の映像近くに
[Live]をクリック願います^^

動画と一緒にお届けいたします^^



☆ラ・プリエール・アンジェ☆50日祭
■5月20日(日)
開場19:00
開演19:30
@佐賀市愛敬12-15(愛敬マンション1F)
4月にオープンした『Cafe La・Priere・Ange』
開店50日記念ピアノコンサート^^を開催^^
ゲストはジャズ界トップ級のピアニスト『中村真』

司会
トミー富岡

オープニングアクトに華月祥も登場^^
■チケット
チャージ3000円
1drink要order
当日(500円up)

問い合わせ先
0952-23-8009
ラプリまで^^

よろしく~^^



皆さん、怖いもの見たさにトミーを見にきてください。
ラジオのWebでもトミーを見れるそうです。
どうぞよろしくm(_ _)m
あ、祥ちゃんもとてもかわいいよ~っ、見にきてねっ!
  1. 2007/05/19(土) 13:35:42|
  2. 2007九州チャリツアー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

なんと22年ぶりの再会!

実は甘木を訪れるのははじめてではないのだ。
22年前、僕がまだ中学生だったころ、当時近代の通信科で勉強していた母の同級生、とはいえその人は母とは親子ほど年の差のある友人で、当時20代の前半だったその松本さんという人は、僕のいわば兄貴分で、彼に連れられ九州を旅行したことがあり、その際彼の実家のある甘木に一泊お世話になったことがあるのだ。

その事はもちろん頭にあったのだが、松本さん本人は現在名古屋に住んでいて、現在は少し疎遠になっており、ご両親には、なにせ22年も前の話だし、もう忘れられているだろうと思っていたので、連絡とるつもりはなかった。

ただ今甘木にいることを、母には、面白いから松本さんに電話してみ、とメールした。
母は現在少し病がちで、昔の友人たちに連絡をとったりする気力に欠けるところがあり、きっかけになればよいと思い、その事を伝えはした。

テントで一人晩酌していたら携帯がなった。

「もしもし、松本です。いまどこ?甘木公園?、今すぐ迎えに行くから」

母の仕業。
まさか、ご両親に連絡するとは思いもよらず、焦った。

今晩泊まりなさいというありがたい勧めを丁重に断り、その代わり、月曜日泊めてもらう約束をした。

今朝、テントの前で「こんにちは」と声が。

あけてみると松本さんのおとうさんが。

22年ぶりの再会。

「朝ごはん食べに行きましょ!」と迎えに来てくれたのだ。


そやった。九州はこんなとこやったんや。
でも、70才の松本さんは矍鑠として元気一杯!

今は松本家で休ませてもらってる所です。

22年前にたった一度あっただけ。
だけどそんなことは関係ないんだ。


今日は久留米でライブ。
終わると、トミー富岡主催の星座観察会に佐賀まで。
そこで一泊雑魚寝をし、次の日は佐賀でトミーが急きょ企画してくれたソロライブ。
楽しい企画目白押し!
  1. 2007/05/19(土) 10:29:23|
  2. 2007九州チャリツアー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

甘木越え

今日は朝から台風か!というぐらいの強風が吹き荒れ、またその風は正面からの向かい風。
漕ぐ予定の距離は大したことないのでのびのびいくことにする。
バランスを取れなくなる程の強風かと思いきやそれほどでもなかった。
昨日泊まった石炭公園が吹きっさらしだったのか。
いずれにせよ強風にさらされ進む。

今日は峠越えるルート。
どう進もうと一つは峠越えは避けられない。
いや、田川から反時計回りに北九州、博多、久留米と回れば峠はない。

300km

・・・。

峠を越えよう。

色んな峠のなかから八丁峠という峠を含むルートを選択。
久々のぐにゃぐにゃの本格峠は堪えたね~!

距離も斜度も大したことないけど疲れた!

峠を下るとそこは甘木。

天城ではない。

雲行きが怪しい。
甘木公園にテントを張り、近所の健康ランドに飛び込んだ瞬間、バケツをひっくり返したような大雨!

いつもとは逆パターン。
やはり日頃の行いを改めたからか?

そろそろ雨が止んできた。

焼き鳥でも攻めるか。
  1. 2007/05/18(金) 17:48:08|
  2. 2007九州チャリツアー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

人からの印象が今までとちがう

今までの僕を知る多くの人は、僕の印象をどちらかといえば、繊細で頭脳派、悪く言えば神経質そうなイメージがあると思う。
しかし、九州をツアーしてて、皆からの印象のほとんどが、ワイルドで、どちらかといえば「マッチョ」な印象すら持たれる。
去年の旅中に出会った人たちはどんな印象だったのだろうか?
チャリ旅からのイメージを差し引いても、ワイルドな印象は持たれなかったと思う。
今まで言われたことがなかった「中村俊介」(字は自信ない)という俳優に似てるといわれた。テレビをほぼ見なくなった僕はどんな人か見当つかんが、言われたことがない人なので、つまり僕の印象が以前と変わったのだろう。
実際、2ndのジャケットの印象と実際がちがうと、かなりの人に言われた。

旅や登山や服装から、印象が違って見えるのかとも思ったのだが、眼鏡や!
九州のみんなは眼鏡を外してから知り合ってるのだ。
今までの知り合いは、眼鏡を外したとこを見ても、以前の印象からかけはなれはしないのだろう。

これから出会う人達には、ワイルドに思われていくのか・・・。

まあそれも悪くない。
内面は繊細なのだから、ギャップ好きの僕にとってはたまらないギャップだ。

え?
  1. 2007/05/18(金) 08:51:38|
  2. 2007九州チャリツアー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

今日は田川石炭公園で

昼頃田川到着。
お昼をブルーノートのマスターと取る約束をしてたので、田川伊田到着と同時に電話する。
5分もせずにマスター到着。
一目みて、あ、やばいぐらいいい人。

沖縄で一年ぐらいフーテンしてたマスターは、まあいわば「同業者」みたいなもの。
わかりあえないわけないじゃん!

和食のランチを食べたあと、石炭の街だった田川の石炭公園に連れていってもらう。

宿で一休み後、店へ向かう。
セッションのトリオのメンバーは既に到着していた。

リハ前にマスターの出してくれた軽食をつまんでると、バイトの女の子が来た。
あかん、タイプや・・・。
福岡県立大学の学生さんの舞ちゃん。
KO寸前のところをリハ開始。
感じええやん!

前とは大違い。

遠賀での話をしたら、やはりその歯医者は評判悪いらしい。

お客さんの一人が会釈してくれた。
会釈しかえすと、なんと、小倉で田部さんとエルビスに連れて行ってもらったラーメン屋のご主人!
目を疑ったよ!
何でも田川は里だそうで、それにしてもわざわざ来てくれるなんて・・・。

演奏も楽しく、お客さんもとても静かに聞いてくれた。
県大の学生さんたちも大勢きてくれた。

ライブ終了後カウンターで舞ちゃんらと話ながらぐだぐたとよは更けてゆく・・・。

翌日、完全な二日酔い。
停滞を決意。

今はマスターに連れていってもらった石炭公園でキャンプです。

明日は完全峠越え。久しぶりです。
  1. 2007/05/17(木) 21:09:51|
  2. 2007九州チャリツアー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

宝萬山登山

友人の福岡在住、石田くんの誘いで、以前から登ることに決めていた宝萬山を登りました。
大宰府にある信仰の山で、小さな山だとたかをくくったのが間違い。
階段が続く、結構なきつい登り。
久々の登山は心地よく膝にその重みが、というにはちと辛い登りの連続。
階段は自分の歩幅で登れないので実は辛いのだ。
階段の横の藪を、鉈もって切り開いているじいさんが。
多分新登山道開拓するつもりなんだろう。

山頂へ着く。
なかなか素敵な山頂だが、残念なことに霞かかって眺望は今一つ。
山頂でタバコを吸う輩一人。
風下に僕達。
でかい声でタバコのうざさを話する。
俺がうざいって?
しらんがな。
山頂に綺麗な空気を吸いにきてるのに、他人の排出する排気ガス吸わされたらたまらん。
嫌みぐらい聞かせて何が悪いものか。

しばし休んで下山。
荷物が軽くなったので、軽快に下るが、やはり階段は辛い。
思えば一月登ってないもの!
山切れで辛かった~。
そう思えば階段も楽しい。

無事下山。
しんどかった~っ!

今日はタバコくさ~いサウナで一泊
こんなことならテントでねるよ!
  1. 2007/05/15(火) 19:40:46|
  2. 2007九州チャリツアー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ニューコンボでのライブ

そんなことがあり、気にすることはないのは分かりつつも、若干へこむ気持ちはどうにもならず、自分を甘やかすために国民宿舎に投宿、刺身などを食べて休む。
自分を甘やかすことにかけては天下一品のぼく・・・。

次の日、ニューコンボでのライブのため福岡に向けてチャリを走らせていた。
紋白蝶が一杯飛び交うキャベツ畑に目が止まる。
写真を撮ろうとカメラを出したが、写真がとれない。
買って半年にも満たないこのカメラ、いきなり故障だ。
自宅に送り返し、新たにカメラを購入。
普通に1GBの5000円のカードを付けさせて買うぼくは関西人。

ニューコンボ到着。
以前のニューコンボから場所が変わり、ピアノがC7になってた。やった!


少しホテルで休み、再びお店へ。
お客さんは4人しかいない。
しかもそのうちの一人は、九州を代表する名ピアニストとして全国にその名をしられる工藤隆さん。
ピアノのまん前の席に陣取ってる。なんでやねんと。。。(〃_ _)σ∥


工藤さんと色々話したのだけど、なんと先日山代のswingに出演されたとのこと!
なんとなく嬉しい。
また、光田さんとの共演もあり、さらに親近感。
工藤さんとも友達になった。
自身名ピアニストなのに、終わってサインを求められた。
せやからなんでやねんとヽ(・_・;)ノ
そういったことに全く壁のない人。
件の事件についても、なんの関係もないのに恐縮してくださり、こちらの方が恐縮する。

その日は工藤さんの他、先日飲んだ石田くんと、カップルが一組。
演奏終えてカップルに話しかけたら、なんと!僕を10年以上前に梅田ドンショップで見たことがあるひとで、当時一緒にやっていたベースの井上幸佑の後輩の人だった!
九州転勤になり、もうこちらが長いそうで、話が弾む。

マスターが焼酎を提供してくれた。

マスターは口数少ない人だが、僕のこの旅のようなことにとても共感してくれている、そんな気がした。

また新たな出会いが生まれた気がする。

今日はこれから石田くんと山登り。
初のチャリツアーの輪行になる。

いろんなことがあり、あの事はすっかり過去の出来事になった。

九州最高!!
  1. 2007/05/15(火) 09:05:40|
  2. 2007九州チャリツアー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

虫みたいな奴

昨日は遠賀のドラム館でした。新しい店で、マスターはアマチュアドラマーでした。
家族でやっておられ、高校生の娘さんは非常に可愛く、ただナチュラルのマスターに似ていて、それでいて可愛いというのはなちゅますも可愛いのかなと・・・。

ともかく、楽しく演奏した、かったのですが・・・。


昨日はソロライブ後地元ミュージシャン達とセッションの予定でした。
山代でもそうやったし、京都でもそうした。
新潟でもやったことがあるし、ぼくは基本的に地元のミュージシャンとの交流は大好きです。
が、昨日は非常に不快でした。
サックスの人が来てたのですが、僕の演奏中ずっと話しています。
結構でかい声で。

MCで、ライブレコの話をしているにも関わらず、です。

ぼくは少し考えましたが注意しました。
卑しくも楽器を演奏する人間が、ライブレコ云々無しにしても、ぼくはあなたの品性を疑うと。
語気こそ穏やかでしたが、言い過ぎたかもしれません。

しかし、僕なら、その時点で静かにする。
そして、ジャムは自制するか、参加前に一言謝罪します。
その人は、謝罪するどころか(後から知ったことですが)その時厨房にいたマスターにクレームをつけたらしいです。
基本的にうるさくなりこそすれ、静かにはならなかった。

セッションになりました。
まあ済んだことを音楽に持ち込むのも嫌やし、演奏はできるだけ楽しく、可能な限りいい演奏をしたつもりです。

セッション終わってしばし飲んでいたら、その人が話しかけて来ました。

誉めながら最後にはけなす、という、まあよくあるパターンで、
「おまえの演奏はまだまだだ」と言われました。
その人は歯医者でした。

僕がいつも不思議に思う。
卑しくもプロで、それで飯を食ってる人間に向かって、上から話してくる素人の羞恥心は一体どこにあるのだろうと。

僕は清原が嫌いで、よく悪口はいいますが、もし会うことがあったとして、本人にバッティングとは、を説教したり、関野さんに、旅とはね、山野井泰史に、クライミングとは、トミー富岡にエンターテイメントとは、岡田最悪監督に采配とは、溝口恵美子にジャズボーカル、西本智美に指揮を、ひがしこくばるに地方自治、ストリングスの加藤さんにパスタ、などを、もし仮に納得いかんものを感じてたとしても、それを上から語らない程度の羞恥心は持ってます。
まあ、僕が上記したような「スペシャリスト」と、その人に認識、尊敬されなかったのかもしれないが、ならば俺と共演しなければよいのに。

最終的に、エキサイトしたその人は、酒バラをソロで吹き出して、「おい、入ってこい!」やて。

歯医者等、「狭い世界」で先生なんていわれると、人に指摘されることがあまり無くなってくる。
人間は注意しないと、簡単にバランス崩しちゃう。

マスターがこのブログを読むかどうか解らないが、いい店は、お客さんを作っていかなあかん。

ただの居酒屋なら構わない。
ジャズを聞く、という、相当にレベルの高い、これは一般的にいったら相当にレベルの高い娯楽で、これを地域に根差さすつもりなら、その虫を排除するのではなく、虫に教育し、作っていかな。
ジャズを聞く娯楽の楽しさを教えて作っていかなあかん。


新しい店には、その覚悟と勇気が乏しい店がたまにある。
気持ちはわからなくはないが、10年20年のスパンで考えたら、大事なことになってくるはずだ。

マスターがこのブログを読んでくれることを、そしてなにか感じてくれたなら、とても嬉しいのだが。

演奏活動してたら、たまにこんなことになる。
ああ、山代のあの気持ちのいい友達たちと楽しくセッションしたいな。
  1. 2007/05/13(日) 09:44:25|
  2. 2007九州チャリツアー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5

ホーミーをやるひと

この九州に来てからというもの、ホーミーをやる、というか出来るひとに二人も出会った。
一人は九州を代表するエンターテイナー、トミー富岡。
そして昨日、4年程前に福岡ニューコンボに出演したときに聞きに来てくれた石田くんだ。
昨日久しぶりに、というか、僕的にははじめまして、なのだがお外で一献酌み交わしているときに、突如披露してくれたのだ。
ホーミーの腕前だけでいえば石田くんに軍配かな?
ただ、トミーのホーミー、一度聞いたら忘れられないインパクト!
まあホーミーに限らんがね、トミーは。

今回は、人との出会いの旅になる予感がしていた。
そのとおりになりつつある。
  1. 2007/05/12(土) 12:11:53|
  2. 2007九州チャリツアー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ビッグバンドのライブを終えて

中津から、光化学スモッグ発令中に、何でやねんと思いながらチャリをこぎ、小倉到着。
なんと!!30年に一度という珍しい現象で、中国からやってきた光化学スモッグだそうです。くそ~~っ。

ビッグバンドのオーナーの田部さんは博多で仕事のため、残念ながらライブ終了までお会いできないらしい。

ひむかから送った録音機材が届いてない!!
問い合わせると、届け先と送り主の住所が逆になっており、埼玉にあるらしい!!

レコーディングはあきらめた・・・。

ライブはとても真摯に音楽を聴いてくれるお客さんに恵まれ、とても楽しく終えた。

又詳しく書くが、ひむかの演奏を終え、一つのことに気づいた。
まあまあええ、の上にめっちゃええ、というランクがあって、ぼくはそれを目指していたのだが、違うなと思った。
さらにその上に、普通にええ、というレベルがあるねん。
それに気づいた。

ライブを終え、田部さんご帰宅、セッションをする。
お世辞抜きにすばらしいプレイヤーだった。
九州を訪れたときには、必ず共演したい。

次のライブは3日後に遠賀であるので、2日間オフになった。
田部さんの友達の、またもや一面識も無い「エルビス」吉川さんの家にお世話になることに。
平尾台という山に連れて行ってもらう。
そこは鍾乳洞があり、入ったのはいいが、途中から水の中を行くことになり、冷たすぎ断念。

今から吉川亭でバーベキューです。
何から何までお世話になってます。
何で九州の人はこんなにいい人ばかりなんだろう。

明日は九州の友人、石田さんとバーベキューの予定。
  1. 2007/05/10(木) 17:54:48|
  2. 2007九州チャリツアー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

旅に強烈な助っ人登場!

めぐたん


めぐたんです。
詳しくはまた今度。

中村 真(o~-')b
  1. 2007/05/10(木) 10:52:56|
  2. 2007九州チャリツアー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

チャリにスタンドは必要か?

今朝、近くの整形外科にいき、検査をしてもらった。
レントゲンに異常はなく、診察でも悪いところは見当たらず、ヒアルロン酸注射後無罪放免。
しかしやはり小倉到着時には足に痛みが。
どうやら50km前後で痛みが発生してる様子。
今回ブッキングは前のツアーに比べ、スケジュールに余裕があり、明日明後日漕がなくともよさそうだ。
チャリを漕がずに遊びながら様子をみよう。

さて、旅チャリにスタンドは必要か?
これにはいろんな旅のスタイルがあり、一概にいえない部分もあるとはいえ、僕は絶対にスタンド必要派です。
昔はスタンドなしで旅をしていた。だが、試しにつけてみて考え方は180度変わった。
スタンドあるメリットは計り知れない。のにスタンドを付けたがらない旅人は多い。
短時間のポタにスタンドは必要ないかもしれない。
長期の旅になればなるほど、必要性は増すように思う。
付けたがらない理由が、ビジュアルや哲学の問題であるなら納得できるが、合理性はからいえば絶対にあったほうがよい。

一度スタンドをつけないほうがよい派の意見に、フル装備のチャリではスタンドは持たない、というのがあった。
確かに持たない。ぼくのスタンドも徐々に壊れつつある。
壊れても構わないやん、安いものだし。
余程フル装備でペダルロック(ペダルが逆回転しないことを利用して自転車をスタンドなしでたてる技)のほうが危ない。
スタンドは壊れてもよいが、ペダルは壊れたら死活問題。

第一、キャンプや宿泊の時は装備を外すし、スタンドがあったらペダルロック出来ないわけでも、自転車をなにかに立て掛けたり出来ないわけでもない。
要するに、無くて出来ないことはないが、無いと出来ないことは一杯あるのだ。
装備を積み込む際、あるとないとで時間は半分になる。
少し休憩したいときや、ちょっとした撮影ポイントでも、いちいち立て掛ける場所やペダルロックできる場所を探さなくてもよい。
キャンプ中、地べたに転がさずにすめば、洗濯物を自転車に掛けて干すこともできるし、買い物をする時なども非常に便利だ。普通のスーパーは自転車を立て掛けるためのスペースは用意されてない。
初心者で、相談を受けたらまずスタンドつけることをお勧めしている。
ただ、敬愛するサイクリストのぐちやすおさんも、関野さんも、スタンド付けてない。
  1. 2007/05/09(水) 09:32:49|
  2. 2007九州チャリツアー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

膝の調子が非常にやばい

今までの変性に伴う痛みとちょっと違うっぽい。
筋肉もぱんぱんに腫れてる。
なんやかや今日稼ごう(距離ね)思って悪いなか90キロぐらいこいだんだけど、途中非常に調子が上がって、治ったおもたら突如きた・・・。
明日は痛みが絶対起きないようにそっとこいで明後日オフろ・・・。
明日のビッグバンドでのライブはちゃんとするよ絶対。
今は中津のホテルに投宿。
民宿空いてなかった・・・。
想像以上の大都会でさ、佐賀並み・・・。
  1. 2007/05/08(火) 20:11:46|
  2. 2007九州チャリツアー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

今は別府です

別府


めんどくさいので別府観光は省略して、海岸で横になってます
案外旅人は観光めんどくさがる人多いです。
僕の周りだけかな?
膝の調子がまた今一つというのもあるけど。
あったかくてきもちいい。
寝てまいそう・・・。
  1. 2007/05/08(火) 11:31:45|
  2. 2007九州チャリツアー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

昼飯

426312084


飯ごうで湯を沸かしてる間、コッヘルに、オリーブ油、ニンニク、アンチョビペースト、ボルチーニ茸、この場合干し椎茸を入れ、熱する。
湯が沸いた頃合いに、キャベツ、シメジ、玉ねぎの三種の神器野菜をコッヘルに投入、マカロニがゆであがる直前に、塩胡椒、それにそれと解らない程度にマヨネーズを入れ、油を乳化させる。マヨネーズ味がしたらアウト。
混ぜて出来上がり。
激うま!
家でもやろうと思うのだが、旅が終わると飽きちゃってて決して食べないメニュー。
市販のパスタソースでは絶対出せない味。
難点はストーブを二個持ち歩かなくてはならないところか・・・。
  1. 2007/05/07(月) 14:37:31|
  2. 2007九州チャリツアー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

久しぶりに雨装を解く

晴れている、そのことだけでこれほど気持ちよく感じられるものなのか!
向かい風すら気持ちよい。

休憩中に茶を沸かし、 飲む。これが好きで旅しとるのかもしれない。
ひむかで貰ったオーガニックダージリンをいれる。
ティーバッグとは思えない美味しさ!
でも全然ダージリンぽくないな。
ドライトマトとクッキーと、少し変わったニンニクの甘いやつをおやつに二杯目を入れた。

まったりとした午前中のおやつタイム
さ、大分まで頑張って漕ごう。
膝はどうやら大丈夫そう。妻は心配すらしてなかった。
  1. 2007/05/07(月) 10:34:29|
  2. 2007九州チャリツアー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

大崩山敗退

425030527_68s


登山口まできて、悪天候と寝坊と膝の不安と、下山後の予定など鑑み、敗退することに。
チャリ登山の難しいところは、下山後の生活を考えて行動しなければならないところだ。

祝子と書いて「ほうり」と読む。
  1. 2007/05/06(日) 11:13:34|
  2. 2007九州チャリツアー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

膝がヤバイ

日頃登山で鍛えてるつもりやったし、筋肉の感じもチャリ旅末期の感じやったから大丈夫かと思いきや膝に痛みが・・・。
膝の自転車による変成が原因で処置しなければ激痛がともなうが、持病?なので扱いには慣れてはいる。筋肉とは関係ないとはいえ、ほんまに関係ないんやなと一つ勉強になった。
むしろ、筋力あるからと油断してアイシングを怠ったのが原因か。

大阪~青森のツアーのときにこの痛みが久々に出たのだ。
2~3日のアイシングで変成終わって安定する。
またこの痛みは、漕いでないときは全くいたくないのが特徴。

今は大崩山の登山口近くの祝子渓流のバンガローに宿泊している。
さて、祝子、なんと読むと思う?

明日晴れたら、いや晴れなくても途中まででも登る!
祝子から湧塚コースで登る。

午後からは晴れそうなんだけど、降りてから麓までチャリで降りたいのだ。
ほぼ下りとはいえ、下って、飯を支度してテント張れる体力あるかな・・・。
  1. 2007/05/06(日) 04:05:36|
  2. 2007九州チャリツアー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

今日もべったり雨

朝起きたら状況は好転してるかと思いきや、ひどくなっている。
予報では今日1日雨。明日も雨。
大崩山は諦めて別府あたりに足延ばして温泉宿でも入るか、ってゴールデンウィークに宿取れるかっつうの!!
なんかないかな~っ、もう一泊停滞しようかなこの家に(・_・;)
  1. 2007/05/05(土) 09:35:37|
  2. 2007九州チャリツアー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ややこしい1日

昨日は、らいぶに来てくれたダンサーの浜崎さんという初対面の女性の家に泊めていただくことになったのだが、あ、娘さんがぼくの嫁とほぼ同級生という女性です、ともかく、小林にも来てくれた柳田くんがひむかにも来てくれたので拉致ることに。

3時頃まで話し込んだ。
柳田くんはひむかのある平和台公園に車を置いて浜崎さんの家に泊まりにきたのだが、朝公園に戻ると車がない。
なんと盗難にあっていたのだ!
警察を呼んで事情聴取を受ける間僕はひむかでゆっくりする。可哀想なことに彼は今日誕生日なのだ・・・。
聴取もおわり僕は午後になり出発した。
曇り空だった。1日持つかなと思ったのだが程なく連続降雨がはじまる。
参考までに、僕は雨天時、スパッツを装着するのだが、登山時とは反対に雨具の下に装着する。
これは長年の経験が活きる技だ。

程なく柳田くんから車発見のメールが!
よかった!
しかし、彼はいかにも誕生日に車を盗まれそうな人物であると言えなくもなく、見つかったいまだから言えるが・・・。

ひたすら漕ぐ。
今日は浜崎さんの友達、延岡の大神さんの家に泊めてもらう予定。
大神さんはライブに来てくれてすらいない全くの初対面なのにいいのかな・・・。

延岡まで80キロを漕ぎ到着。
グランドピアノ二台ある豪邸。
近所の銭湯に行っては?と勧められ、場所をチェックしたあと買い物を済ませ銭湯に戻ると、なんと!一週間前に閉店していた!
仕方なく、大神さんの家に戻りシャワーを浴び、再びご飯を食べに出たら、目星をつけていた中華屋が終わってた・・・。
やむを得ず近くのお好み焼きで焼酎をちびちびやってるところです・・・。
  1. 2007/05/04(金) 21:42:12|
  2. 2007九州チャリツアー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

チャリツアー本格始動!

今までの男臭い古地トリオツアーから一転、女性スタッフのみのオーガニックなお店、ひむかの宝箱でのチャリツアー初日。
どちらかといえばこちらの方がそりゃよいよ~☆⌒(>。≪)
池辺さんは天然キャラでかわいい。
スタッフみなとてもよい気の流れがある子達。


ひむかで初めてお金を取ってのコンサートだそうで、そういう時に演奏できて非常に光栄でした。
ピアノが最初鳴らなくて困ったけど途中から鳴り出してよかった。

今日はあいにくの雨。漕ぎ出しが雨は憂鬱。
大崩山登山を検討してるので雨でも出発する。

今回のツアーはすべてライブレコーディングします。
出来の良いもの、感じのよい曲をCD化する予定です。
そちらのほうもお楽しみに!
  1. 2007/05/04(金) 09:50:28|
  2. 2007九州チャリツアー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

トリオツアーも今日で終わり

今日の小林のライブで、古地くん企画のトリオのライブツアーは終わり!
今回も楽しい出会いがたくさんあった。
まずはトミー富岡。
福岡でDJ、というか、お笑い芸人、というか、エンターテイナーというかをやってる人で、なんせおもろい!!
今回、司会とオープニングアクトをやってもらったが、僕は大ファンになってしまったよ!
詳しくはまたゆっくり書くけど、いつか僕のトリオのツアーにも帯同してほしいものだ。

他にも大阪出身佐賀在住のブルースマン佐野マサル君や、世話になったイタリア料理屋の藤家さん、毎月焼酎を送ってくれる約束は忘れてないよ(笑)
明日からは本格的にチャリツアーです。
どうなる事やら・・・。
  1. 2007/05/02(水) 16:21:08|
  2. 2007九州チャリツアー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ