真・の・ブログ

日常的な事、ちょっと考えさせられるような事、まじめな事、不真面目な事、料理の事自転車の事等々等々、音楽の事以外の事を徒然と書き綴っていくつもりです。 が、どうなるかはわかりません。

忘れ物・・・。

ライブ後高橋さんの旦那さんと腰を据えて飲む。
久々にたっぷり飲んだ感あり。
朝起きて高橋さんの朝食を軽く食べて荷物をまとめたりしてから蕎麦を食べに行く事にする。
冷たい肉蕎麦というのが名物で頼んでみるが絶品!
蕎麦の香りが肉に負けてない。
食後山形の老舗ジャズ喫茶オクテットに行く。人のいいマスター。ただ方言がわからない。
その後高橋邸にもどりさあ出発!しかしない!サイクルグローブが!
オクテットのトイレに忘れた自信あり。
高橋さんに取りに行ってもらい、先に出発して後を追い掛けてもらいことに。
その後郵便局にCDの売り上げ等を振込むためよる。
そこからしばらくはしったところで消火栓を写真にとろうとカメラを取り出そうとしたところ無い!
再び無い!
郵便局か蕎麦屋だ!間違い無い!
高橋さんに連絡。蕎麦屋に向かってもらいつつ郵便局に戻る。
蕎麦屋にあったと連絡が。
天童の入り口で会合。
カメラとサイクルグローブゲット。
一度死んだ方がいい?・・・。

wakana.jpg


全ての忘れ物を届けてくれたその瞬間の高橋さん。
ええ、勿論レッスン代を一回おまけすることを約束しましたよ。
スポンサーサイト
  1. 2006/05/31(水) 19:24:26|
  2. 2006チャリソロピツアー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

嵯蔵ライブ

蔵を改造した嵯蔵でのライブ。今までのライブで一番のお客さんの入りだった。
それが図ったように定員きっちり、空席も立ち見もない。
生徒の高橋さんに感謝!!
山形のお客さんは、とても好奇心旺盛、な感じがした。
次に何をやりよるんやろう、この変なおっさんは、ていうオーラをすごく感じた。
これは他のライブハウスにはなかった感じだ。
地方地方によってお客さんから感じるオーラがぜんぜん違う。
ピアノも器と続いてC7を弾くことができた。

以前にオファーをかけ断られた山形の他の町のライブハウスのブッキング担当の方がいらしていた。
なぜかその人に話が行かないままに断られていたらしくとても残念がってくれた。
できたなら山形3シリーズになったかもしれない。

ところで、予定していた月山の麓越えは冬季閉鎖のため新庄を回る遠回りのルートに変更。
開通は6月10日だそうだ。
以前通ったルートなだけに、もう一度通りたかったのだけど・・・。
それにしてもどんだけ雪深いねん!!
今までに白山、立山、妙高などのいろんな山々を眺めながらのたびだった。いずれの山も雪化粧だったが、月山は中でも完全に冬山のいでたちだった。


sakura.jpg


日本風のたたずまい、蔵を改造した嵯蔵でのライブの様子。
  1. 2006/05/31(水) 11:08:51|
  2. 2006チャリソロピツアー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

今日は嵯蔵

あの芋煮で有名な憧れのまみがさき川を越えると生徒の家はすぐ近く。
今日はここに泊めてもらいつつライブです。
いつか、まみがさき川で、僕の芋煮会を繰り広げる、という野望を持ちつつちょっと昼寝します・・・。
  1. 2006/05/30(火) 15:19:41|
  2. 2006チャリソロピツアー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

表現の幹

今飯豊の道の駅です。
プチ峠を越えて一休み。パラパラと雨が降ってきた。
昨日器のマスターは僕をどこかまで送って行きたくて仕方ないようでした。気持ちはとても嬉しかったけど自分の力で走りたい。
完走としたいとか、記録にしたいとかそういう感情ではない。
どうやら繋げたいんだ僕は。
点ではなく線にする。
そうすることでこのツアー全体が音楽的にも完結するような気がする。
そして僕は自分の表現がなにかにちゃんと根ざしたものでありたいんだ、だからチャリツアーなんだということがわかってきた。
ライブハウスと自宅を、もしくはホテルを往復するのもいいけど、それではいつか枯渇してしまう。
そこでなんとなく手を打って活動続けるという発想は僕にはない。
僕はこのツアーから、誰が何と言おうと言われようと、負けない、強かな表現の幹、みたいなものを得ようとしている。
こいつはちゃんと根ざしているから、だから枯れないし負けないしなにより本物なんだ。

arakawa.jpg


器を出て、その日の目的地、関川村の荒川温泉郷に至る道沿い。
雨上がりの荒川の神秘的な風景。
携帯は完全に圏外(PHS)

  1. 2006/05/29(月) 15:35:47|
  2. 2006チャリソロピツアー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

器から

でられない・・・。雨が土砂降りだ・・・。
午後から曇るらしいんだけど・・・。






午後になって雨も上がったよ。
今阿賀野川わたったところです。
今日は関川村めざします。
  1. 2006/05/28(日) 20:19:13|
  2. 2006チャリソロピツアー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

新潟二日間

たのしく過ごしました。
案の定スワンはお客さんは少なかったけれど、来てくれたお客さんはとても真剣に聞いてくれました。
地元のピアニストの人が近所で自分もライブにも関わらず、休み時間ごとにチェックしにきてくれました。
朝に器のマスターから電話があり、朝御飯を食べに器へ。自家製ベーコン等こだわりの食事を頂く。
なんといってもコーヒーがどんぴしゃ!
めちゃくちゃおいしい!
その後友達にアウトドアショップに連れてきてもらい、紛失した雨具を購入。
器にもどり、マスターと温泉に連れていってもらう。
器のピアノが変わっていた。
いいピアノ。
ライブも多少うるさい客もいたがとても真剣に聞いてくれるお客さんたちばかり。しかしやかましい客に限ってリクエストなんざしてくる。もちろん無視。
ライブ終了後アンコールで二人のシンガーと共演。こまつばらさんと佐藤まきさん。まきさんは過去にも共演あり、とても上達していた。
かれらと打ち上げ。
中村の考え的な話になる。
今日は雨。これから器に朝御飯食べに行く。
山形は弟子の高橋さんの企画ライブ。噂に聞く良いスペースらしい。スワンのお客さんがいってた。

utsuwa.jpg



器のスタッフと。
  1. 2006/05/28(日) 20:15:33|
  2. 2006チャリソロピツアー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

スワン到着

無事何事もなくスワン到着。
古きよき時代のジャズ喫茶さながらの店内に歴史がある。
今日は器で中本マリさん、近所の別のところで安カ川大樹がライブをやっている。
お客さんは割れるだろうが、たのしくライブ出来そうです。

swan.jpg

  1. 2006/05/26(金) 22:01:02|
  2. 2006チャリソロピツアー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

今度はカメラを!

今日は朝から米を炊いて食べるという時間的贅沢を敢行。
天気は晴れだが意外に寒い。
柏崎原発のそばを通る。
原発の後ろには多分妙高のまだ白い山々が。ギャップか面白い。
展望公園でカメラに納め出発。
7、80km漕ぎ寺泊に設営。
設営場をカメラに納めんとウエストポーチをまさぐると、な、ない!カメラがない!
急ぎ心当たりを回るが無い物はない!もう一度テントにもどり荷物を探すがないものはない!
だめもとで交番に飛込むと、先ほど道を聞いたおまわりさんがいた。
カメラの話をするとロッカーから取り出した!
手品を見ているようだった。
道を聞いた時に置いていったのかと聞くと違うらしい。
何十キロもはなれたその公園で拾われたカメラが、僕が道を聞いた、テントの近くのその交番で届けられていた。
奇跡!
雨具どころではないもの、旅の全ての記録が詰まったカメラ。
ほんまに無事でてきてよかった!
にしても忘れ物多すぎ!




脱力感は凄まじかったな・・・。
文字どおりへなへなって感じ。

それにしても拾って届けてくれた人に感謝感激!


myoukou.jpg


バイパスを行かずに旧道を行ったおかげで出会えた景色。
聖ヶ鼻という岬からの風景。
後ろの方に妙高の山々が見えるがこの写真ではちょっと確認出来ない。
  1. 2006/05/25(木) 23:22:17|
  2. 2006チャリソロピツアー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

我が人生最悪の1日

今日はもしかして人生最悪の1日かもしれない。
昨日はあほみたいな悪天候だった事と親知らず子知らずを越えて精神的にめげた事もあり糸魚川で投宿、その道中気になっていた「たら汁」を食べようと朝食を取らずに出発。
しかしいけどもいけどもたら汁屋は現れない。
聞けばあれは富山の食べ物で新潟にはないそう。まじすか・・・。
あきらめてマカロニパスタを作ろうと積み荷をほどき食器と食材をだすと玉葱にかびが!そういえば演奏続きで自炊してなかったな・・・。
気になるので食器は煮沸、それからマカロニをゆがいたがなんとなく美味しくない。
気をとりなおして出発、友達にきいていた自転車道発見!その道に入ったとたんパンク・・・。
チューブを変えて空気を入れたらまたパンク!
タイヤにはパンク要因(ガラスや釘など。取り除かなかったらなんどもパンクする)は発見できなかったのだがよくみるとサイドがバーストしていた。
思えば北海道一周前にもこのタイヤで2、3本旅してます。変えておくべきだったが溝はまだいけそうだったことと出入りの自転車屋のにーちゃんの「1200kmならまだもちますよ」のひとことで変えなかったのだ。
近所の民家にガムテを借り応急処置。
まあバーストは経験なかったので一つ勉強になってよかったのだがその後上越までもたもた走り(空気圧を下げたのでいろんな意味で早く走れない)自転車屋を探す。
しかし自転車屋は定休日・・・。
だが自宅を兼ねた店だったので自宅をノックしタイヤゲット。
そこでスリックタイヤを購入して荷物をほどいた時にどうやら買ったばかりの雨具を忘れてきたらしい・・・。
2万円がパーです・・・。
明日問い合わせてみるけどないだろうな・・・。普通の道ぞいやし・・・。

barst.jpg


バースト修理中
  1. 2006/05/25(木) 00:07:39|
  2. 2006チャリソロピツアー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

ひとり

金沢で大輔と別れた後も行動を共にしてきたみつださんとも今日で別れてひとりになった。
おとついはこのツアーの事を知って、また空き日があることも知って声をかけてくださった富山のラッシュライフでのライブでした。
地元ミュージシャンとのコラボありで楽しかった~。特にサックスの中谷さんはとても面白い発想をもったかただった。
それにしても地方のミュージシャンのレベルは非常に高いことに驚かされる。
昨日の光徳寺にはそのラッシュのママも聞きに来てくれた。
富山のジャズ和尚三人衆のくつわださん、新田さん、うりゅうさんにお世話になってのライブ。
和太鼓もありキムサクチューンも新しくオリエンタルムードにチャレンジ。
又地元のふるさとあゆさん(本名)ともコラボ。素敵な歌でした。
今までのライブ、全てほんとうにいいお客さんと会場に恵まれる。
ふと会場を見ると、モーリタートのマスターが七尾から来てくれていた。
気持ち的にはもう親友(笑)

今日も雨。親知らず子知らずをこれから越えるかな。

oyasirazu.jpg



雨の親知らず子知らず。めっちゃ怖かった。二度と通りたくない。
歩道ぐらい作っとけっちゅうの、富山県も。
  1. 2006/05/24(水) 00:28:37|
  2. 2006チャリソロピツアー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

スキャットでのライブ

古民家をリフォームした素敵なスキャットは、マスターとママもとても素敵な人たちでした。
ライブも盛況、マスターのベースもとてもすばらしかった。

七尾からの距離を間違えて計算していたことと悪天候の為、定刻の到着と健康的にライブをすることが危ぶまれたためモーリタートのマスターのご好意にあまえ、荷物だけスキャットに車で届けて頂くことに。マスターありがとう!
マスターはただ荷物を運んだにあらず、車で我々の旅に帯同したのだ!
そういう人でした。
チャリ旅にはロマンがある。
そしてロマンを説明するに言葉がは必要なのだろうか?
それを解す人たちに囲まれ、繋がっていきながらこの旅は続く。




カエルの声が曲が終わるごとにフェイドインしてくるのを感じながら演奏してました。
都内では出来ない体験ですね。
大阪の自宅を出て、自分の力でたどり着いて見た立山連峰は、美しさも格別でした。

himi.jpg


scat.jpg


okyakusan.jpg


富山県突入シーン。積み荷がないことに注目。
スキャット到着。雨具の下は今は亡きゴアテックスの純正品。
自転車で旅しながら演奏活動を続ける、なんつうことをやっていると、とてもストイックな人間だ、と思われる場合があるけれども、どちらかというと、このショットの僕が正解です。
  1. 2006/05/22(月) 03:10:51|
  2. 2006チャリソロピツアー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

七尾モーリタート

金沢からのんびり2日かけて七尾到着。えげつない向かい風と能登半島特有の不安定な「くもりのちあめのちはれのちところによりにわかあめ」的な天候にやられ、のんびり、ともいかん感じ。
マスターに能登島の温泉に連れていってもらう。
石川3ライブはいずれも充実したライブだった。
スウィング、蛍、モーリタート、みなタイプは違うがホントにいいお客さんとマスターだった(蛍はマスターという感じよりは友達のミュージシャンの家という感じ)。


出会いは繋がっていく。
各地で音で絵を描きながら。
まだまだ途中だがこのツアー、かなり意味がある。想像以上だ。
言葉がはじけでるのをたのしみにまつ。
今はこの感じをうまく語化上きない。

moritat.jpg



moritat2.jpg


モーリタートでの演奏の様子と、店の前でのマスターとのショット。
  1. 2006/05/22(月) 03:09:38|
  2. 2006チャリソロピツアー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

蛍庵コンサート

携帯が圏外になるような山深いところにある蛍庵でのコンサートもとても楽しかった。
本来クラシックのはこでジャズをあまり知らないお客さんが多く、フリーインプロとキムサク主体のステージをやった。
お客さんの集中力を感じながら演奏することができた。
庵主の上野さんはクラシックのフルーティストで、最後にインプロをやった。
僕と同種のにおいのする人間だと思ったらなんと!チャリ旅ニストだった!
しかもその話をあえていわずにいてくれたのだ。それだから演奏させてくれたわけではなく音楽のみで勝負するために。
その気遣いがとてもうれしかった。
人との出会いも繋がっていることをかんじられる。
繋がれた碧をこの二日間ライブでは歌っていた。


次はモーリタート。
どんな出会いが待っているだろう?
楽しみです!

hotaru.jpg



ueno.jpg


雨の中、軽いのぼりをのぼりきったらどーんと蛍の文字が!!
僕には同時にキムサクのサラサの和太鼓の音が聞こえた感じがした。


蛍庵上野さんとのコラボレーション。クラシック主体の人とインプロビゼーションのコラボをしたことは一度もなかったし、そういうことの出来るクラシックのミュージシャンと出会ったことは今までなかった。
音楽とは、どこまでいっても緊張と緩和のバランスであるという意見が一致、上野さんは本物のミュージシャンだった。
  1. 2006/05/18(木) 14:27:07|
  2. 2006チャリソロピツアー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

今日は山代スウィング

ソロなんだけど、三人でリハというか音を出してみたらキムサクのレパートリーがとてもフィット。
色々楽しみです。
スウィングは想像通りのとてもよいお店だったよ。
来れる人は聞きにきてね!

swing.jpg



次の日の出がけ、スウィングのマスター東さんと。
奥さんのお手製のおにぎりを持たせてくれた。
おにぎりにはリボンがかけてあり(奥さんはフラワーアレンジメントの先生)そのリボンを僕は旅の最後まで自転車にくくり付け走った。
  1. 2006/05/17(水) 01:19:08|
  2. 2006チャリソロピツアー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

あんこう鍋→みなさん

無事大輔とも合流、昨晩はあんこう鍋をふるまいました。
チャリ旅中にあんこう鍋を食べたのは僕ぐらいとちゃうかな。
今は東尋坊に向かってます。

ankou.jpg



tento.jpg



mituten.jpg



昨日は東京からサプライズゲストが登場して盛り上がりました。お陰で二日酔いです・・・。


supplise.jpg



東尋坊に到着後、しばらく観光をしていると、なんと!!東京から岸徹至と高橋奈保子さんがあれ??みたいな感じで登場!!
偶然東尋坊に遊びにきた、にしてはタイミングが良すぎる。
びっくりしていたらなんと伊藤大輔の内通によって、東尋坊に現れたそうです。
岸君は、宴会後、次の日リハーサルで早い高橋さんを長野から始発の新幹線に乗せるため送っていき、長野からまた帰ってきて次の日の山代のライブにも現れる、というウルトラCを決めてくれました。
驚き!!
  1. 2006/05/17(水) 01:18:09|
  2. 2006チャリソロピツアー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

光田さんと

車輪行で富山に向かっていた光田さんと敦賀でばったり遭遇し、車を敦賀において帯同することに。
当初は富山空港に車をおいて福井まで戻るという作戦だった。
今日は自分に引き続き甘くゆっくり出発し、たまたま待ち合わせに関して光田さんに連絡をとったら、100m後ろに光田さんがいるという偶然!
彼は僕のきたルートを車で来たみたいです。
後は大輔を発見するだけですね。
  1. 2006/05/14(日) 23:45:57|
  2. 2006チャリソロピツアー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

雨の峠越え

今日は朝から晩まで一土も止まない雨でした。
早くいこうとバイパスを行ったりいろいろためしました。
越前に抜けるのに峠を一つ。琵琶湖から行くには大した峠ではないが下りが辛い。
登りでかいた汗が風で寒い!
こんなに辛い峠下りははじめて!
スパッツをしていたのに雨が靴に侵入。ひどい!

敦賀到着。昨日入ってないのでなんとしても風呂に入りたい。
今宵は自分を甘やかす。
居酒屋で一人乾杯・・・。
  1. 2006/05/13(土) 22:24:08|
  2. 2006チャリソロピツアー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

琵琶湖畔で

キャンプしてます。
おもいがけず手に入った無農薬野菜と漬物と缶詰を食べました。やはり米を食べないと。
明日は雨か~、のんびりいこう。


hukui.jpg





目さめてしもた・・・。
ビールこてきてのんでます。
ぱらぱらと雨が降ったりしてます。
水田の蛙の鳴き声、琵琶湖の波の音が聞こえます。
  1. 2006/05/13(土) 01:48:39|
  2. 2006チャリソロピツアー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ルクラブジャズ

ルクラブジャズのライブ、楽しかったです。
満席、ではなかったけど真剣に音楽に向き合ってくれるすばらしいお客さんたちにかこまれていいライブができたと思います。
ナチュの時と演奏、全然ちがったのには自分でびっくりしました。
この調子だとツアー中どう変化していくのか想像つかないな~っ。
ただ膝に違和感が・・・。
大体壊すときは初めの30キロで壊すんだな。
今徹底的にアイシング中。二日で戻すつもりです。


leclub.jpg

  1. 2006/05/12(金) 10:59:48|
  2. 2006チャリソロピツアー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

いよいよ出発です!!

明日からいよいよ出発です!!
昨日の、言わばプレツアーライブ的なナチュラルでのライブはとても盛況で楽しいライブでした。

明日からはいよいよ本格的にこぎ始めます。
明日は約50kmの道のりを漕いでの京都Le club jazzでの公演です。
楽しみです。本当に楽しみです。
皆さん是非是非聞きにきて下さいね!!
  1. 2006/05/10(水) 23:37:37|
  2. 2006チャリソロピツアー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1