真・の・ブログ

日常的な事、ちょっと考えさせられるような事、まじめな事、不真面目な事、料理の事自転車の事等々等々、音楽の事以外の事を徒然と書き綴っていくつもりです。 が、どうなるかはわかりません。

久しぶりに人前で演奏をした。異国の空の下。
音楽はたのしい。心を癒してくれるね。
ずいぶん元気になりました。
チャージしていこう。

スポンサーサイト
  1. 2017/02/20(月) 08:54:14|
  2. 徒然と
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

何とか生きてます。何も考える余裕すらないほどの、ものすごい喧騒の中、生きてます。

限られたWi-Fiがある場所でしか、ネットできないのですが、それも今の僕にはよい環境かもしれません。

少しだけ元気が戻ってきたかもしれません。


  1. 2017/02/17(金) 19:33:22|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

旅が何かを変える、などということがないことは、僕が日本中に轍を刻んできて知り得たことの一つ。故に旅に何かを求めたことはなかった。
しかし旅から得たものは数多ある。
求めなければ得られる、それが旅というものとも言える。
今回の僕の旅は、旅というものを知ってから初めての、何かを求める旅なのかもしれない。
僕は逃げ出した。仕事からも責任からも逃げ出した。
そして、日本から逃げた。逃れられない現実のある日本から逃げた。
結果は多分どこにいても逃れようはないのだが。

  1. 2017/02/16(木) 13:10:50|
  2. 徒然と
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

昨日は免許の更新にいってきた。交通死亡事故件数などをあげて、今年は埼玉は七位です、とか、去年より何人減ったとか、また、ドライブレコーダーの衝突映像などを取り上げるビデオなどを見せられて具合が悪くなった。

死亡した人々一人一人に人生があり、悲しみがあり、痛みがあることを、感じ取れないのだろうか?

データで羅列してそれをもって啓発しているつもりなのだろうか?僕はただの嫌がらせにしか感じ取れなかった。

また僕の今のメンタリティーでは耐えるのに必死といったところだった。

この先に仕事が入っている仕事に関しては、必ずやります。だけど、ほんの少しだけ時間がほしい。
あと、ほんの少しだけの時間、僕に対して厳しい言葉などをかけないでほしい。甘えているといわれるかもしれないけど、心を守るのに必死です。

明日から国外へ逃亡します。

月末のツアーまでには戻ります。
  1. 2017/02/14(火) 12:03:13|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

この八ヶ月間にあったことを書こうと思ったが

落ち着いたら何があったか書こうと思っていましたが、具体的には書くのをやめることにします。
どうしても説明せざるを得ない人たちに対しては個別に説明をすることにしました。

ただ僕の主観で、たとえ話として言うならば、僕は8ヶ月間、ひたすら殴られ続け、僕は防戦一方で一発も殴り返さずにいてKOされ、地べたにのびているのにもかかわらず、ゴングが鳴っているにもかかわらず、更に殴り蹴られ、瀕死の重傷を負っているのにもかかわらず、反則負けを宣告されたような感じです。

僕は、心に致命的なほどの傷を負いました。医者に言ったら間違いなくお薬を処方されるだろう。

一体僕の8ヶ月間は何だったのだろうか。

彼女が僕にしたことは何だったのだろうか??

言葉にする必要はない。うちの親は立派な共依存でモラハラの夫婦です。問題は多いと思う。
だが、まあ何とか父親85歳まで添い遂げてきている。父親は自分の芸術活動があるのは母のおかげであると言える夫婦関係です。精神医学者がいうようなジャンル分けには意味は存在しない。100パーセント健全な関係など存在しないと僕は思う。

ただ、現実としてあるのは、45歳の一人のピアニストが、ピアノすら弾けないほどに疲弊してしまった事実です。仕事をほおりだして逃げ出さなければならないほどに追い詰められた事実が、ここにあるだけです。

僕には恨みはない。人に対する怒りのエネルギーは誰よりも自らを害すからです。はっきり言えば、怒りのエネルギーをもつことすらできないほど疲弊している。

ただ、除霊の効果、かどうかはわからないけれども、僕は自分の中にある、悔しさや悲しさや、情けなさ、あらゆるネガティブな感情以外に、彼女を憐れむような気持も生まれつつある。いつかわかってくれるのではないか?と思っている。

僕自身が救われる点は一つだけある。それは、僕自身がこの8ヶ月間、誰が何と言おうと彼女を誠実に愛し接したこと。それだけは神が認めなかったとしても、僕自身はそのことを認めることができる。
そこだけは、譲れない感情です。

このブログの文章は、その他のSNSへの連動をしません。
ふと目にした人だけが読めばいい。

僕は魂を休めるための旅に出ることにしました。それは、物理的な意味合いもあるけれども、精神的な意味合いにおいても、休息への旅に出ることにしました。

傷は必ず癒える。そう信じている。
  1. 2017/02/10(金) 16:50:32|
  2. 心の整頓
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2/19(日)ライブ講演中止の案内

2/19(日)に予定されていました上尾プラスイレブンの上野賢治flとの公演は、僕の精神的な体調不良の為中止とさせていただきます。 楽しみにしてくださった皆様、関係各位、非常に申し訳ありません。 月末のソロツアーまでには何とか復帰できるよう静養したいと思います。何卒今後ともよろしくお願いいたします。
  1. 2017/02/10(金) 12:49:45|
  2. ライブの事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

除霊を受けた

昨日除霊を受けた。

数年前にとある霊感のある人に、なんかついてるのでは?と言われたことがあり、強力な霊能師を紹介してもらってはいたのだが、なかなか行けずにいた。
信じるも信じぬも自由だが、僕には数体の霊が取りついているらしい。そのうちひとつ強烈な生き霊がついているらしい。
普通のひとなら頭がおかしくなったり事故を起こしたりするレベルのヤバイのが付いてるのに平然と生活をしていたことを、その霊能師に不思議がられた。

全てを徐霊するとよくないらしく、数体を残して二体の霊を徐霊した。
暫くすると体は軽くなり、そして心持ちも軽くなった。
さらに暫くするとマッサージを受けたあとのダルいような感覚が体を支配していく。
お酒もほとんど飲めなかった。
生き霊は、なんと僕のよく知る人物で、ずいぶん長く取りつかれていたらしい。
とりついた方はその事に気づいてないそうだ。生き霊とはそういうものだそうだ。
徐霊して二日目ですが、まだ体はだるい。
その霊がとりついてからというもの、やはり悪いことが連続していた。
ことがあるごとにその霊が邪魔をしてうまく行かないようにしていたそうです。
僕が今しんどいのもそのお陰も大きいのです。

  1. 2017/02/09(木) 11:17:45|
  2. 閲覧注意!
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

埼玉に帰ってきました

埼玉に帰ってきました。何とか帰ってきました。
でもまたすぐ出ていきます。誰も悪くない。いや、そんなことはないけど、誰にも悪意はないはず。
僕はそう信じられる。信じたい。ボロボロですけどね。
僕はぼろぼろでもいいと思います。どんなにボロボロになっても、自分の気持値や相手の気持に向きあいたい。
そうせずに自分を守ったとしたら、たぶん僕は何も得られないと思う。わからん。知らんけど。
とにかく今は帰国した敗残兵です。
  1. 2017/02/09(木) 00:14:31|
  2. 心の整頓
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ライブに来た個性派の女の子と

少し変わった女の子がいた。見ようによっては可愛らしくもないが早く言えば個性派の女の子。
ライブに来たのだ。
アンニュイな感じでぼくに興味をもってないのがよくわかる。
終演後、ある人にさかなをごちそうになることに。その女の子を連れていった、というか、ついてきた。
しこたま御馳走になり、その場を離れて二人で歩いていた。
彼女の態度は相変わらずなのに、地下鉄の駅で別れようとしたらキスをせがまれた。
顔を間近でみた。やはり角度によっては可愛くもないのだが、個性的な顔立ち。
僕はキスをしなかった。
その代わり少し辺りを散歩することにした。

突然僕は路上の水道で頭を路上で洗った。
彼女は笑った。
よっ、仏陀の弟子、のような声をかけられて酔っ払ったサラリーマンにタブレットで撮影された。
恐らくは仏教の修行のための水浴びだと思われたのだろう。
ビールジョッキ片手に彼は来いといった。彼女に行こうというと、少し難色を示したがついてきた。
行ったらかくうちスタイルのお店。
雰囲気は最高。
女の子は帰るという。
連れてきたおじさん達の横には座れない。店内は混雑していた。
ということはおじさんたちはご馳走してくれないということか?
お金があまりないので困ったな、女の子は帰ったし
ぼくもいたくないけど一杯だけ飲もうかな 、芋ロックで、いやお湯割りで、というところで目覚めた。

場所は大阪と沖縄を足して二で割ったような架空の町。
ただ文章にはうまく記載できなかったが、阪急梅田駅が出てきた。
登場人物は全員架空の人。魚をおごってくれた人も不明。
かくうちと思ったのに、店にはいると椅子があった。
そこの赤魚の焼き魚がめっちゃうまそうであったが、さっきまで魚をしこたま食べてきたじゃないか、と思った。

  1. 2017/02/07(火) 13:45:33|
  2. 夢日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

実家の庭の掃除と、不要な物の整頓

実家に帰った。誰もいない実家。天気は悪い。今にも雨が振りだしそうな曇り空。

庭を掃除はじめる。庭にあった植木はすべて取り去られた。
取り去ったあとが汚れている。
水を撒いて綺麗にしていく。
ぼくの自転車が庭の奥に寂しく置かれていた。
玄関の中にも一台の僕の自転車。
庭のは黒いロードバイク。家の中のものは赤のマウンテンバイクである。

たんすの中の整頓をはじめる。本当に不要なものだらけで、ひとまとめにして捨ててしまう。
母は整理整頓のできない人物なのだ。
両親が戻ってきた。
タンスの中身を積み上げようとするのだがどうやってもうまく積み上げることができない。
両親が手伝いにはいるのだが何の役にもたたない。
そうこうしてると弟が来た。
弟が手伝うもやはり荷物は積み上がらない。
すると親父が、そこに積み上げたらタンスの扉が開かなくなるだろ、と指摘した。
は?と思ったがよく考えると確かにその通り。弟と目を見合わせたところで目が覚める。

すべて実在の場所と人物。
植木のなくなった寂しい庭だけが少し違う。
自転車は二台とも埼玉の自宅にあるもの。実家にあるロードバイクではなかった。
眠りが浅いので夢を何度も見る。
書き留めていってるのだ。

  1. 2017/02/07(火) 13:27:31|
  2. 夢日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

マンションの床に空いた穴のなかを走り回るネズミ

たくさんの若いミュージシャン男の子達が僕の家に暮らしている。
僕の3LDKのマンションを使ってシェアハウスのように暮らしているのだ。
楽器はギタリストが多い。
ぼくはその日自分が20年前使っていたギターを持ち帰ってきた。一番細い弦の留め具が壊れている。誰か直してくれるだろう。
家に帰ると10人以上のミュージシャンが集まっていた。廊下を行き来するのが困難なほど。
一室のなかには茶色いヴィンテージグランドピアノがある。
狩野さんが置いていったもの。その部屋にも僕の知らないギタリストたちがたむろする。

リビングにはいる。
そこにもギターが何台もある。
荷物とギターを下ろす場所を探した。
バキッという音と共に床に穴が開いた。
そうだった、床に穴が開いていたのだ。修理しなくてはならない。
憂鬱な気持ちで穴のなかに落ちた漫画本などを眺めていたら、穴のなか何かが高速で走っていった!
ゴキブリ?いやネズミがすごい勢いで走り回ってる。
ネズミの発生は厄介だ。
駆除しなくてはならない。駆除するまでは穴を塞げない。困った、と思ってるところで目が覚めた。


マンションは実際の僕のマンションとほぼ同じだが大きさはさらに大きい。
階も上だし見張らしもよい。
知ってる人は一人も出てこなかった。女子も一人も出てこない。
ただ、城間こうすけはその場に存在していた。ギタリストのリーダー的存在で。

  1. 2017/02/07(火) 13:10:34|
  2. 夢日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

歳いくにつれ受ける精神的ダメージって大きくなっていくように思う。
過去精神的ダメージで仕事をキャンセルしたことなど一度もなかった。
今一日の大半を横になって過ごしている。
今は理解してくれる人としかはなせない。
入院しているようなものです現在。
恐ろしいかな酒を飲むと心にほんの少しだけ晴れ間が差す。人間のくずまっしぐら。

  1. 2017/02/06(月) 10:32:24|
  2. 心の整頓
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

jazzmalの日、雄太にsosを出した。演奏できない。なにも理由を聞かずいいよ、ソロでやってやるから心配するなといってくれた。
僕のsosを受け止めてくれた。
その事が僕の感情の堤防に穴を開けた。
あの日はじめて涙が出た。

様々な人が、僕を助けてくれる。
海外に住む先輩ミュージシャンが、気分転換においで、交通費を少し助けてやるから、とすら申し出てくれた。


今お邪魔している人の家で出された味噌汁が心に染みる。
感謝に堪えない。が、感謝するという気持ちを持つこと、表現することすら今の僕には余裕がない感じです。

心の中にあったあらゆる負の感情は、悲しみという感情にまとめられつつある気がする。
再び心のなかが涙で一杯になった。それが今にも破裂しそうなのだけど、なかなか破裂しない。

大村はインドに来いと行った。真さんの悩みなど、口の中で弾け飛ぶスパイスと共に飛んで行くからと。

もう少しだけ休息が必要なようです。

  1. 2017/02/05(日) 13:23:46|
  2. 心の整頓
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

心がもうボロボロになって、ぼくは今某所に身を寄せています。

心がもうボロボロになって、ぼくは今某所に身を寄せています。
一人で過ごすのはいろんな意味において危険だとおもいました。
自分のなかに存在する、すべてのネガティブな感情がすべて同時に心のなかを支配して、逃れられないです。
思考を止める事もできない。
苦しみのなかでのたうち回るという状態です。
抗うつ剤飲みたいくらいですが、あれは本当に辛い薬なのでやめたい。
脳のなかにネガティブな思考が支配しているので、ゆっくり温泉に入るという気持ちにもなれない。
僕がここに存在することただその事が僕自身を苦しめる。
本当に、逃れられない苦しみのなかにいてます。寝ても悪い夢を見る。
Facebookとかを見てても不快なものが目に入る。自分の写真も見れない。メールの受信ボックスすら開けない。本も読めない。音楽も聞けない。何をしても悪い思いや感情に支配されてるから。
これほどの気持ちになったことはかつて無いかもしれない。
しんどい。辛い。

  1. 2017/02/04(土) 11:52:50|
  2. 心の整頓
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2月3月4月のライブスケジュール

2/2(木) 北千住 バードランド 中村真トリオ、落合康介b、木村絋ds
2/3(金) 南与野 Jazzmal 中村真、金子雄太org. デュオ
2/19(日) 上尾 プラスイレブン 中村真、上野賢治flデュオ
僕の精神的なダウンにより、公演が不可能となりました。申し訳ありません。 2/24(金)鹿角 田中屋 中村真ソロ
2/25(土)田沢湖 サウンドグッド 中村真ソロ
2/26(日)秋田 ハーバルカフェプラーナ 中村真ソロ
2/28(火)南陽 南陽2632 中村真ソロ


3/4(土)浜松 ハーミットドルフィン 金子雄太org.、中村真デュオ
3/5(日)名古屋 Bar Lamp 金子雄太org.、中村真デュオ
3/6(月)梅田 ミスターケリーズ 金子雄太org.、中村真デュオ
3/7(火)岡山 和気郡 フォトスタジオセレナ 金子雄太org.、中村真デュオ
3/8(水)岡山 インターリュード
金子雄太org.、中村真デュオ ゲスト 遠藤マリvo
3/10(金)上尾 プラスイレブン 中村真、助川太郎gtデュオ
3/15(木)三鷹 ウナマス 中村真、橋爪亮督tsデュオ
3/22(水)高田馬場 サニーサイド
菅野ヒロヤスvo、中村真、中村新太郎b
3/23(木)都立大学 ジャミン 江澤茜as、中村真デュオ

4/1(土)大村亘、落合康介presents 特別エイプリルフール企画「中村真が現代ジャズアーティストをぶった切る」トークイベント

中村真トリオ「CD発売記念ツアー」
中村真、中村新太郎b、大村亘ds

4/3(月)上尾 プラスイレブン
4/4(火)袋井 マムゼル
4/5(水)名古屋 スターアイズ ゲスト junko vo
4/6(木)梅田 ミスターケリーズ
4/7(金)岐阜 アイランドカフェ
4/8(土)近江八幡 YUGEYA ゲスト 木原鮎子vo
4/9(日)白山 CLOWD
4/10(月)高岡 カサデラムジカ
4/11(火)新潟 フラッシュ
4/12(水)桐生 villlage
4/15(土)会津 太郎焼総本舗
4/16(日)酒田 グリーンベイ
4/17(月)鶴岡 風来奏
4/18(火)由利本荘 シルバーフォックス
4/19(水)秋田 J‘s  cafe
4/20(木)石巻 lastrada
4/21(金)那須塩原
4/22(土)小山 フェローズ

4/25(火)三鷹 UNA MAS 中村真、石川広行tp デュオ

  1. 2017/01/22(日) 21:05:26|
  2. ライブの事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

誕生日を迎えました

1/14日で45歳になりました。
今年は沖縄で誕生日を迎えました。
11日から沖縄にいって冬の何にもない沖縄を満喫してきました。
本当に長い44歳でした。本当に色々なことがありすぎて、一年が長すぎます。
露玉のコンサートが44の誕生日で会ったことなど本当か?と思えるほど長い一年でした。
今年は更にたくさんのことが起こって、とてもじゃないが一年と思えないほどの長い一年になることと思います。
今年は、トリオの新譜を出します。それに伴うツアーの準備もしています。
ソロのレコーディングもしてみたい。色々とやってみたいことがある。アマオケではあるけれども、オケとの共演もあります。

45歳も更にまい進していきたいと思います。
よろしくお願いいたします。


20170116133910370.jpg  20170116133912759.jpg  20170116133916217.jpg20170116133919904.jpg  20170116133923079.jpg  20170116133926903.jpg  20170116133930036.jpg  20170116133932991.jpg

  1. 2017/01/16(月) 13:52:39|
  2. 徒然と
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

今年もよろしくお願いいたします。今年の抱負と気持ち。

あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いいたします。
昨年一年間は激動の一年でした。44歳とは思えない動きの多い一年間でした。ひたすら長かった。
2017年は、どんな年になるだろうか?僕は、色んなことに惑わない自分でいたいと思います。
40にして不惑とは言いますが、僕はまだまだ惑う。
人の幸福を、自分に置き換えてみて、自分は何と不幸なのだろうか?そんなことを思ったりすることもあります。
ぼくは、そんなには不幸ではない。いや、相対的に見ても相当恵まれているほうである事は知っている。
だけどそんな風に惑う事もある。
音楽に対してはさすがにもう惑うという事はない。わが道をゆくのみ。
ただ、年齢を重ねていくことによる、価値が固まっていくことは一歩間違えると固陋であるといえる。
そうならないように自分を絶えずリフレッシュしていくことを考えていきたいと思う。
そういう意味でも、昨年は、比較的若い世代との交流が増えたことは自分にとって好ましいことだ、
特に大村亘が僕にもたらした風は大きい。今年もそのような若手たちとのかかわりを積極的に持ち、学ばせていただくという気持ちでいたい。
自身のワークショップも、誰よりも学んでいるのは僕だと思う。
自分の事業としては、にはたづみプロジェクトのより充実を図っていきたい。しかし無理せず。
レコードとしては、助川太郎と芳垣安洋のプロジェクトのリリースを考えている。
ミュージックキャンプも更なる発展を、まあこちらのほうは自然な流れに身を任せておけばよい。
あと、自身のトリオのツアー、そして、今年はソロをレコーディングしたいと思っている。
久しぶりにソロを何度かやってみたが、少し自分の中の感覚が変わっていて、面白くなっていた。
ジャジーであることに対してのこだわりから少し解放されているように思える。
今の僕の感覚を少し残してみたいと思う。

長かった一年。今年はどんな面白い激動の一年になるのだろうか?

今年も皆様、よろしくお願いいたします!!
  1. 2017/01/03(火) 12:52:44|
  2. 徒然と
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

レコーディング終えました。みんなありがとう!!

暮れのせわしないこの時期にレコーディングしてきました。
4月のトリオツアーに向けてとの大村君の提案です。大村君は本当に僕のトリオに対して、いい風をもたらしてくれました。一流の男の持つ人徳のなせる業でしょう。
CERBERA.RECORDSの三谷さんと相談して、急遽、準備期間一月程のレコーディングでした。
前日中村新太郎さんと木村紘との演奏があったので、そのままスタジオに前乗りしました。レコーディングに使う楽曲の練習も紘に手伝ってもらいました。
スタジオのピアノはスタインウェイのCでしたが、少し触ってみたら、こりゃだめだ!!という瀕死の状態。調律もアクションも音色もばらばら!!数ヶ月前にレコーディングした宮下博行さんという友人のピアニストにどのような状態か聞いていたのですが、想像をはるかに超えるひどさ。
調律師の狩野さんに連絡して、何とかしてくれとお願いする。
狩野さんが2時間かけて調整してくれたピアノ。何とか弾ける状態にはなったものの、音色が硬い!
シフトを踏んでも音色の変化がほとんどない。何とかしてくれといって、ハンマーに針を刺し、ダンパー調整してもらう。ダンパー調整であれほど音色が変わるんだな。狩野さんは僕のピアノやu3chiのピアノを売った人で、にはたづみのピアノも狩野さんの所有のものでした。色々と公私ともに仲良くさせてもらっている。調律師とのやり取りはピアニストにとっても調律師にとっても興味深い交流なのです。
初日はほぼ使えるテイクはなかったのですが、最後の数曲いいテイクがとれました。ピアノも少しずつなじんできました。
翌日は朝八時から狩野さんがマジックをかけてくれました。実にソフトないい音色。いいピアノは弾いたときに弾力を感じるのです。鍵盤は絶対に軽い。フルコンのピアノの鍵盤が重いと思われるのはうそです。ちゃんと調整されたら非常に軽い。ホロヴィッツのピアノは、息を吹きかけたら沈んだといわれています。まあそれは盛っています。
さくさくとレコーディングは進み、20テイクぐらいの音源を録音することが出来ました。
今回のレコーディングはブースに入ってのものでした。ピアノトリオのレコーディングとしては僕的には実にカケロマのレコーディング以来、実に10年ぶりのことでした。
新太郎さんとのアンサンブルのとり方が非常に困難でした。いかに僕たちが生音の混じり方を重視して音楽を作って言ってたのか再認識したと同時に、僕の経験値など大したことがないなあと改めて再認識しました。
その中でも、一流の男、大村亘は余裕すら見せる演奏でした。さすが!!
レコーディングエンジニアの喜多野さんもとてもよくこちらの要求を聴きつつ音場を作ってくれました。
今回のピアノのレコーディングではオンマイクのセッティングはありません。全てオフマイクで録っています。

ちなみに、今夢スタジオのピアノのコンディションは最高です!!来年のレコーディングに使う人は、ラッキーですよ!!!

上に名前が挙がっている人たちに対して感謝の気持ちを表します。
あと、エンジニアスタッフの石内君、スタッフの桃と岸本君。スタジオの増川さん。ありがとうございました。

20161229135116141.jpg




  1. 2016/12/29(木) 13:54:53|
  2. 徒然と
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

忙しい半年を終えて

12月になりましたね。大阪から戻ってきました。9月のミュージックキャンプ以来ずっと忙しい日々が続きました。
自己のトリオの長いツアー、そして沖縄ツアー、そして11月末にはクラシックの奏者とのコンサート。
プライベートでもジェットコースターみたいなメンタリティを味わいました。
この年になると一年が短くなるものだと思うのですが、今年一年は長かったです。
来年、僕はきっと更なる激動の一年を過ごすことになりそうです。その予感はあります。
色々と忙しく、12月はライブのブッキングをほとんどしていなかったのでとても暇です。
急なトラがあれば、いつでも言ってください。(笑)老若男女問わず受け付けます。
ところが、年の瀬に一本、自己のトリオのレコーディングを行います。
ツアーをした中村新太郎b、大村亘dsのトリオでのレコーディングをしたいと思います。
年末です。今年の最後に大仕事が一つ舞い込みました。
みなさん。少し早いですが、よいお年を!!
  1. 2016/12/01(木) 13:40:35|
  2. 徒然と
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

12月と来年のスケジュールです。

来月からのスケジュールです。
一月は異常なほどデュオが多いです。超若手からベテランまで。

12/1(木)三鷹 ウナマス 中村真トリオ、 Pat Glynn(b)、大村亘ds
12/2(金)南与野 ジャズマル 長島百合子vo、中村真
12/14(水)上尾 プラスイレブン(昼)ジャズワークショップ(落合、大村)
12/21(水)新宿 ピットイン(昼) 大村亘dsカルテット、松原慶史gt、古木佳佑b、中村真
12/22(木)上尾 プラスイレブン 中村真ソロ 真の夜vol.12
12/23(金)三鷹 ウナマス 中村真トリオ 中村新太郎b、木村紘ds
12/26(月)外苑前 ジマジン 杵渕真理vo、中村真、中村新太郎b、木村紘ds

1/16(月)都立大学 ジャミン 江澤茜as、中村真デュオ
1/18(水)三鷹 ウナマス 中村真、橋爪亮督tsデュオ
1/19(木)甲南山手 ギャラリージンク 井上朋子as、中村真デュオ
1/20(金)甲子園口 キャラバン 加納星子as、中村真デュオ
1/21(土)多可郡 長谷川眞子vo、中村真デュオ
1/22(日)上本町 Star live U6 升本しのぶvo、中村真デュオ
1/23(月)梅田 ミスターケリーズ 中村真トリオ、荒玉哲郎b、木村紘ds
1/28(土)上尾 プラスイレブン 中村真、太田朱美flデュオ
1/30(月)新宿 ピットイン(昼) 松原慶史gt、古木佳佑b、山田玲ds、中村真
1/31(火)町田 Into the blue 金子雄太org.、中村真デュオ
  1. 2016/11/27(日) 15:36:56|
  2. ライブの事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

11月12月のライブスケジュールです。

11/1(火)三鷹 ウナマス 中村真トリオ、小林航太朗b、木村紘ds
11/6(日)蕨 Our Delight 金子雄太org.、中村真
11/8(火)銀座 ノーバード 大村亘dsトリオ、古木佳佑b、中村真
11/9(水)柏 ナーディス 大村亘dsカルテット、古木佳佑b、橋爪亮督ts、中村真

11/10(木)都立大学 ジャミン 江澤茜as、中村真デュオ
11/11(金)上尾 プラスイレブン 中村真、助川太朗gt、大村亘ds

11/26(土)伊丹 アイフォニックホール びーんずじゃむコンサート 

11/29(火)六甲 里夢 中村真ソロ

12/1(木)三鷹 ウナマス 中村真トリオ、Pat Glynn(b)、大村亘ds
12/21(水)新宿 ピットイン(昼)、大村亘カルテット、松原慶史gt、古木佳佑b、中村真
12/22(木)上尾 プラスイレブン 中村真ソロ
12/23(金)三鷹 ウナマス 中村真トリオ、中村新太郎b、木村紘ds
12/26(月)外苑前 Zimazine 杵渕真理vo、中村真トリオ、中村新太郎b、木村紘ds
  1. 2016/10/20(木) 22:48:11|
  2. ライブの事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

トリオの最後は吉祥寺サムタイムです。

トリオツアー後半戦突入です。
初めて一人で晩御飯を食べています。
音楽は初日からすでにハプニング連続です。
本当に素晴らしいメンバーに恵まれたツアー。キャンプから考えたら本当にきっちり一ヶ月一緒にメンバーと過ごす経験は僕は初めてです。
ツアー最後は吉祥寺サムタイム。みんなに聞きに来てもらいたいトリオです。

10月17日(月)
吉祥寺サムタイム
中村真トリオ 中村新太郎b、大村亘ds

19:45開演 1800円


  1. 2016/10/11(火) 22:06:44|
  2. ライブの事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

沖縄の国際通りの上に張り出したバルコニー街

沖縄の国際通りに面した道路の上部にはみ出すようにバルコニー状の新しいエリアが広がっている。
いわゆる普通の国際通りではなく、イリーガルなエリア。形相もまるで違う。
アジアそのもの。どこに何があるのかわからない。来るたびに変化してくるが、ぼくはいつもこの場所を通って目指すエリアへ向かうという、ルートがある。活気がある。むしろ国際通りそのものは観光ナイズされていてつまらないが、いったん上へあがってしまうと何があるのか分からない喧騒がある。
本当の意味で国際色も豊かなエリア。このエリアをずーっと散策するのが僕は好きだ。
今回も色々と見て回った。でも絶対壊れるだろ!この場所は、と思えるほどに作りが雑かったりする。
夢の中には必ず現れる場所がある。この場所も、必ず現れる場所の一つ。
  1. 2016/09/15(木) 09:04:25|
  2. 夢日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
次のページ