真・の・ブログ

日常的な事、ちょっと考えさせられるような事、まじめな事、不真面目な事、料理の事自転車の事等々等々、音楽の事以外の事を徒然と書き綴っていくつもりです。 が、どうなるかはわかりません。

気仙沼 亀の湯 宮城県



気仙沼には温泉がない。あるけど、観洋の温泉しかなく、それならばと街の銭湯へ。
昔ながらの銭湯。
地元のひとや、支援活動している人たちがひっきりなしに訪れる。
ロビーにはお茶受けとお茶が用意されている。
ちょっとした憩いの場といった風情。
スポンサーサイト
  1. 2013/06/26(水) 16:42:43|
  2. 温泉エッセイ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

石巻 追分温泉 宮城県



石巻から南三陸町へ行く途中、少し山に分け入ったところにある、ちょっとした秘湯、追分温泉。
過去三度訪れた。
最初は、被災地支援演奏のとき、ベーシスト程島日奈子と、二度目はシンガー阿部智子とダンサー笠井晴子とふんばろう幹部村上さんと。
今回も村上さんと古い友人のピアニスト岩崎恵子と、初対面のシンガー宮田明奈と。
被災地訪れるのは何かと疲れる。
その疲れを癒してくれる素敵な温泉。
泉質は軽い硫黄泉で、ぬる湯と熱い湯船に別れる。
檜の湯船に風情がある。
入湯料300円は破格の安さ。

宮城県石巻市北上町女川大峯1
0225 67 3209
  1. 2013/06/06(木) 17:19:25|
  2. 温泉エッセイ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

潟上市 天王温泉くらら 秋田県



秋田の野垣内有希ちゃんと訪れた温泉。
秋田市内にも山ほど温泉があるが、少し趣を変えて男鹿半島の方に向かって北上してみた。
男鹿半島にもいい温泉がある。男鹿の国民宿舎の温泉。素晴らしい泉質だが、若干遠い。
潟上のクララにしよう。秋田の有希ちゃんもかなりの温泉おたく。秋田温泉マップを持ち歩いている。
クララは道の駅てんのうに併設されている温泉で、高いタワーがあり、寒風山から八郎潟までが見渡せる。
有希ちゃんは幾度か演奏でこの道の駅てんのうを訪れたことがあるそうな。
だが温泉に入るのは初めてだそう。

茶色で塩の強い温泉は、僕には若干強すぎたが、なかなかいい温泉。
サウナも高低温二種類あり、水風呂も広い。
露天にはジャグジーがあり、設備は整っている。
400円。有希ちゃんがおごってくれた。おおきに。

その後、市内に戻りワークショップをした。
  1. 2013/06/06(木) 17:03:58|
  2. 温泉エッセイ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

仙台 泉区 明日の湯温泉 宮城県



最近、iPhoneのアプリで温泉を検索出来るものを購入した。鶴岡から仙台へ向かう道中、河北で冷たい肉中華を食べた後、作並温泉でひとっぷろ浴びようと思っていたのだが、立ち寄れる温泉が定休日、急遽そのアプリで調べていった先がこの温泉、明日の湯温泉。
アプリ、かなり結構重宝している。85円だが優れもの。


番台のおばちゃんがいる、いわゆる銭湯。お湯も至ってシンプルなもの。しかし、旅で疲れた僕の心と体を癒してくれた。

その後、仙台での、地方都市での初の試みでもある完全即興ソロコンサートに望んだ。

web無し。
〒981-3221 仙台市泉区根白石新坂上34-10
TEL 022-376-7886
  1. 2013/06/01(土) 18:36:02|
  2. 温泉エッセイ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

見沼天然温泉 小春日和 さいたま市



さいたま市のスーパー銭湯。見沼天然温泉 小春日和。
ここいらのスーパー銭湯では最上級クラス。ただしお値段も最上級クラス800円。

サウナも広く、水風呂もよい。泉質は高濃度塩泉。口にほんの少し入ったお湯の味が、ちょうど良い味といった感じ。美味しいと感じるくらいの濃さ。一滴で美味しさを感じられるぐらい濃い。

まあ湯冷めしないです。塩泉の割に肌に合う。もう少し安ければなあ。子供の値段も500円ぐらいだったと思う。早々通えない温泉です。


ホロヴィッツ ショパンリストアルバム
数多あるホロヴィッツのバラードの1番の録音のなかで、最も平凡なバラードの一番かも知れない。
ホロヴィッツのピアノを聞いていつも思い浮かべる言葉は、帝王。とにかく豪奢で傲慢で、懐の広さと余裕を感じる。
  1. 2012/12/23(日) 00:12:53|
  2. 温泉エッセイ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

極楽湯 多賀城店 多賀城市





普通のスーパー銭湯。
旅疲れをお湯で癒す為にたまに行く。
広いサウナと広い水風呂が強いていえば特筆すべき点か。

鈴木次郎に連れて行ってもらう。
過去三度来たことがあるが、初回は次郎と、二回目は八巻と来た。

550円。


車中チャーリーパーカー アット ストーリーヴィルというアルバムを聴きながら行った。
パーカーがストラヴィンスキーのペトルーシュカのフレーズの引用を行っていた。
バードという映画の中にもストラヴィンスキーのことが出て来ているシーンがあったことを思い出した。

http://blog.goo.ne.jp/two_bottle_7th/e/f591bab9ac93f535da231efa39ed9e70
  1. 2012/12/08(土) 00:49:44|
  2. 温泉エッセイ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

貝の沢温泉 秋田市






旅先で温泉を巡るのが好きだ。
秘湯からスーパー銭湯まで、節操なく温泉に通う。
ある人に、そんなに温泉が好きならば温泉レビューを書けばいいのでは?と提案された。
考えたことはなかった訳ではないが、僕程度の温泉マニアは世に山ほどいるし、意味が無いと思うと答えた。
その人は、真さんにしかかけないエッセイを書けば良いですよ、例えば、この温泉にはこの音楽がおすすめ、とか一筆加えたら?と言われた。
音楽と温泉は僕の中では繋がっていないけれども、まあそんなことを並列させてみても面白いかもしれないと思い、入った温泉や銭湯について今後綴っていきたいと思う。
いわば僕自身の為の防備録だ。

秋田県 秋田市 貝の沢温泉。

貝の沢温泉を訪ねるのは二回目。田園の中にぽつんと存在する、秋田の人間でも訪れる人は少ないだろう温泉。
内陸にある温泉なのに、塩の強いぬるっとする程のアルカリ性の温泉。
アルカリ泉も塩泉もどちらかというと肌に合わないのだが、貝の沢の湯は大丈夫だ。
かけ流しの本物の温泉、ということが謳ってある。夜に湯を張り、朝になると適温になっている程の熱い源泉の湯なのだ。
3分程浸かり、5分程休み、を繰り返す。湯の成分が体に染込んでくる感覚がいい。
一時間程楽しんだ後、休憩所で温かいお茶を飲んで温泉をあとにする。
420円。

チェリビダッケのバルトーク管弦楽の為の協奏曲。非常にテンポが遅く、一つ一つのパッセージを噛み締めるような演奏。
最初駄演に感じたが、聞き慣れるとこれがいい。
粘りのある貝の沢の湯のような演奏だ。





  1. 2012/12/05(水) 13:17:49|
  2. 温泉エッセイ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0