真・の・ブログ

日常的な事、ちょっと考えさせられるような事、まじめな事、不真面目な事、料理の事自転車の事等々等々、音楽の事以外の事を徒然と書き綴っていくつもりです。 が、どうなるかはわかりません。

中津江ミュージックキャンプ参加者募集

中津江ミュージックキャンプの参加者を公式に募集いたします。
nakatuehyousi1copy.jpg


nakatuehyousi.jpg


期間 7/24(土)~8/1(日) 2日解散

参加費用 1日1500円 食費込み

8/1は、日田市パトリアホールにて、MC参加者選抜メンバーと招聘アーティスト達によるコンサートを開催します。

参加資格 音楽や芸術やダンスを愛する人、雑魚寝等をいとわない人。音楽演奏出来なくても参加可能です。

参加は一日から可です。
一応限定一日30人とさせていただきます。


中津江は、大分の北西にある山間の村で、サッカーWCの際、カメルーンが滞在したことにより全国的に知られるようになった村で、今は市町村合併により日田市に所属します。
中津江にある、小さなすてきなコンサートホール、中津江ホールににて、自炊しながら寝食を共にしながら、音楽、美術、ダンスなどのミニコンサートやワークショップなどに参加することにより、共にに学び、中津江の自然を楽しみ、そこで新たな人のつながりを発見していく。というイベントです。
地域のひとたちとの交流と、それを通じて精神的価値を分かち合う、というのも目的の一つです。
ワークショップは、誰でも参加できるものから、プロを目指すミュージシャンや、プロのミュージシャンでも参加する意義のあるものまで、様々です。
地元工芸家たちによる伐採体験や、箸作り体験等も別枠でコンテンツとしてもうけてあります。

MCでは、与えられたワークショップをこなすだけではなく、自主的に目的をもって学んだり、吸収したり、楽しみを見いだしたりしてほしい。
おそらく、中津江や中津江ホールを見た人なら、何か楽しい気持になるだろうし、中津江に集うアーティスト達との交流や、村民の交流の中での自分の主体的な居場所を見つけていけることでしょう。


フライヤー送付希望の方には送付いたします。
メールを一通ください。
makoppo081@aol.com


プロデューサー 中村真 http://makoppo081.web.fc2.com/
招聘アーティスト
伊藤大輔(vo)http://www.daisuke-ito.net/
光田臣(ds.perc.)http://jinda.at.infoseek.co.jp/
山田うん(dancer)http://www1.ocn.ne.jp/~yaun/ (26~)
上野賢治(fl)http://hotaruan.com/です。

招待アーティスト
本多千紘(p)(25~)
川本悠自(b) http://sound.jp/yujik/index.xhtm

アシスタント
宮本裕子(vo)http://www.yukomiyamoto.com/yukomiyamoto.com/Top.html
和田いづみ(vo)http://www.izumiwada.com/
スポンサーサイト
  1. 2010/05/25(火) 15:51:17|
  2. 中津江ミュージックキャンプ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

中津江ミュージックキャンプ2010招聘アーティスト決定

2010年の中津江ミュージックキャンプ(7/24~8/1)

招聘アーティスト
伊藤大輔(vo)http://www.daisuke-ito.net/
光田臣(ds.perc.)http://jinda.at.infoseek.co.jp/
山田うん(dancer)http://www1.ocn.ne.jp/~yaun/ (26~)
上野賢治(fl)http://hotaruan.com/です。

招待アーティスト
本多千紘(p)(25~)
川本悠自(b) http://sound.jp/yujik/index.xhtm

アシスタント
宮本裕子(vo)http://www.yukomiyamoto.com/yukomiyamoto.com/Top.html
和田いづみ(vo)http://www.izumiwada.com/
です。

決定スケジュール
30日 招聘アーティスト及び招待アーティストによるコンサート(中津江ホール)
31日 参加者によるコンサート(中津江ホール)
1日 選抜者によるコンサート(日田パトリアホール)

ワークショップ等も日程を決定してやろうと思っています。
参加費用は一般1500円(一日)です。

CA390144.jpg

  1. 2010/01/25(月) 18:07:53|
  2. 中津江ミュージックキャンプ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

中津江MCを終えて

20090725123521
第一回中津江ミュージックキャンプ終了しました

本当に色々な人のお世話になりました。僕のプロデュースであるこのイベントですが、殆ど何もせずに、全ての参加者が見事に主体的に行動して、そこでの価値を見いだしてくれました。
何ともいえない時間でした。本当にありがとう。
中津江ホールであった時間がなんだったのか、終えてみて未だ言葉にすることはむずかしい。
が、少し書いてみたいと思います。




中津江村に中津江村民ホールという素敵なホールがありました。
中津江ホールは、大沢さんという公民館のおぢさんが管理していました。
年間日田市からの予算は0円の中津江ホール。
日田パトリアホールが出来た御陰でお下がりの機材は充実しているものの、予算0で呼べるアーティストは限られるし(普通は誰も呼べない)、その他にいい使い道が見当たりませんでした。

ある日大沢さんは、九州をチャリツアー中の変わったピアニストの存在を知りました。小倉でのライブを聞きにいきました。そのピアニストに共感を覚え、中津江に遊びにおいで、といいました。
そのピアニストである僕は、お誘いに乗って祖母山登山ついでに中津江村に遊びにいって、そこのホールをいたく気に入りました。
その後も機会を作っては中津江を訪ね、ホールで個人的に練習したり、ミニコンサートをしたりしているうちに、中津江のことも好きになり、中津江にも友達が少しずつ増えてきました。
やがて、そこに僕は友達を連れて行くようになりました。トミー富岡や、和田いづみ、宮本裕子たち。
彼らも中津江ホールに、そして中津江に共鳴し、なにか出来ないか、共に 模索し始めました。
彼女達との中津江での合宿生活は、とても有意義でしたし、何より楽しかったから。
僕達はもっとこのホールや中津江を知ってもらいたかった。


大沢さんは大沢さんで描いていた絵がありました。
中津江で生まれつつある素敵な動きを、なんとか中津江以外の人に見せたかった。
ある日、大沢さんから7/19パトリアの小ホール取りましたからよろしく。と連絡がありました。
そこから僕は、僕の絵を描き始めました。
ひとまず、コンサート前に1週間のMCを開催することを決めました。
しかしそれ以上のことは敢えて決めませんでした。
ただ、イメージは膨らませていきました。
僕自身が、中津江や中津江ホールをはじめて訪ねた時に直感した素敵なオーラ(そう、中津江ホールには酒飲みの神様がついているのです
よ!!見える人には見える)のみに意識を留めイメージを膨らませました。
やがて、伊藤大輔と光田臣さんの存在が見えてきました。
中津江や、中津江ホールや、裕子やいづみと作って来た合宿の楽しさを、言葉で説明するのではなく、共鳴し、そこで自主的になにかを作っていける人達だと感じました。

徐々にキャンプに参加したいといってくれるミュージシャンも増えてきました。
敢えてコンセプトを固定しなかった故に、何が行われるのかよくわからないという意見を良く聞きました。
しかし来た人はみんな主体的に行動し、楽しみをそれぞれ見いだし、そしてそれが一つの絵になりました。
中津江MCがなんだったのか?は具体的な言葉として見つけることは出来ません。
アーティストから地域へ、地域からアーティストへ、そしてアーティスト同士が、精神的価値を与え合う動き、口に出しちゃうとそういうことになるけど、もっともっと、ヒューマンな温もりを感じるものであった、と僕は感じているのです。
共鳴、とはこういうことなのだな。それ以上の言葉は今のところ見つかりません。
これが波紋としてどんどん広がっていくことこそ、僕の描きたかった絵なんだなあ。


来年からもやっていきます。
単なる打ち上げ花火ではない、地域との交流の中で生まれて来る、地に足付けたアートイベントにしたい。
中津江村を、中津江ミュージックキャンプ色で染めてみたいなあ。

もっと、もっと、みんなに中津江を知ってほしいし、みんなを中津江に知ってほしい。そして、もっともっとみんなに中津江に来てほしい。

最後に、NMCに参加してくれた、みんな、本当にありがとう!!!!楽しかったね!!!!
  1. 2009/07/25(土) 12:35:24|
  2. 中津江ミュージックキャンプ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

日田パトリアコンサートリハーサル

20090719163201
いよいよMCも最後になりましたね。
  1. 2009/07/19(日) 16:32:04|
  2. 中津江ミュージックキャンプ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

光田臣ワークショップ

20090718204759
サンバの歴史から紐解くなかなかのワークショップ
  1. 2009/07/18(土) 20:48:02|
  2. 中津江ミュージックキャンプ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

中津江MC箸作り

20090716151321
  1. 2009/07/16(木) 15:13:23|
  2. 中津江ミュージックキャンプ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

中津江MC川遊び二日目

20090716122527
普段はダムの底なのだ
  1. 2009/07/16(木) 12:25:30|
  2. 中津江ミュージックキャンプ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ダーツバーもあります

20090715115418
中津江ホールにはピアノの生演奏が楽しめるダーツバーもあるのです。
  1. 2009/07/15(水) 11:54:21|
  2. 中津江ミュージックキャンプ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

川遊び中

20090714154654
  1. 2009/07/14(火) 15:46:56|
  2. 中津江ミュージックキャンプ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

樵初体験

20090714151340
20090714151337
わしは桧を倒したよ
  1. 2009/07/14(火) 15:13:42|
  2. 中津江ミュージックキャンプ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

合宿一日目

20090714105136
前日入りした僕といづみ。
ホールを合宿仕立てに少しずつ変えていく。

朝食を作り、皆に食べてもらうのが今回の僕の仕事。

今はカッキー、裕子、いづみ、阿部、絹、移動大輔の参加。

昨夜の夜練習には油絵の先生も聴きに来てくれた。
  1. 2009/07/14(火) 10:51:39|
  2. 中津江ミュージックキャンプ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

残念なことに

昨夜ホールに奴が2匹出た。
それが中津江ホールの欠点…。
ここんとこ見なかったんだけどなあ…。
  1. 2009/07/13(月) 08:54:32|
  2. 中津江ミュージックキャンプ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

いよいよ中津江MCの始まりです

始まります、中津江MC、今日佐賀のライブが終了後、僕といづみ
は中津江に入ります。
明日からはたくさんのミュージシャンやアーティストの方々が参加します。
ミクシーやブログでその様子をご紹介しますね。
最終的には中津江ホールに30人くらいの人が宿泊することになるかもしれません。
様々な人との出会いや交流、そこから生まれてくる新しい動きを楽しみにしています。

19日の日田パトリアのコンサートには是非是非来てね~!!
  1. 2009/07/12(日) 13:46:02|
  2. 中津江ミュージックキャンプ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

中津江MCではこんなことが出来ます

中津江MC(ミュージックキャンプ)ではこんなことを計画しています。

林業の村ならではの木こり体験。


間伐材を使ったマイ箸作り体験。


光田臣さんによるパーカッションワークショップ。


伊藤大輔さんのボーカルレクチャア。


地元在住書道家の方による書の展示。


美術家によるデッサン指導。


参加ミュージシャンによるミニコンサート連日開催。


17日にはレセプションバーベキュー&キャンプファイヤー。


地元のおばちゃんによる郷土料理体験。


中津江近辺の湖でバスフィッシング。


音楽を通じて、中津江と、中津江村民の人たちとの交流から何かを得、そして中津江にも何かをもたらせれば、という中津江MCです。
  1. 2009/06/15(月) 17:49:47|
  2. 中津江ミュージックキャンプ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

中津江にきています

20090610211855
打ち合わせで中津江にいます。
裕子といづみと大沢さんで、ホールのプロジェクターで映画上映会。
のようなことも合宿でやるかも。
  1. 2009/06/10(水) 21:19:05|
  2. 中津江ミュージックキャンプ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

第一回中津江ミュージックキャンプとコンサートのお知らせ

nmc1.jpg

nmc2.jpg

第一回中津江ミュージックキャンプを開催いたします。
期間は7/13~20で、本格的なキャンプは17~20になりまして、19に日田のパトリアホールでのコンサートを開催いたします。
講師として伊藤大輔と光田臣さんをお迎えして、とはいえ、教えるというよりは我々三人が中心となってワークショップを開催したりします。
基本的には中津江ホールと併設する研修所で寝食を共にしながら音楽と人の繋がり、中津江の人たちとの交流や、中津江の自然と戯れながらの楽しいひとときを過ごそうという目的です。
ワークショップも基本的には公開して、誰が聞きに来ても参加してもらっても結構です。
また、ワークショップを開催したい、というミュージシャンがいれば、自由に開催してもらっても結構です。
音楽に限らず、お絵描きでもヨガでも料理でも構いません。


コンサートの内容もまだ未定で、どのようなミュージシャンにどれぐらい参加してもらえるかもまだ未定です。というより、キャンプしながらコンサートをともにプロデュースしていく、というのも企みのひとつです。


参加ミュージシャンは現在のところ、伊藤大輔vo(全日東京)宮本裕子vo(全日北九州)、和田いづみvo(16除く全日北九州)、本多千紘pf(13~17大阪)、17からの参加が光田臣perc(大阪).、浅利紀子pf(広島)、柿原正洋eb(北九州)、小畑貴裕pf(北九州)、山田友和tp(大阪)、大友孝彰pf(大阪)、東かおるvo(大阪)、阿部智子vo(東京)、三木智子vo(香川)といった感じで、現在も募集中です。
参加はジャズに限りませんが、コンサートに参加していただけるかどうかは未定です。


この合宿には、一般の人も参加可能です。
音楽が、音楽家がどのように音楽を作っていくか、また、その人の動きを楽しんでもらえたら幸いです。
参加費は一日1500円です。(食費宿泊込み)。
少なくともこれだけのミュージシャンを同時に聞ける事はまずあまり無いでしょう。

ふたを開けてみないとどうなるかは解りませんが、楽しい事は請け合いでしょう。

ホールの合宿やテント泊が嫌な人は、近くには杖立温泉や黒川温泉等の宿泊施設もありますし、また、中津江にも民宿がございます。

7月の連休を中津江で過ごしてみませんか??





チラシに書いてあるぼくの文章を抜粋いたします。

約一年間、中津江ホールでの音楽合宿を開催してきました。
個人的に親交のある大沢さんが館長を勤めるホールを、自由に使って良いとの事から、個人練習の為に始めた事が、偶発的な参加者、かもはらくんと、和田いづみ、宮本裕子の参加により、始まった合宿。
普段の都会での演奏活動に少し違和感を感じつつあった僕達は、中津江の自然の中で、粗末な調理器具を用い、寝袋を広げ、寝食を共にしながら音楽を作る事を目的として集う事の楽しみと、そこに何らかの意味を感じるようになりました。
ぼく自身自転車で旅をしながらのソロピアノツアー活動をこの4年間続けてきました。
自然の中で、自らも感動を得ながらの演奏活動は、僕達に録ってとても自然なものです。
今回の合宿のなかで、普段目にかける事が出来ない、ステージに至るまでの過程も含めて公開し、作品とする事を一つのコンセプトとしました。
この合宿で作り上げられるものは、具体的ななにか、ではないかもしれないけれども、それは確実に意味のあるものとなるでしょう。
兎に角、われわれも楽しんで演奏、そして合宿したいと思います。
  1. 2009/06/08(月) 16:07:22|
  2. 中津江ミュージックキャンプ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1